サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 刑法改正に揺れる【薬物依存回復施設】
ニュース
元五輪選手も入所した薬物依存回復施設

覚せい剤再犯防止のための刑法改正…… 揺れる回復施設の今

+お気に入りに追加
1309_news_01.jpg
(写真/江森康之)

元五輪選手と薬物依存回復施設

今年2月、元体操選手の岡崎聡子が覚せい剤取締法違反で逮捕された。6度目の逮捕だった。そんな岡崎も、薬物依存者回復施設でリハビリを行っていた。それが、写真の元歌手・千葉マリアが代表を務める女性専用施設「サーズ」だ。多くの女性たちの支援に励んできたが、人手不足は否めず、新設される刑法の施行にも不安を覗かせている。

 6月、「刑の一部執行猶予制度」が新設されることが決定した。

 この改正の背景には、薬物事件の再犯率の高さがある。警察庁の統計によれば、11年の覚せい剤取締法違反による検挙者は1万2083人、うち再犯者の数は7152人となっており、再犯率がほぼ6割近くに達していることがわかる。そして、この再犯を食い止めるためには、刑罰を重くするよりも、専門医のいる医療機関やリハビリセンターなどでプログラムに従った回復訓練を受けたほうが効果的だというのだ。

 再犯率が高い理由は、単純に、薬物には快感・高揚感を高める効果があるため、一度使ったが最後、やめられなくなってしまうから。それに加え、最近では脱法ハーブといった薬物の新顔が出現し、「お香」「アロマリキッド」などの名前で、自動販売機で堂々と売られている。ファッション感覚で薬物に手を出す中高生も少なくなく、薬物被害の低年齢化、女性への浸透も深刻な問題になっている。

MEMO『刑法改正』
「刑の一部執行猶予制度」は、例えば覚せい剤取締法違反などで懲役3年に処せられ2年間服役した場合、残りの1年分を3年間の保護観察の条件つきで刑の執行を猶予するという趣旨のもの。

 事実、体内から薬物反応を消し去るため逃亡を企てたのちに警視庁に出頭した酒井法子、さらには6回もの逮捕歴を持ち、ほとんど常習化した元オリンピック女子体操選手・岡崎聡子のように、覚せい剤取締法違反に問われた女性たちのニュースは、まだ記憶に新しいところだ。

「男性に比べて、女性は回復に時間がかかる。私は薬物依存なんかじゃない、やめようと思えばいつでもやめられる、といった意識が強く、薬物依存に陥った自分を認めようとしないからです」

 女性専用のリハビリ施設「サーズ千葉」(千葉県館山市)を運営する千葉マリア代表は、女性のリハビリの難しさをこう指摘する。

「施設は人手不足で、刑法改正後の対応にも、不安が残ります」(同) 薬物の恐ろしいところは、依存度を高め、深みへと引きずり込むこと。この刑法改正は果たして、その深みにはまりゆく人たちを救えるのだろうか。

(構成/島村 玄)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ