サイゾーpremium  > ニュース  > 【premium限定】高島ファミリーの“黒歴史”になった美元
ニュース
「サイゾーpremium」限定ニュース

VTRがまるまるカット!! 高島ファミリーの“黒歴史”美元との泥沼離婚騒動

+お気に入りに追加
1307_az_takashima.jpg
『高嶋政伸 今、男はセーター』(雄鶏社)

 18日にフジテレビの特番枠「カスペ!」で「独占密着!真実の高島ファミリー『忠夫さん、死ぬまで一緒やで』寿美花代 献身愛で闘う夫の病」が放送された。

 同番組ではうつ病を患って表舞台から姿を消し、さらには糖尿病やパーキンソン病を併発し日常生活もままならない、「高島ファミリー」の家長で俳優の高島忠夫を、妻で女優の寿美花代が献身的に支える姿を中心に構成。

 番組の中で寿美は1964年に第一子として誕生した、生後5カ月の長男・道夫ちゃんが17歳のお手伝いの女性に自宅の風呂場で殺害された事件について語り、「(道夫ちゃんは)忠夫そっくりだった。今もお風呂はシャワーしか……」と心の傷は癒えない様子だったが、道夫ちゃんの死を乗り越えて前向きに生きる様子を涙ながらに明かした。

「これまで道夫ちゃんの死については高島家のタブーと言われており、寿美も積極的に発言することはなかった。しかし、今回、忠夫の今のありのままの姿を映像として残しておこうと決意したようで、今回限りという条件で語ったようだ」(フジテレビ関係者)

 同番組では忠夫、寿美、息子でともに俳優の兄・高嶋政宏、弟・高嶋政伸が4人そろってリビングで談笑する姿が放送されたが、一家でのテレビ出演は7年ぶりだとか。政伸といえば、1年10カ月にわたる泥沼の離婚訴訟を経て、昨年11月にモデルの美元との離婚が成立。画面には離婚訴訟について報じた週刊誌の記事が映し出され、ついに政伸以外の家族の口から語られると思いきや、政伸が政宏に「それはちょっと、もうやめてよ」と話題に触れるのを制止する場面が流れたのみ。結局、番組内ではその場面しか泥沼の離婚訴訟について触れられなかった。

「番組の構成上、忠夫が過去にアルコール依存症になったこと明かした場面に続いて、政伸の離婚訴訟の話題に。政伸も美元との夫婦仲がうまくいかず、不眠に悩まされアルコール依存症になった時期があっただけに、政伸を含め、家族が何を語るかが期待された。しかし、高島ファミリーからの要望で美元についての場面がまるまるカットされたようだ。つまり、高島家にとって、短期間といえども美元が“ファミリー入り”していた事実は黒歴史となってしまった。寿美は最初から浪費家の美元とは関係がぎくしゃくし、『あんな女が産んだ孫はいらない!』と政伸に言い放ったというから、VTRをカットせざるを得ない過激な発言が飛び出していた可能性が高い」(スポーツ紙記者)

 最近、すっかり表舞台から姿を消した美元だが、この番組を見ていたとしたらどんな気分だっただろうか。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

サイゾーパブリシティ