サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > サイゾーもメセナに貢献!? ジャンル別【メセナ活動】一覧
第1特集
なぜ企業はアートを支援するのか?【2】

あのお硬そうな企業が実はこんなことをやってますよ! ジャンル別メセナ活動一覧

+お気に入りに追加

――ここではさらに視野を広げて、企業が行うメセナをジャンルごとに分類、代表的な施設などをご紹介!

1309_mesena_01.jpg
森美術館(森ビル)

■企業メセナの王道!
【1】美術館系

● ポーラ美術館(ポーラ)
● 三菱一号館美術館(三菱地所)
● DIC川村記念美術館(DIC)
● 森美術館(森ビル)

企業メセナの代名詞ともなる企業美術館。それだけに、各社ではそれぞれの特色を出そうと必死だ。箱根にあるポーラ美術館は、セザンヌ、モネ、ルノワールなど、日本でも人気の高い西洋近代絵画のコレクションが特徴。また、千葉県にあるDIC川村記念美術館では、バーネット・ニューマン、マーク・ロスコ、ジャクソン・ポロックといった戦後抽象絵画のコレクションに定評がある。森美術館では、「会田誠展:天才でごめんなさい」や「六本木クロッシング」など、現代アートの展覧会で差別化を図っている。

1309_mesena_02.jpg
クリエーションギャラリーG8(リクルート)(c)奥村靫正展

■自社ビル内で気軽にメセナ
【2】ギャラリー系

● LIXILギャラリー(LIXIL)
● TOTOギャラリー・間(TOTO)
● クリエイションギャラリーG8(リクルート)
● ggg(大日本印刷)

自社ビル内にギャラリーを開設し、展示スペースとして開放するメセナ活動も多い。リクルートではクリエイションギャラリーG8と、ガーディアン・ガーデンの2つのギャラリーを銀座に設置する。同じく銀座には大日本印刷によるgggも。佐藤雅彦、佐藤可士和、横尾忠則などデザイン関係では随一の展覧会を開催している。また、TOTOが手掛けるギャラリー・間は建築とデザインの専門ギャラリー。磯崎新、安藤忠雄、隈研吾ら、建築界のビッグネームたちがこのギャラリーで展示を行なっている。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載