サイゾーpremium  > 特集  > 本・マンガ  > 【山本直樹=森山塔】インタビュー「この歳で編集者に怒られたくない(笑)」

――現在「イブニング」で連載中の『レッド』の作者、山本直樹がエロマンガ家であることは、多くの人が知るところだろう。しかし、昨今は、過去のエロマンガ家としての活動を隠して、一般誌でヒット作を描く作家は珍しくない。そんな、成人コミックと一般コミックの狭間で揺れる作家たちの思いと、規制が厳しくなる昨今におけるエロマンガのタブーを山本氏に聞いた。

1312_yamamoto_02.jpg
(写真/磯部昭子 A/M)

 現在「イブニング」(講談社)で、連合赤軍事件を題材にした『レッド』【1】を連載中の山本直樹。同作で文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞する作家でありながら、森山塔・塔山森名義で成人向けマンガを執筆し、1991年に『BLUE』【2】で東京都条例初の有害コミック指定を受け、2008年には『堀田』【3】3巻が同じく有害コミックに指定されるなど、タブーに挑むような作風でも多くの支持を集めている。そんな山本氏は、どんどん規制が厳しくなる一方のマンガ界の現状をどのように見ているのだろうか――。

――やはり、作品によって山本直樹と森山塔の名義の使い分けを?

山本直樹(以下、山本) ペンネームを使い分けてたほうがかっこいいかなって思ってね(笑)。「ピンクハウス」(日本出版社)っていう自販機本から森山塔でデビューして、すぐに「ジャストコミック」(光文社)でも山本直樹名義で描き始めたので、ほとんど同時進行だったんですよ。そのうち、忙しくなって使い分けなくなっちゃったし。今は、山本名義で人格統一してます。

――山本先生以外にも、もともとエロマンガを描いていて、青年誌や少年誌に連載を持つマンガ家は多いですよね。『お慕い申し上げます』の朔ユキ蔵さんや、『めだかボックス』(共に集英社)の暁月あきらさんとか。『花のズボラ飯』(秋田書店)の水沢悦子(うさくん)さん、『食戟のソーマ』(集英社)の佐伯俊(tosh)さんのように、元エロマンガ家だということを公にしていない人もいますが、山本先生はそこはオープンですよね。

山本 出自を隠しても、結局今の時代だったらすぐにバレるでしょう。さすがに「週刊少年ジャンプ」(集英社)の作家になるなら隠そうかと思うんだろうけど、僕の場合青年誌だから、まったく抵抗がないし、出版社に名前を隠せと言われたこともないですよ。

――過去に、有害コミック指定を受けていらっしゃいますが、名義を統一してしまうと、その辺りも言い逃れができなくなるなど、弊害もありそうですが……。

山本 いやあ、関係ないですよ。僕の場合は有害コミック指定で2回怒られてますけど、メディア芸術祭でマンガ部門優秀賞もらって1回褒めてもらってますから。バランスがいいかなと思っています。親戚にもデカい顔できますし(笑)。

――とはいえ、今も「マンガ・エロティクス・エフ」で、また怒られそうな少年少女のエロマンガ『分校の人たち』【4】を描いていますが、内容に規制がかかったりしないですか?

山本 最近描いてないけど、昔連載をしていた小学館からは時々言われてましたね。学校の制服を着てエロいことをするのは避けてくれ、とか。だから野球のユニフォームを着せてエロいことさせたけど。

――でも、『分校の人たち』って明らかに未成年ですよね?

山本 作中では小学生とも中学生とも明言してないですよ。僕の出身地の北海道にも北海道教育大学函館校って分校があるし、大学生かもしれないじゃないですか。

――なるほど……(笑)。

山本 でも、未成年の子だって、実際はエロいこといっぱいしてるよね。

――はっきり未成年とわかる作品では有害コミック指定も受けていらっしゃいますが、どう思われました?

山本 『BLUE』の時は落ち込みましたけど、どこかが単行本を出してくれるだろうと思ってましたし【編註:弓立社、双葉社、太田出版から刊行されている】、『堀田』の時は太田出版も「静観しましょう」というスタンスで、販売してくれる店は確かに減ったけど、特には気にしなかったですね。

――編集者から自主規制をかけられることもないですか?

山本 自主規制ってことで思い出すのは、ドラマ『女王の教室』の演出を手掛けた大塚恭司の話で、92年のドラマ『演歌なアイツは夜ごと不条理(パンク)な夢を見る』(共に日本テレビ)で、レールの上に肉片が散らばってるような、過激なことしてたのに、特におとがめなしだった。まあ時代もあるでしょうけど、かえって編集が規制をかけることで、楽してる場合だってあると思うんですよね。

――では、ご自身で規制することもないですか? 先生は未成年の過激な性描写など、タブーに挑んでいると思うんですが。

山本 タブーを破ったという意識はないですね。「山本の作品は文学的だ」とか言われることはあるけど、それは面白そうだなって思うことを描いているだけですから。それが後になって人から「タブーに触れた」って言われるけど……。うーん、実際、青年誌で描く時はストーリーも緻密に考えなきゃいけないけど、エロマンガに関しては考えてないもん。エロいことを好きに描いてたら、勝手にストーリーができてた、みたいな。そもそも、本当にタブーなこと描いたら印刷できないじゃないですか。

――おっしゃる通りです(笑)。では、先生から見たタブー破りの作品って、何かあるのでしょうか?

山本 平口広美さんの『社会的責任』【5】を読んだ時は衝撃的でしたね。主人公が性犯罪者で、女を犯しては殺すという内容で。あとは、みやすのんきさんがひろもりしのぶ名義で描いていた『オトナなんかだいっきらい!!』【6】も、女の子が前から後ろから犯されて、手足を切り取られたりとか、いろいろヒドかった。

――先生の作品にはエロマンガにありがちな巨乳があまり出てきませんが、それには何か理由が?

山本 描くのが難しいんですよね。どうしても造りものっぽくなっちゃって、現実味がない。怪獣と戦っても、エロって生まれないですよね。だから、ある程度リアリティがあるものを描こうと思っていて。男が妄想する男のためのファンタジー、男のポルノを描きたいんです!

――(笑)。その作風は何から影響を受けているんですか?

山本 大学生の頃に萩尾望都さんや山岸凉子さんの作品はじめ、少女マンガをよく読んでいて。少女マンガには巨乳って出てこないですよね。それに、山田詠美さんが山田双葉名義(代表作に『シュガー・バー』など)でマンガを描いてた頃なんかがそうですけど、女性が自分の体験や経験を反映させたマンガを描くと、エロマンガじゃなくても、エロさを感じたりするじゃないですか。

――ご自身の願望も強いんですね。

山本 もともと僕はロリコンだから、できれば女の子だけ描いていたいんです。『レッド』はストーリー上、エロを必要とされてない分、“描く快楽”はない。だから『分校の人たち』は描いていてすごく楽しいんですよ。締め切りのだいぶ前から描き始めてますから。

――しかし、規制が厳しくなる中で、先生くらいの大御所にならないとなかなか自由がきかなくなりました。

山本 まあ、今エロマンガを描いている人たちには、「長く続けたほうが面白いよ」って言ってあげたいですね。もうこの年になってまで、編集から怒られるのは嫌なんですよ。長くやっていれば、自由を許してくれる人たちは増えますから。

(文/高橋ダイスケ)

1312_yamamoto_01.jpg

山本直樹(やまもと・なおき)
1960年、北海道生まれ。早稲田大学教育学部を卒業後、小池一夫の「劇画村塾」に入塾。主に青年マンガを中心に執筆している。作中の性描写が問題となり、東京都から不健全図書指定を受けた『blue』をはじめ、奥田瑛二主演で映画化された『ありがとう』(小学館)など、今回取り上げた作品以外にも代表作多数。

1312_yamamoto_03.jpg

【1】『レッド』
山本直樹/講談社(06年~)/1000円
「イブニング」にて隔号で連載中の、連合赤軍による新左翼運動の中で起こった事件をテーマとした作品。10年に、第14回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。


1312_yamamoto_04.jpg

【2】『blue』
山本直樹/光文社(91年)/840円
「ビッグコミックスピリッツ1991年新春増刊号」(小学館)に掲載され、同年に光文社が単行本化したが、92年に東京都の不健全図書の指定を受け、版元回収となった。


1312_yamamoto_05.jpg

【3】『堀田』
山本直樹/太田出版(02~10年)/各1000円
「マンガ・エロティクス・エフ」(太田出版)にて連載された、「仕事場」「神殿世界」「過去」を舞台に、主人公の「堀田」がさまざまな体験をする物語。3巻は、東京都から有害図書指定されている。


1312_yamamoto_06_c.jpg

【4】『分校の人たち』
山本直樹/太田出版(10年~)/各1000円
「マンガ・エロティクス・エフ」vol.61にて連載がスタートした作品。全校生徒が2人しかいない田舎の学校に通う男女、ヨシダとドバシが周囲に内緒で肉体を重ねる様が描かれている。


1312_yamamoto_07_c.jpg

【5】『社会的責任』
平口広美/けいせい出版(82年)/580円
強姦魔の川中清は、手当たり次第に女を犯し、暴力をふるっていた。やっと捕らえられた清は逃走し、やがて貧苦に喘ぐ妻と子供、病気の父親が、責任を問う人々に暴行されて……。


1312_yamamoto_08_c.jpg

【6】『オトナなんかだいっきらい!!』
ひろもりしのぶ/白夜書房(85年)/893円
鬼畜、獣姦、スカトロ、アニメキャラ陵辱などをテーマにした短編集。収録作品のひとつ「少女夢想」では、強姦された王女が、手足を曲げられて便槽の中で飼われる……という内容も。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ