サイゾーpremium  > ニュース  > 【premium限定】高島ファミリーの“黒歴史”になった美元
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

VTRがまるまるカット!! 高島ファミリーの“黒歴史”美元との泥沼離婚騒動

+お気に入りに追加
1307_az_takashima.jpg
『高嶋政伸 今、男はセーター』(雄鶏社)

 18日にフジテレビの特番枠「カスペ!」で「独占密着!真実の高島ファミリー『忠夫さん、死ぬまで一緒やで』寿美花代 献身愛で闘う夫の病」が放送された。

 同番組ではうつ病を患って表舞台から姿を消し、さらには糖尿病やパーキンソン病を併発し日常生活もままならない、「高島ファミリー」の家長で俳優の高島忠夫を、妻で女優の寿美花代が献身的に支える姿を中心に構成。

 番組の中で寿美は1964年に第一子として誕生した、生後5カ月の長男・道夫ちゃんが17歳のお手伝いの女性に自宅の風呂場で殺害された事件について語り、「(道夫ちゃんは)忠夫そっくりだった。今もお風呂はシャワーしか……」と心の傷は癒えない様子だったが、道夫ちゃんの死を乗り越えて前向きに生きる様子を涙ながらに明かした。

「これまで道夫ちゃんの死については高島家のタブーと言われており、寿美も積極的に発言することはなかった。しかし、今回、忠夫の今のありのままの姿を映像として残しておこうと決意したようで、今回限りという条件で語ったようだ」(フジテレビ関係者)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号