サイゾーpremium  > 連載  > 彼女の耳の穴  > 【連載】今月の耳寄り人:剛力彩芽(女優)
連載
彼女の耳の穴【05】

【剛力彩芽】メロンの一切れをめぐって家族4人でケンカしています(笑)

+お気に入りに追加

──耳は口ほどにモノを言う。教えて、あなたの好きな音!

1307_mimi_01.jpg
(写真/三浦太輔 go relax E more)

Touching song

back number
『ささえる人の歌』
2012年3月に発売された、3人組ロックバンドback numberの4thシングル「恋」のカップリング曲。遠くにいる愛しい人を気遣い、「たまに疲れたら帰っておいで」と呼びかける。

 20歳になってから大好きになった曲があります。以前からその曲の噂は聞いていたんです。噂というか家族の会話なんですけど、姉と母がカラオケに行って「back numberの『ささえる人の歌』って、彩芽に向けて歌ってくれてるような曲だね」と話していたんですって。20歳になってから、姉の影響でback numberさんを聞くようにはなっていたんですけど、この間、噂のその曲を姉がカラオケで歌ってくれて。初めて聞く曲だったし、しかも姉が歌ってくれたというのもあって、もう、全部の歌詞が心に刺さりました。たとえば、〈野菜もきちんと食べていますか〉と〈あなたの好きなものを作って待っているから〉という歌詞。私は母が作ってくれる料理が一番好きですし、野菜も大好きで、母の作ってくれるセロリスープとかトマトスープが大好物なんですよ。

 剛力家は、本当に仲がいいです。両親がへんに子ども扱いをせずに、同じ目線で接してくれるからだと思うんですけど、たとえば、メロンが5切れある時なんてひどいですから。家族4人で分けると一切れ余りますよね。そんな時、「私たちのほうが先に死ぬから」なんて言って必ずじゃんけんで残りの一切れを争うんです(笑)。私の20歳の誕生日の時も面白かったです。その日の父はどうやら眠かったらしく、誕生日の10分前から「早くしよう、早くしよう」と準備を始めて、午前0時ぴったりに「乾杯! おめでとう!」って。

1307_mimi_02.jpg
(写真/三浦太輔 go relax E more)

 20歳になって実感したのは、意外と10代と変わらないなぁということでした。私の場合、高校を卒業して社会人一本というか、このお仕事に絞ってしまったのが大きいのかもしれません。私が思う大人の条件ですか? なんだろう。ふといま、“心のキレイな人”なのかなと思いました。いつまでも子どもらしい部分を忘れない純粋さという意味だけでなく、身体が健康であったり、精神的に余裕があったり……。そういう部分ともイコールで結ばれる感じが、私にとっての“心のキレイな人”なんですけどね。誰だって忙しかったりすると余裕がなくなるじゃないですか。そんな時でも、私が尊敬する“心のキレイ”な大人たちは、ちゃんとゆとりがあるんです。

 私の場合、「忙しい」と「疲れた」という言葉は使わないように心がけています。子どもの頃からダンスを習っていたのですが、練習から帰って「疲れた」と言うと、母親に「違うんじゃない?」と怒られたんですよ。自分で選んだ好きなことをしてきたのに「疲れた」と言うのはおかしいよって。それ以来、「疲れた」という言葉は使わないようにしてきたんですけど、「忙しい」も似たようなものかもと思うんです。だって、中学生の終わりにこの世界を目指した時なんて、月に1回仕事があるかないかで、だからこそその1回が来ると「うれしい! 最高!」と思っていたんですね。なのに、ちょっとだけ仕事が増えたぐらいで「忙しい」はなんか違うよなぁって。だから、友達から「忙しい?」と聞かれたら「ちょっとハードかも」と、カタカナ変換するようにしています。

 子どもの頃は、とびっきりの引っ込み思案でした。うまく会話ができなかったんです。変に先を読んでしまうというか、「こう言ったらこう思われるかな?」とか、「こう言いたいけどそれは本当に私が言いたいことなのかな?」とか考えてしまう子どもで。でも、踊っている時だけは、「私を見て!」と全身で叫べるというか。

1307_mimi_03.jpg
(写真/三浦太輔 go relax E more)

 いまのお仕事が大好きだし、ハードでも余裕がなくなることはあまりないんですけど、私、超のつく緊張しぃなんですよ。Zepp Tokyoでデビュー曲を初めてお披露目した時なんて、マックスの緊張感でした。舞台袖でずっと「吐きそう、吐きそう」と何度も言っていて。そういう緊張した時に、私が必ず聞くのがAIさんの「ハピネス」です。冒頭で〈余裕がなくて 優しくなれない そんな時でも ちゃんと分ってくれている人がいる〉と歌ってくれていて、すっごく励まされるんです。もちろん、「ハピネス」を聞いても「無理だよ。優しくなれないよ!」なんて歌詞に向かって言い返しちゃう時もありますけど、結果、「よし、楽しもう!」と思える曲だし、こういう人になりたいと目標にさせてもらっているんです。

 緊張しぃの私は、すっごく泣き虫でもあります。Zeppのイベント終わりでも号泣でした。ステージの上では必死で抑えましたけど、舞台袖に戻った瞬間にみんなでワーって(笑)。そういううれし涙はいいんですけど、悔し涙は、みんなの前では絶対に流しません。外というか、人前では泣きたくないから。悔し涙は、我慢して我慢して、家に帰ってから母の前で泣くようにしているんです。

 え? 強いですか? 確かに、母からも「彩芽は強い」とよく言われます。でも、どうなのかなぁ。自分ではよくわからないです。だって、家でゴキブリが出た時なんて「キャー!」と叫んでいるだけですから。私が叫んで母が叩いて姉が処理するっていう。剛力家のゴキブリ問題だけでいえば、私は常に叫ぶ担当です(笑)。

(構成/唐澤和也)
(スタイリング/岩田麻希)
(ヘア&メイク/越智めぐみ volonte)

【拡大画像はグラビアギャラリーでご覧いただけます。】

剛力彩芽
ごうりき・あやめ 1992年8月27日、神奈川県生まれ。テレビやCM、映画などで幅広く活躍中。そんな彼女の一番古い記憶は、2歳のグァテマラ旅行の時のもの。単身赴任中の父親を訪ねた際のものとのことだが、なぜか街並みではなく家の内部の記憶しかないそう。

『友達より大事な人』
7月10日、ソニー・ミュージックより「友達より大事な人」でCDデビューすることが決定。同曲の歌詞には剛力彩芽本人の思いが深く反映されている。「親友という言葉すら超える存在について歌った曲です。デビューが決まった時は、『私が?本当に?』と不思議な感じがしましたが、いまは早く届けたい気持ちでいっぱいです!」(剛力)

〈衣装協力〉トップス(2万4150円)、パンツ(3万1500円)、シューズ(3万4650円)/すべてアテ ヴァネッサブリューノ(東レ・ディプロモード)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ