サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > アダルトサイトで復讐!? 三鷹女子高生殺人事件の犯人
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

関係悪化は7月末!? ネット上で”復讐”しストーカーに及んだ三鷹女子高生殺人事件の犯人

+お気に入りに追加

1309_az_houchi.jpg
『桶川ストーカー殺人事件』(新潮社)

 8日に東京都三鷹市で高校3年の鈴木沙彩さん(18)が元交際相手の池永チャールストーマス容疑者(21)に刃物で切られて殺害された事件で、一夜明けた9日、池永容疑者が「殺すつもりで、数日前に都内でナイフを買った。自宅周辺で帰りを待っていた」と供述し意図的な犯行であることが明らかになったことを各メディアが報じた。

 また、池永容疑者の居住地が京都府にあり、鈴木さんとは「(交流サイトの)フェイスブックで知り合った」と説明。かつて交際していたが、別れ話がもつれてつきまといなどをするようになったとみられていることも明らかになった。

「池永容疑者は事件の1週間ほど前から鈴木さんの自宅周辺で待ち伏せして鈴木さんにつきまとうようになったみたいで、自宅周辺ではやたら距離感があり不自然に会話をする2人の様子が目撃されていた。そのため、鈴木さんは8日朝に両親と一緒に三鷹署でストーカー被害を相談し、同署はその場で池永容疑者の携帯電話に3回電話をしたが出なかったため、留守番電話に『折り返し電話をください』とメッセージを残し、その後文書で警告することになっていたというから、警察の対応は妥当だったのでは」(全国紙社会部記者)

 鈴木さんは小学校5年生でスカウトされ、今年8月まで芸能プロに所属しドラマや映画に出演し女優として活動。自身のブログで「大伯父は倉本聰」と綴り、脚本家の倉本聰氏の親戚にあたることで大々的にニュースで取り上げられているが、事件発生後から鈴木さんのブログには誹謗中傷の類いのコメントが寄せられており、その原因が池永容疑者の”復讐”によるものとみられているというのだ。

「海外にサーバーがある大手アダルト動画・画像投稿サイトに鈴木さんと思われる女性が自撮りして男性に送ったと思われる70枚近くのH画像や、卑猥な行為の動画1本が投稿され、それが拡散されてしまっている。投稿者のアカウントを見ると英語で書かれているが、池永容疑者と同じ21歳で、投稿先は東京・三鷹。おまけに、アカウントの名前も鈴木さんの名前にかけたものが使われている。アカウントを取得したのが7月22日なので、それ以前に鈴木さんと交際がもつれ”復讐”のために投稿を始めたのでは。10月5日には鈴木さんになりすましたツイッターアカウントが取得され、その動画サイトのURLが貼り付けられているので、それも池永容疑者の仕業だったと思われる」(週刊誌記者)

 ネット上ではその投稿サイトをもとに鈴木さんに対する誹謗中傷が繰り返されているだけに、警察や周辺の関係者は投稿サイトからの動画・画像、心ないコメントが書き込まれているブログを1日も早くネット上から削除してほしいものだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21
    • 【森発言は女性差別?】高齢者座談会
    • 広がる【陰謀論とGAFA】の対応
    • 【Qアノン】の主張
    • ビジネス的な【福音派】の布教
    • 【ザ・ボーイズ】が描く福音派
    • 【反ワクチン運動】の潮流
    • 取り沙汰されてきた【ワクチン4種】
    • 【メガIT企業】が触れたタブー
    • 【民間PCR検査】の歪な構造
    • 【NHK】に問われる真価
    • 【テレ東】が身中に抱えた爆弾
    • 【キム・カーダシアン】の(危)人生
    • 【仰天修羅場】傑作5選
    • 月収12万でアイドルが【パパ活】
    • 【パパ活】の背景にある雇用問題
    • 金融の民主化【ロビンフッド】の闇

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【朝日ななみ】新人役者は“嫌われるほど悪い役”を目指す!
    • 【はるかりまあこ】新風を巻き起こす三人官女のサウンド
    • 【SILENT KILLA JOINT & dhrma】気鋭ラッパーとビート職人
    • 【松居大悟】自身の舞台劇をどのように映画化したのか?
    • 【BOCCHI。】“おひとりさま。”にやさしい新人7人組

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』