サイゾーpremium  > 連載  > 彼女の耳の穴  > 【連載】今月の耳寄り人:剛力彩芽(女優)
連載
彼女の耳の穴【05】

【剛力彩芽】メロンの一切れをめぐって家族4人でケンカしています(笑)

+お気に入りに追加

──耳は口ほどにモノを言う。教えて、あなたの好きな音!

1307_mimi_01.jpg
(写真/三浦太輔 go relax E more)

Touching song

back number
『ささえる人の歌』
2012年3月に発売された、3人組ロックバンドback numberの4thシングル「恋」のカップリング曲。遠くにいる愛しい人を気遣い、「たまに疲れたら帰っておいで」と呼びかける。

 20歳になってから大好きになった曲があります。以前からその曲の噂は聞いていたんです。噂というか家族の会話なんですけど、姉と母がカラオケに行って「back numberの『ささえる人の歌』って、彩芽に向けて歌ってくれてるような曲だね」と話していたんですって。20歳になってから、姉の影響でback numberさんを聞くようにはなっていたんですけど、この間、噂のその曲を姉がカラオケで歌ってくれて。初めて聞く曲だったし、しかも姉が歌ってくれたというのもあって、もう、全部の歌詞が心に刺さりました。たとえば、〈野菜もきちんと食べていますか〉と〈あなたの好きなものを作って待っているから〉という歌詞。私は母が作ってくれる料理が一番好きですし、野菜も大好きで、母の作ってくれるセロリスープとかトマトスープが大好物なんですよ。

 剛力家は、本当に仲がいいです。両親がへんに子ども扱いをせずに、同じ目線で接してくれるからだと思うんですけど、たとえば、メロンが5切れある時なんてひどいですから。家族4人で分けると一切れ余りますよね。そんな時、「私たちのほうが先に死ぬから」なんて言って必ずじゃんけんで残りの一切れを争うんです(笑)。私の20歳の誕生日の時も面白かったです。その日の父はどうやら眠かったらしく、誕生日の10分前から「早くしよう、早くしよう」と準備を始めて、午前0時ぴったりに「乾杯! おめでとう!」って。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』