サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 落ちぶれタレントの墓場化した【演劇界】

――最近テレビで見かけなくなったな、と思う役者が、気づくと舞台俳優に転じていることが時々ある。役者の活動の一環でありながら、どうにもパッとしない印象の拭えないこの事態は、演劇界・芸能界にとってどんなうまみがあるのだろうか? ハイカルチャーの一ジャンルである演劇の、芸能界との分かち難い結びつきという薄闇を探る――。

1311_drama_01.jpg
元夫ともども覚醒剤使用の発覚、その後の逃亡劇、逮捕と有罪判決、離婚と芸能界引退宣言、さらには6度に渡る実弟の逮捕と、もはや酒井法子の半生のほうがなまじな演劇よりもドラマティックなのではなかろうか。いずれ自伝の舞台化を本人主演で、となれば、クスリをキメていた頃の再現観たさに客が集まりそうな気もする。(絵/藤本康生)

 今年7月、土屋アンナの初主演舞台が中止になるというトラブルが報じられた。事の次第は、『誓い~奇跡のシンガー~』なる舞台において、原作者である女性歌手の意向が無視されているとして主演予定の土屋が稽古をボイコット。しかし製作サイドは原作者の許諾を得ていると主張し、両者の意見は真っ向から対立した。原作者の女性もブログで土屋を擁護するなど泥仕合と化し、最終的に8月上旬、舞台制作会社が土屋の所属事務所を提訴している。ときを同じくして、とんねるず・石橋貴明の長女で女優の穂のかが自身の主演舞台を降板。こちらは体調不良が原因とされているが、やはり上演は中止となった。

 こうした芸能ニュースは耳目を引いたが、まず何よりも、土屋アンナや穂のかが舞台に出演していること自体、多少の意外性を持って受け止められていた。どちらも女優として活動しながら最近はテレビや映画で目にする機会も減り、「あの人は今」とまでは言わないものの、「まだ本格的に役者やってたんだ」「いつの間に舞台女優に?」という感想を抱いた人は少なくないだろう。

 あるいは、09年に覚醒剤取締法違反で逮捕され、有罪判決を受けた酒井法子の本格的な芸能活動復帰も舞台公演だった。12年12月から時代劇『碧空の狂詩曲~お市の方外伝~』に出演。一度は芸能界からの引退を明言したが、本作をきっかけに女優としての活動を再開させるとされ、週刊誌等を騒がせた。

「散々話題は呼びましたが、びっくりするくらい客が入らなかった。毎公演、客席が半分も埋まっていなかったそうです。メインの出演者を除いて、キャストもスタッフもチケットノルマが課せられており、手売りで捌いたそうですが、S席8500円、A席7500円という強気な価格設定もあって、自腹を切る羽目になった人もいた。内容も演技のレベルもひどいものだったようで、観に行った知人は『金返してほしい』と憤慨してましたよ(笑)。酒井法子さんの復帰という話題性と、彼女の古くからのファンを当て込んだのでしょうが、舞台の質もさることながら、やっぱりれっきとした犯罪となるとあまりにダーティすぎて、さすがにファンが戻ってこないんでしょう。あれだけ大々的に話題になっての大コケなので、おそらく今後酒井さんを舞台に起用したいと考える演劇関係者はいないはず。集客できなければ、なんの価値もないですからね」(舞台プロデューサー)

 この件では体のいいみそぎの場として使われた感もある演劇というフィールドだが、「使いどころのない役者やタレント、アイドルを、とりあえず演劇の舞台に出すのは芸能界ではよくあることです。仕事のない間、遊ばせておいても仕方ない、という考えのようです」と言うのは演劇関係者だ。

「ホリプロの『ピーターパン』が有名ですが、ケイダッシュやアップフロントエージェンシーなど、自社タレントを中心にした主催公演を打つ事務所は多いです。毎回大入り満員とはいかなくとも、赤字にならない程度には人を集められるから、どこも舞台にできるコンテンツを常に探している状態。

 さらに、80年代以降の小劇場ブームで劇作家や演出家として活動を始めたはいいけれど、その後食えなくなってテレビやラジオの構成作家になった人が多いんです。そこで多少売れた人は、また演劇をやろうとして劇団を作り、テレビの仕事で培ったつながりを利用して、それなりに華やかな公演を打つようになる。そうして、別に演技はうまくないけど、そこそこ名前は知られているから集客はできるタレントや役者が出る舞台が増えるわけです。一部の演劇がそうした人たちの吹き溜まりになっているというのは、あまり褒められたことではないのですが……」(前出・演劇関係者)

 しかし芸能界の側からは「ギャラも1本15万円くらいからで高くはないし、下手な演出家だと演技に変な癖をつけられて、後で困ったりする」(俳優系プロダクションの芸能マネージャー)という意見もある。

1311_drama_02.jpg
人気劇作家の作品にジャニタレが出たり、脇役でテレビ中心の役者が出るのもよくあること。

「今の芸能界では、やっぱり映像の仕事が一番優先度が高い。現場担当の若手マネージャーは、演劇に関する素養も理解も持っていない人がほとんどで、『プロフィールの穴埋めにもならない』というのが正直なところです。もちろん、蜷川幸雄さんや三谷幸喜さんの舞台なら別です。営業的な側面からいえば、今出ることに価値があるのは、この2人の作品くらいだと思います。特に蜷川さんは役者に厳しいことで有名なので、みっちりしごいてほしいという意味もあります(笑)」(前出・芸能マネージャー)

 ただし、同じ芸能事務所でも、アイドル・グラビア系はまた少々事情が異なっているという。

「ことにグラビア系は、数年前から雑誌のグラビアというポジションをAKB48グループに奪われてしまい、活動の出口が見えない状態になっていた。そこにきて、直接ファンに観に来てもらうことができる舞台の仕事は、ちょうどよかったんですね。またアイドル系も、AKBブームに乗って地下アイドルが量産されたものの、ライブ以外に活動の場が見出せず飽和状態にあった中で、女優としての活動となれば格好がつく。だから、地下アイドルをたくさん集めた舞台も複数生まれました。これには00年代前半からのミュージカル『テニスの王子様』のヒットも影響しています。同シリーズは、芸能プロの大小を問わず、とにかく若くてイケメンな役者の卵や駆け出しの子を集めて作られていた。このヒットで、若いイケメン俳優を集めて定期的に舞台をやるというのが、演劇界と芸能界の間で定石になった。その女の子版をやろう、ということだったのです」(前出・舞台プロデューサー)

勝手が違う進行に芸能界側には警戒心も

 こうした芸能界側の思惑に対して、演劇の側は振り回されているのが現状だ。事務所とつながりを作ってキャストを引っ張ってきたはいいが、それが引き金になって活動が立ち行かなくなる劇団もある。

1311_drama_03.jpg
つんく♂率いるハロプロは、モーニング娘。やBerryz工房、℃-uteほか所属グループのメンバーが出演する舞台を定期的に開催している。

「近年実際にあった例でいうと、大学時代に結成して活動を続けてきたある劇団が、いつの間にかハロプロの女の子をゲストに入れた舞台をやるようになったなぁ、と思ったら、だんだん公演数が減って数年後に活動休止してしまい、演出家がアップフロント主催舞台の演出担当になっていた(笑)。その後は、地下アイドルを集めた舞台なども手がけるようになっていて、『うまくやったなぁ』と同世代の演劇関係者の間で話題になりました。

 特にアイドルを役者として受け入れる場合、ファンは確かについているのでお客さんが来るんですが、いわゆるアイドルファンと劇団のファンというのは客層が合わないんですよ。あるいは、女優さんメインでやっていた劇団だと、アイドルの女の子を入れるとそっちを主役にせざるを得なくて、劇団内部で不協和音が起きたりする。そうして解散したり活動休止する劇団はいくつもあります。作家がしっかりしている劇団だとそんなことはないので、それでうまくやっていけない劇団に問題があるともいえますが」(前出・演劇関係者)

 また、先述の通り、芸能事務所からしてみれば大半の演劇への出演はあくまで「オマケ」であって、優先度は低い。したがって、ドラマやCM、映画のように自分たちから営業をかけることはまずあり得ない。反対に、舞台製作者側から企画の売り込みに行ってもまともに相手をしてくれないことがほとんどだという。

「それは特にグラビア系の事務所に顕著ですね。そこからどうにか話が決まりかけて、直接会ってもらって台本を渡すと、『で、うちの子、何分出るんですか?』ってそれだけ聞かれたり、『セリフ量どれくらいですか?』と。要は、尺と同じ感覚で捉えてるんですよね。だからもうこちらもシステマチックに、『主役はセリフが150個あって、二番手はダブルキャストなのでひとり25個だけど、出演してもらえるなら28個に増やします』とかそういう交渉をするようになってます。

 いざ稽古、本番となっても、劇場に来ないマネージャーさんもザラにいる。当然、出演者である本人たちもかなりやさぐれていて、稽古にあまり顔を出さなかったり、本番中も舞台裏で煙草吸って別の仕事の話をしたりしてますよ(苦笑)。avexさんなんかは案外ちゃんとしていて、演出家と脚本家とマネージャーさんで膝つき合わせて面接があったり、あるいはAKB系なら秋元康さんが一応全部チェックしているということなんですが」(同)

「若手の俳優など、舞台に出ながらテレビや映画に打って出るチャンスを狙っているようなタイプの子だと、マネージャーさんも熱心で、ちゃんと稽古にも顔を出してくれます。ただ、その分、『セリフを増やしてほしい』とか『照明をもっとちゃんと当ててほしい』というような脚本・演出への口出しも増える。名前のある作家さんの舞台であればそんなこともないでしょうが、制作側がそれに抵抗できる力関係ではないので、出演者間の調整に苦心しつつ対応しているのが現状です」(前出・舞台プロデューサー)

 テレビや映画といった映像作品と異なり、ギリギリの土壇場まで作品をいじれる演劇だからこそ、事務所も口を出せてしまうわけだ。むろん、事務所の側としても脚本や演出が上演期間に入っても変更が重ねられる演劇のやり方に不慣れだと不満を感じやすい。

「かなり出番が多くて良い役柄だと聞いて出演をOKしたのに、いざ蓋を開けてみたらオーディションで取った劇団系の役者のほうがよかったといってそちらにセリフを持って行かれたり、濡れ場に近いようなシーンが加えられていたり、『話が違う』ということもありました。

 確かにこちらも舞台出演を最重要視しているわけではないですが、逆に演劇側の人も、『若手だし有名俳優でもないからこれくらいの扱いでもいいだろう』というような考えを持っているように見える。最近は、舞台仕事を選ぶのにはかなり慎重になっています」(前出・芸能マネージャー)

 芸能プロも演劇製作者も皆が皆こうであるとは決して言えないが、互いに100%やりたいことをやっているわけではない不幸な舞台においては、こうした小さなトラブルは絶えない。

「どれだけ大規模にやっても製作費1000万円は超えない演劇は、映画に比べて手軽に参入しやすい。その分、業界ゴロのような人物も跋扈しがちで、先日の土屋アンナの騒動も、そうした人物が関わっていると聞いています。高名な役者や演出家を使った作品の企画書が、実現可能性もないのに出回っていたり、『今度◯◯を舞台化します』と言って金を集めて逃げたりするようなトラブルもまだまだある。映像メディアに比べて契約面も緩いんですね。現在のように芸能界との結びつきを深めていく流れが続くのであれば、そうした状況を改善しないと、土屋さんの舞台のようなトラブルは今後も出てくるでしょう」(前出・舞台プロデューサー)

 かつてはハイカルチャーの領域にあった演劇も、客離れが心配されている。くすぶり気味な役者を抱える芸能界との一部での結託は、そのイメージの発展には決して寄与しないだろう。両者が、建設的な関係に変わってゆく時は、果たして今後やってくるのであろうか。

(文/小宮 鰯)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ