サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 【社会】中国人スパイ疑惑の真相!?背後に"怪僧"池口恵観登場の謎
ニュース
朝鮮総連ビル買収騒動のお坊さんは何者か?

中国書記官スパイ疑惑の裏で、永田町の怪僧池口恵観法主が暗躍!?

+お気に入りに追加

最近気になるあのお坊さん、一体何者?

今回、朝鮮総連ビルの買収で一躍有名になった、真言宗の僧侶・池口恵観法主。政財界に顔が利き、北朝鮮へも何度も訪問し、その深いつながりを隠すつもりもない様子。こうした状況をかんがみて、“永田町の怪僧”などの異名で呼ばれるのもうなずける。彼のような人物がテレビに出てくるだけで、インパクトは大きいが……。

1306_az_kuromaku.jpg
『日本の「黒幕」200人』(宝島社)

 整理回収機構(RCC)が強制執行を申し立てた朝鮮総連本部の土地・建物を、鹿児島県の宗教法人「最福寺」が45億1900万円で落札したのが3月29日のこと。「北朝鮮の高官から頼まれて朝鮮総連本部の土地・建物【1】を買い取った」と公言する最福寺の法主・池口恵観氏は、これの購入金について、「複数の金融機関から融資を受けて調達する」としていた。だがその後の4月24日、この融資に対して、複数の金融機関から断られていたと、読売新聞などが報じている。

 その金融機関のうちのひとつが、北朝鮮系の信用金庫であるハナ信用組合だという話がささやかれている。池口氏は、3月29日に開かれた落札に関する記者会見の席で、融資を受ける金融機関について「北朝鮮関係の金でないことは明言しておきます」と発言していたが、「実際には、ハナ信金から一部金が出る予定だったが、しかるべきところから圧力があり、融資は途絶えたようだ」(某紙記者)という。

 これについて朝鮮総連関係者は「ハナには日本人の監査が数名入っていますし、回収見込みのない案件に、借り主(池口氏)が総連と懇意だからといって、融資できるのかどうか…」と、そもそも無理筋であり、この話には懐疑的なようだ。

MEMO『池口恵観』
鹿児島県にある最福寺法主。高野山真言宗大僧正・伝灯大阿闍梨というとても徳の高いお坊さん。炎の行者などと呼ばれ、政財界から芸能界、裏社会まで幅広い交流がある。

 結局、池口氏による朝鮮総連本部買収は頓挫したままで5月10日の納付期限までに落札代金を支払えないと判断し8日、再入札となった。

 しかし、いったいなぜ池口氏は、これほどまでに朝鮮総連からの要請に動いたのか? もともと、「まさか中央本部のある土地・建物を買い取るとは思いませんでしたが、池口氏が我々と関係の深い住職というのは秘密でもなんでもありません」(前出・総連関係者)というほど、同団体とは深いつながりがある同氏。そんな池口氏が朝鮮総連ひいては、北朝鮮とのパイプを強くする目的――すなわち北朝鮮利権の一端が垣間見られる、意外な事件があったようだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』