サイゾーpremium  > 連載  > 彼女の耳の穴  >  【連載】今月の耳寄り人:鈴木奈々(タレント)

──耳は口ほどにモノを言う。教えて、あなたの好きな音!

1306_mimi_01.jpg
(写真/三浦太輔 go relax E more)

Touching song

GReeeeN
『キセキ』
2008年5月に発売された、GReeeeNの7thシングル。テレビドラマ『ROOKIES』(TBS系)の主題歌としても知られ、同年のオリコン年間シングルチャートでは4位を獲得した。

 今回の撮影は渋谷のラブホ街だったんですけど、ちょっと興奮しました。私、夜系のところにめったに行かないし、雑誌の撮影でもまずないことなので。しかもちょうど世間が給料日だったから、ラブホに入っていく男女を見ちゃったりして。そんなこんなで興奮したので、今回の写真はいつもの私とは違うフェロモンが出てると思います(笑)。

 渋谷のラブホ街のことを漢字でどう書くかですか? バカにしすぎですよ! 円に山に町と書いてまるやまちょう、超簡単です。ほんとにですね、おバカおバカ言われるのが嫌なんですよ。ちゃんとしたい。それに、私にだって「意外と頭いいかも?」というところがありますから。それはですね、恋愛。私、恋愛の計算がちゃんとできるんです! いまの彼氏と付き合って4年3カ月。テレビでも「結婚したい!」と言っています。直接会った時にも「大好き!」「結婚したい!」と言います。ふつう、こんだけ言われたら、彼氏の心が離れていくと思うんです。でも、ですよ! 彼は離れない。なぜかというと、私がうまいこと駆け引きしてるからなんです。

 たとえば、男から電話がかかってきたとしても、ちょっと大げさに伝えるんです。「元彼から電話がきたんだけど、この人、ほんとチャラいからやばいんだけど」みたいな。そうすると、彼もすっごいヤキモチを焼いてくれるんです。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』