サイゾーpremium  > 連載  > 彼女の耳の穴  > 【連載】今月の耳寄り人:美保 純
連載
彼女の耳の穴【10】

【美保 純】中学で「悪夢」を聞いて、一発でトリコになりました。

+お気に入りに追加

──耳は口ほどにモノを言う。教えて、あなたの好きな音!

1312_mimi_01.jpg
(写真/三浦太輔 go relax E more)

Touching song

1312_mimi.jpg

スティービー・ワンダー
『悪夢』
1974年に発表された17thアルバム『ファースト・フィナーレ』に収録された1曲。原題は「You Haven’t Done Nothin’」。バックコーラスをジャクソン5が務めている。


 恥ずかしいからあんまり言ってないんだけど、私、25歳ぐらいまでバンドをやってたんです。プライベートで。女優だと好きなファッションはできないけど、音楽なら自分で選んだ服が着られて好きな髪形にできて、楽しいしうれしくて。ドラマだと、うらぶれたアパートの人妻=エプロンとか決まっちゃってて、自分が思っているよりダサい役ばっかりなわけ。だから、音楽をやることでバランスが取れていたし、カレシもバンドマンが多かったです。女優とミュージシャンって、ちょうどいいんですよ。突っつき合うだけで殺し合わなくていいというか。あと、熱い演劇論を役者同士で語っちゃうような居酒屋に行かなくて済むし(笑)。

 音楽は10代の頃から好きでした。いまも大好き。家では、四六時中必ず音楽を流してますね。テレビは画面だけつけて音は消している感じ。古くて小さいテレビのままだし。完全に音楽志向。

 中学生の時にスティービー・ワンダーの「悪夢」を聞いて、ブラックミュージックに完全にハマったんです。同級生たちは郷ひろみを聞いてる時代ですから、私だけ浮いていました。でも10代の私は、一刻も早くめちゃくちゃな髪形にしたかった。とにかく、ファンキーで、なに人かわからないような髪型にしたくて。でも、地元の静岡の田舎町には、アフロにしてくれる場所がなかった。学校を辞める高校1年の時にやっと見つけて、スティービー・ワンダーやマイケル・ジャクソンの写真を握りしめて「これに近づけてくれ!」って。アフロレイキというアフロヘアー用の櫛があるんですけど、それを持っているのが、その頃の自分的にはおしゃれでした。世間的には不良だったんでしょうけど、酒やタバコはやってなかった。不良っていうよりも、ブラックミュージックオタクだったと思います。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』