サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 【社会】中国人スパイ疑惑の真相!?背後に"怪僧"池口恵観登場の謎
ニュース
朝鮮総連ビル買収騒動のお坊さんは何者か?

中国書記官スパイ疑惑の裏で、永田町の怪僧池口恵観法主が暗躍!?

+お気に入りに追加

最近気になるあのお坊さん、一体何者?

今回、朝鮮総連ビルの買収で一躍有名になった、真言宗の僧侶・池口恵観法主。政財界に顔が利き、北朝鮮へも何度も訪問し、その深いつながりを隠すつもりもない様子。こうした状況をかんがみて、“永田町の怪僧”などの異名で呼ばれるのもうなずける。彼のような人物がテレビに出てくるだけで、インパクトは大きいが……。

1306_az_kuromaku.jpg
『日本の「黒幕」200人』(宝島社)

 整理回収機構(RCC)が強制執行を申し立てた朝鮮総連本部の土地・建物を、鹿児島県の宗教法人「最福寺」が45億1900万円で落札したのが3月29日のこと。「北朝鮮の高官から頼まれて朝鮮総連本部の土地・建物【1】を買い取った」と公言する最福寺の法主・池口恵観氏は、これの購入金について、「複数の金融機関から融資を受けて調達する」としていた。だがその後の4月24日、この融資に対して、複数の金融機関から断られていたと、読売新聞などが報じている。

 その金融機関のうちのひとつが、北朝鮮系の信用金庫であるハナ信用組合だという話がささやかれている。池口氏は、3月29日に開かれた落札に関する記者会見の席で、融資を受ける金融機関について「北朝鮮関係の金でないことは明言しておきます」と発言していたが、「実際には、ハナ信金から一部金が出る予定だったが、しかるべきところから圧力があり、融資は途絶えたようだ」(某紙記者)という。

 これについて朝鮮総連関係者は「ハナには日本人の監査が数名入っていますし、回収見込みのない案件に、借り主(池口氏)が総連と懇意だからといって、融資できるのかどうか…」と、そもそも無理筋であり、この話には懐疑的なようだ。

MEMO『池口恵観』
鹿児島県にある最福寺法主。高野山真言宗大僧正・伝灯大阿闍梨というとても徳の高いお坊さん。炎の行者などと呼ばれ、政財界から芸能界、裏社会まで幅広い交流がある。

 結局、池口氏による朝鮮総連本部買収は頓挫したままで5月10日の納付期限までに落札代金を支払えないと判断し8日、再入札となった。

 しかし、いったいなぜ池口氏は、これほどまでに朝鮮総連からの要請に動いたのか? もともと、「まさか中央本部のある土地・建物を買い取るとは思いませんでしたが、池口氏が我々と関係の深い住職というのは秘密でもなんでもありません」(前出・総連関係者)というほど、同団体とは深いつながりがある同氏。そんな池口氏が朝鮮総連ひいては、北朝鮮とのパイプを強くする目的――すなわち北朝鮮利権の一端が垣間見られる、意外な事件があったようだ。

農水顧問を問い詰めるとなぜか池口恵観が登場!?

 それは、民主党政権時代の12年5月に発覚した、中国書記官スパイ疑惑【2】だ。

 この事件は、中国大使館の駐日一等書記官である李春光氏が、虚偽の身分で、日本の外国人登録証を取得し、ウィーン条約で禁じられている商業活動を行ったり、政治家や官僚、大学教授などに近づいてスパイ活動をしていたとされる。

 この時、農林水産省の機密文書が漏洩した疑いが読売新聞などにより指摘され、結果的に鹿野道彦農水大臣はおとがめ無しだったものの、筒井信隆副大臣は辞職した(肩書きは共に当時)。一方の李氏は、中国大使館を通じた警察の出頭要請に対して大使館側がこれを拒否し、12年5月23日に中国へ帰国したままである。

「この時、機密情報の漏洩の舞台となったのが、農林水産省が主導して設立された『一般社団法人農林水産物等中国輸出促進協議会』だった。この団体は、中国側が外国からの輸入品として規制していた品目を、特別的に解放するよう働きかけており、先の事件で漏洩した情報は、これに関する農水省の資料でした」と、ある自民党関係者は語る。

 当時中国では、07年の段ボール肉まん事件(後日、ヤラセだったとの報道あり)などで食品の安全性が問題となり、09年から、農林水産物に関する貿易の場合には、輸出入の禁止品目や、数量制限、検疫など細かい規定が定められていた。

 そうした厳しい規制がかかる生鮮3品の食品や加工食品などについて、この団体を通せば、一般ルールとは別に中国が責任をもって受け入れると確認がなされ、日本側が検疫を行わなくても輸出が可能と主張し、関連企業から出資を受けていたという。

「この団体の代表を務めていたのが、民主党(鹿野グループ)・樋口俊一議員の秘書だった田中公男氏です。彼は、10年12月に鹿野農相から農水省顧問に任命され、中国側と交渉していた。この時、中国側の代理人として動いていたのが、件の李氏でした。彼は、中国大使館と総連の連絡役であり、樋口氏のもうひとりの秘書、S氏とつながりの深い、王行虎の部下。この時、中国が規制する品目の輸出が可能だと周囲に言い、政府関係者や企業から、資金や物品を集めていた。結局、集めた資金で、物品を送ったものの特別措置は実現せず、検疫所に輸出品がとどめ置かれたまま、日本の記録上は、いまだに宙に浮いているのです」(同)

 つまり、当時農水省の顧問だった田中氏が、中国サイドの李氏とつながり、中国側から制限されている物品を輸出できるよう、動いていたということだ。どうやら彼らは、こうした特別措置が正式に決定する以前から、生鮮3品の食品や加工食品などを中国に送っていたと考えられる。

 そして、この情報をつかんだ自民党のH議員とN議員が、「これは政府ぐるみの詐欺ではないか」と、田中氏に問い合わせをしたところ、代理人として出てきたのが、なんと池口氏だったという。

「李氏の上役である王氏は、中国スパイの元締めであり、なおかつ総連とのパイプでもある。そんな彼が朝鮮総連と関係の深い池口氏とつながっていた」(同)

 さらに「ここからは推測ですが」と前置きをして続ける。

「これに加えて、もうひとつ合法的に検疫なしで入管を通過させる方法を使用したことがわかっている。それは例えば、日本からモンゴルやカザフスタンなどの第三国へ輸出する際、陸路・鉄道を使って運ぶ時は、中国の検疫を通さないでよいことになっている。池口氏は、関係の深い北朝鮮に物品を送るため、『農林水産物等中国輸出促進協議会』を使い、規制されている大量のコメや野菜、粉ミルクなどを中国へ運んだ。そして第三国への貿易として、陸路で北朝鮮へと運ぼうとしていたのでしょう。そうすれば、一度も中国の検疫を通さないで済み、中国へ送ったそれらの物品が、日本とは国交がなく、貿易が禁止されている北朝鮮へ送られたとしても、どこにも記録が残らないことになる。自民議員らが田中氏を問い詰めた際、なぜ北朝鮮事情に詳しい池口氏が出てきたのか。こうした背景を見れば、そう推測することもできるでしょう」

 本当に北朝鮮に物品を送っていたかどうか、現状では憶測の域を出ないが、少なくとも池口氏が一連の疑惑になんらかの関与をしていたことは事実のようだ。

 現在、第一書記が金正恩に替わり、日本と北朝鮮の外交は新たな展開を迎えている。池口氏の利権・利益はともかく、北朝鮮とこれほどまでに太いパイプを持っている人物は日本にはそうはいない中で、彼のつながりを言語道断とみるか、それとも必要悪とみるか。池口氏の動向を、引き続き注視していきたい。

(編集部)

【1】朝鮮総連ビル
東京都千代田区富士見という好立地にあるため、売却値40億円以上もの値がついている。このため、池口氏は、あえて再び競売にかけようとしているのでは? という観測も出回っている。要するに、再び競売にかけられれば、池口氏が再読に落札して45億より高くなることはないため、安く買おうとしているのでは……ということだが、果たして……?

【2】中国スパイ疑惑
日本では戦後もいくつかスパイ疑惑が起こっているが、このケースは、中国の外交官がスパイとして立件された初の事例となった。ちなみに、この事件が発覚する前後に、関連する怪文書が出回ったが、これらの出どころが、樋口氏のもうひとりの秘書であるS氏だという噂も。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ