サイゾーpremium  > 連載  > ITリレーコラム「テクノロジーから見る!業界アウトルック」  > 「杉沢村」のロマンには太刀打ち不能!? 消えては現れる"泡沫ネット怪談"の現状
連載
「テクノロジーから見る! 業界アウトルック」No.10

「杉沢村」のロマンには太刀打ち不能!?消えては現れる”泡沫ネット怪談”の現状

+お気に入りに追加

もはやどんな事物もテクノロジーと無関係には存在できないこのご時世。政治経済、芸能、報道、メディア、アイドル、文壇、論壇などなど、各種業界だってむろん無縁ではいられない──ということで、毎月多彩すぎる賢者たちが、あの業界とテクノロジーの交錯地点をルック!

[今月の業界と担当者]
オカルト業界/吉田悠軌(怪談・オカルト研究家)

 夏といったらやっぱり怪談・オカルト! 「オカルト」とは「その時代の一般に証明されえない怪しげな情報」と定義できる。どんなに情報網が発達しようとも社会の裏には隠された真実があるのでは? という疑念がつきまとう。すなわち、IT技術が発達すればするほど、その陰画としてオカルトは機能していくのである……。

1308_ns2_07.jpg
「杉沢村」とされる廃村にある朽ち果てた民家。青森駅から車で約20分ほどの距離。恐怖のかけらもあったもんじゃない!(写真/吉田悠軌)

 日本における怪談とIT。その初期の重要点は、90年代末からはやりだした「杉沢村伝説」だろう。

 青森県のとある場所に、廃墟となった村がある。その入り口は、朽ちた鳥居とともに「ここから先に進めば命の保証はない」との看板が目印だ。気をつけねばならない。この村には狂人とも幽霊ともつかない謎の殺人鬼がおり、入ってきたものに襲いかかろうとしているのだから。そこは昭和初期、発狂した若者により村人全員が惨殺された村であり、今でも現れては消え、さまよえる幻の場所。それが「杉沢村」である。

 ……といった噂が、インターネットの普及と重なり大人気を博した。伝説の内容も広がっていき、実際の事件「津山三十人殺し」を元ネタにした尾ひれがつけられたり、杉沢村を探し当てようとする者も続出。伝奇趣味あふれる内容と「実際に発見できるのでは?」というロマンが、90年代末当時のネット住人に受けた理由だろう。さまざまな考証と検証を好き勝手に話し合える杉沢村伝説は、大衆化しはじめたネットにおいて格好のコンテンツだったのだ。

 だが「杉沢村」なる地名は存在したこともなく、噂の内容は根も葉もない空想にすぎない。一応のモデルとなった廃村はあるので、ついこの間の6月に私も訪ねてみたところ、青森駅から車で20分ほどの距離とアクセスは非常に容易。それでも昔は木々に囲まれた「隠れ村」的な雰囲気だったのだろうが、現在は廃棄物処理場が建てられたため周囲も開けており、杉沢村の象徴とされた「鳥居」も道路沿いから一目で発見できたりと、ロマンの欠片もあったものではない。鳥居の傍には廃棄物処理のためであろう巨大な穴が掘られていて、どこか伝説の終焉を象徴しているような物悲しさがあった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』