連載
「はてなブックマークニュース」編集長が選ぶネット事件簿

人気エントリー定点観測@はてな 「非難が殺到したデザインの裏側」

+お気に入りに追加

「はてなブックマーク」とは?
ソーシャルブックマークサービスの最大手。ネットのトレンドや“今”話題になっていることがわかる。気になる情報を共有したり、他のユーザーが興味を持つ話題を見たりできる。iPhone/Androidでも閲覧可能。http://b.hatena.ne.jp/

──春は出会いと別れの季節、とよく言います。ウェブの世界でも、新しく生まれるサービスがあれば終わってゆくサービスも……。Googleが提供する「Google リーダー」の終了が告知され、ヘビーなネットユーザーの間に衝撃が走りました。身近なところでは、充電池「エネループ」の新製品からおなじみの青いロゴが消滅。でかでかとパナソニックの文字が載ったデザインが発表され、ブランドの“死”だと嘆く声が続出しました。
【集計期間:2月16日~3月15日】

政治と経済│2013.3.2 SAT

1305_hatena_01.jpg

■非難が殺到したデザインの裏側
ブックマークuser数1194
[タグ]ビジネス、eneloop、経済
[エントリータイトル]
eneloop電池を残すつもりだったPanasonic 独占禁止法と国際経済競争
[エントリーページURL]
http://b.hatena.ne.jp/entry/134890402

三洋電機が開発し、現在はパナソニックが展開する充電池「エネループ」が、これまでとまったく違うデザインに変わることが発表され、従来のデザインを惜しむ声が次々とあがりました。そんな中、同社の経営・経済の観点から背景を解説した匿名の記事が登場。パナソニックが三洋を子会社化したところ、独占禁止法の壁が立ちはだかり、他社にエネループの工場を売却せざるを得なかった──として、今後のエネループの行く末を推測しています。書き手は「こんな事情はお客様には関係がない」と言い切り、ブランドをめぐる“中の人”の苦悩がしのばれます。

『三洋電機』
2011年4月に三洋電機はパナソニックに完全子会社化され、ブランドを整理・変更。米でパンが焼ける「GOPAN」はパナソニックブランドへ。一人暮らし向けブランドとして親しまれた「it’s(イッツ)」シリーズは消滅。

『エネループ』
三洋電機が開発したニッケル水素充電池。シンプルなデザインが話題を呼び、2007年にグッドデザイン大賞を受賞した。新しいデザインではエネループのロゴは小さくなり、パナソニックのロゴが前面に押し出された。

ブクマコメント
●独禁法との兼ね合いで軟着陸させる必要があるのはわかるが、せっかくのロングセラーに関し、客を戸惑わせるような経営は、やはりダメだろ。
●わかりやすくてすんなり入ってきた。独占禁止法が絡む大企業の舵取りは本当に大変なんだな。
●結局、日本企業の大半の経営陣に国際感覚がないのが問題な気がする。今から日本の人材育てるのか、外国人役員の数を増やすのかはお好みだけど。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』