サイゾーpremium  > 連載  > 彼女の耳の穴  > 【連載】今月の耳寄り人:美保 純
連載
彼女の耳の穴【10】

【美保 純】中学で「悪夢」を聞いて、一発でトリコになりました。

+お気に入りに追加

──耳は口ほどにモノを言う。教えて、あなたの好きな音!

1312_mimi_01.jpg
(写真/三浦太輔 go relax E more)

Touching song

1312_mimi.jpg

スティービー・ワンダー
『悪夢』
1974年に発表された17thアルバム『ファースト・フィナーレ』に収録された1曲。原題は「You Haven’t Done Nothin’」。バックコーラスをジャクソン5が務めている。


 恥ずかしいからあんまり言ってないんだけど、私、25歳ぐらいまでバンドをやってたんです。プライベートで。女優だと好きなファッションはできないけど、音楽なら自分で選んだ服が着られて好きな髪形にできて、楽しいしうれしくて。ドラマだと、うらぶれたアパートの人妻=エプロンとか決まっちゃってて、自分が思っているよりダサい役ばっかりなわけ。だから、音楽をやることでバランスが取れていたし、カレシもバンドマンが多かったです。女優とミュージシャンって、ちょうどいいんですよ。突っつき合うだけで殺し合わなくていいというか。あと、熱い演劇論を役者同士で語っちゃうような居酒屋に行かなくて済むし(笑)。

 音楽は10代の頃から好きでした。いまも大好き。家では、四六時中必ず音楽を流してますね。テレビは画面だけつけて音は消している感じ。古くて小さいテレビのままだし。完全に音楽志向。

 中学生の時にスティービー・ワンダーの「悪夢」を聞いて、ブラックミュージックに完全にハマったんです。同級生たちは郷ひろみを聞いてる時代ですから、私だけ浮いていました。でも10代の私は、一刻も早くめちゃくちゃな髪形にしたかった。とにかく、ファンキーで、なに人かわからないような髪型にしたくて。でも、地元の静岡の田舎町には、アフロにしてくれる場所がなかった。学校を辞める高校1年の時にやっと見つけて、スティービー・ワンダーやマイケル・ジャクソンの写真を握りしめて「これに近づけてくれ!」って。アフロレイキというアフロヘアー用の櫛があるんですけど、それを持っているのが、その頃の自分的にはおしゃれでした。世間的には不良だったんでしょうけど、酒やタバコはやってなかった。不良っていうよりも、ブラックミュージックオタクだったと思います。

1312_mimi_02.jpg>
(写真/三浦太輔 go relax E more)

 そんな音楽志向のせいか、ファミレスがいやでいやで(笑)。音楽も照明もいや。ファミリーチックな場所が嫌いで、寿司は好きだけど回転寿司も嫌い。あ、鉄板焼き屋も嫌いです。マスターみたいな人が鉄板の向こうにいるでしょ? あの配置が嫌い。マスターの股間がこっちの顔の正面にくるという配置がものすごく腹立ってくるの。わかる? この気持ち。この間、2000年前のキリスト教の文化が残っているグルジアに行ったんだけど、聖堂に入るのに男子も腰巻きをさせられるのね。それと一緒だと思う。鉄板焼き屋も股間は隠さなきゃダメ(笑)。

 私、本名を「ちよ美」っていうんですけど、「Chiyomi」って名義でショートムービーを撮ってるんですよ。『月の木あや』という作品では、地元の静岡の焼津に私ひとりでデジカメを持ってロケハンに行って。ロケバスは事務所の社長が運転して朝3時半に出発。撮影本番も、1日で撮らなきゃロックな気分もなくなっちゃうから、日が暮れるまでカメラをまわして。別に商業監督としてデビューしたいとかじゃないんです。昔のバンドと一緒で、自主トレみたいな感じ。自由にやれる場所がほしい。だって、ドラマとかばかりやっていると、その頭になっちゃうじゃないですか。テレビに侵されたり、いろんなものに侵されて芸能界に飼育された芸能人病になっちゃう気がして。荒くれ度を残しておきたいというか。

1312_mimi_03.jpg>
(写真/三浦太輔 go relax E more)

 昔、バブルの時期にトレンディドラマがはやってた頃、私は裏街道だったんですよ。その頃よく松田優作さんに飲みの席でグチを聞いてもらったんですけど、優作さんは笑いながら言うわけです。「大丈夫だよ、お前は」「お前は本物だから」って。そんなこと言ってくれるの優作さんだけだったんだけど、その時の私は嫌みにしか感じられなかった。そりゃいいよ、優作さんは。もう俳優として認められてるんだからって。当時の私は『寅さん』はあったけど、マスコット的な出方で、"女優"という感じではなかった。もっと"子宮"を感じる役柄がやりたかった。

 松田龍平くんと『あまちゃん』で共演できたのは、だから不思議な感覚でした。でも、一番思ったのは「ポップって大事じゃん!」ということ。『あまちゃん』は誰も死なないし全体的には軽やかだけどとっても素敵で、じーんとくる場面がある。悪魔が出てくるわけではないし重く演じる必要もないんだけど、ちゃんと伝わる何かがある。あ、これだって。優作さんは重みのある演技もされてたけど、軽やかさは忘れない人だった。しかも、ロック度は残ってた。私は女だからそのまんまはできないけど、自分なりのかみ砕き方でやっていきたいなぁって。

 タクシーに乗るとね、ハゲてるオヤジに「昔お世話になりました」って必ず言われるんですよ。褒め言葉だと思ってるんでしょうけど、セクハラだぞ、このくそじじいって殴りたくなります(笑)。「昔お世話になりました」なんて言われるのって、壇蜜さんか私か、死んでしまった飯島愛さんぐらいなもんだと思うんですよ。大島優子ちゃんには言わないでしょ?

(構成/編集部)

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

美保 純(みほ・じゅん)
1960年8月4日、静岡県生まれ。81年デビュー。翌年、日活ロマンポルノ『ピンクのカーテン』にてブルーリボン賞新人賞などを受賞。その後、本人いわく"裏街道時代"を経て、野性味&人間味あふれる演技でワン&オンリーの女優として活躍する。『あまちゃん』での渋くキュートな存在感も記憶に新しい。

1312_mimi_04.jpg

映画『捨てがたき人々』
鬼才・ジョージ秋山の原作を元に「性」と「欲」と「幸福」の三角関係を描く問題作。狸穴勇介(大森南朋)は無愛想かつブサイクで、口癖は「生きるのに飽きたなぁ」。食ってセックスすることにしか興味のない男が、顔に痣があり恋愛をあきらめている女(三輪ひとみ)と出会い……。2014年初夏、テアトル新宿ほかにて全国順次ロードショー。
出演:大森南朋、三輪ひとみ、美保純、田口トモロヲほか
監督:榊英雄  配給:アークエンタテインメント

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ