サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > サイゾーもメセナに貢献!? ジャンル別【メセナ活動】一覧
第1特集
なぜ企業はアートを支援するのか?【2】

あのお硬そうな企業が実はこんなことをやってますよ! ジャンル別メセナ活動一覧

+お気に入りに追加

――ここではさらに視野を広げて、企業が行うメセナをジャンルごとに分類、代表的な施設などをご紹介!

1309_mesena_01.jpg
森美術館(森ビル)

■企業メセナの王道!
【1】美術館系

● ポーラ美術館(ポーラ)
● 三菱一号館美術館(三菱地所)
● DIC川村記念美術館(DIC)
● 森美術館(森ビル)

企業メセナの代名詞ともなる企業美術館。それだけに、各社ではそれぞれの特色を出そうと必死だ。箱根にあるポーラ美術館は、セザンヌ、モネ、ルノワールなど、日本でも人気の高い西洋近代絵画のコレクションが特徴。また、千葉県にあるDIC川村記念美術館では、バーネット・ニューマン、マーク・ロスコ、ジャクソン・ポロックといった戦後抽象絵画のコレクションに定評がある。森美術館では、「会田誠展:天才でごめんなさい」や「六本木クロッシング」など、現代アートの展覧会で差別化を図っている。

1309_mesena_02.jpg
クリエーションギャラリーG8(リクルート)(c)奥村靫正展

■自社ビル内で気軽にメセナ
【2】ギャラリー系

● LIXILギャラリー(LIXIL)
● TOTOギャラリー・間(TOTO)
● クリエイションギャラリーG8(リクルート)
● ggg(大日本印刷)

自社ビル内にギャラリーを開設し、展示スペースとして開放するメセナ活動も多い。リクルートではクリエイションギャラリーG8と、ガーディアン・ガーデンの2つのギャラリーを銀座に設置する。同じく銀座には大日本印刷によるgggも。佐藤雅彦、佐藤可士和、横尾忠則などデザイン関係では随一の展覧会を開催している。また、TOTOが手掛けるギャラリー・間は建築とデザインの専門ギャラリー。磯崎新、安藤忠雄、隈研吾ら、建築界のビッグネームたちがこのギャラリーで展示を行なっている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年5月号

新タブー大全'21

新タブー大全'21

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る

「小川淳也」政治とコロナと与野党を語る
    • 【小川淳也】政治とコロナと与野党を語る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ボブ、マジ楽なんです。
    • 【アレンジレシピ】の世界
    • 【愛】という名のもとに
    • なぜ【AI×倫理】が必要なのか
    • 【萱野稔人】人間の知性と言葉の関係
    • 【スポンサー】ありきの密な祭り
    • 【地球に優しい】企業が誕生
    • 【丸屋九兵衛】メーガン妃を語る
    • 【町山智浩】「ノマドランド」ノマドの希望と絶望
    • 【総務省スキャンダル】と政府の放送免許付与
    • 【般若】が語った適当論
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【田澤健一郎】“かなわぬ恋”に泣いた【ゲイのスプリンター】
    • 【笹 公人】「念力事報」呪われたオリンピック
    • 【澤田晃宏】鳥栖のベトナム人とネパール人
    • 【AmamiyaMaako】イメージは細かく具体的に!
    • 【稲田豊史】「大奥」SF大河が示した現実
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 伝説のワイナリーの名を冠す【新文化発信地】
    • 【更科修一郎】幽霊、ラジオスターとイキリオタク。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』