サイゾーpremium  > 連載  > 【連載】「人気エントリー定点観測@はてな」
連載
「はてなブックマークニュース」編集長が選ぶネット事件簿

人気エントリー定点観測@はてな 「鉄道地下化の裏側」

+お気に入りに追加

「はてなブックマーク」とは?
ソーシャルブックマークサービスの最大手。ネットのトレンドや”今”話題になっていることがわかる。気になる情報を共有したり、他のユーザーが興味を持つ話題を見たりできる。iPhone/Androidでも閲覧可能。http://b.hatena.ne.jp/

──東急東横線と東京メトロ副都心線の相互直通運転が始まり、2カ月がたちます。新しい地下5階の渋谷駅はホームや階段が狭くなるなど慣れない人が多い模様。そんな中、東横線の地下化切り替え工事を丁寧に追った記事が注目されました。切り替えといえば、NHKの連続テレビ小説が『純と愛』から『あまちゃん』へ。放送中の『あまちゃん』はテンポよく進み、評判も視聴率も好調ですが、『純と愛』に対しては不幸の多さを嘆く人が続出しました……。
【集計期間:3月16日~4月15日】

世の中│2013.3.18 MON

1306_NS2_05.jpg

■鉄道地下化の裏側
ブックマークuser数339
[タグ]鉄道、建築、渋谷
[エントリータイトル]
1200人が一斉に動く - 深夜の代官山地下化切替工事を完全取材 - シブヤ経済新聞
[エントリーページURL]
http://b.hatena.ne.jp/entry/137039906

東急東横線の直通運転が始まる直前、3月15日の最終列車から翌16日始発までのたった3時間46分で、渋谷駅~代官山駅間の約1.4キロが地下化されました。代官山駅での切替工事開始から始発列車の到着までを、シブヤ経済新聞が写真付きで丹念にリポート。工法、まだ電車が走る工事現場での準備、作業の過程を説明します。1200人もの作業員が動く様子や夜に浮かび上がる重機、そして無事に走り抜けていく試運転列車の写真が非常に美しい……のですが、写真がすべて小さい! 大きい写真がほしいと残念がる声が相次ぎました。

『地下化』
東急東横線は、渋谷~代官山間を地下化して副都心線と線路を接続。副都心線の着工後に東横線と副都心線の直通運転が決まったため、2008年の副都心線開業と同時にはならなかった。

『切替工事』
工事に着手したのは2005年1月。東急電鉄と東急建設による独自開発の「STRUM工法」を採用した。用地が限られた場所に適用でき、みなとみらい線と東急東横線の相互直通運転開始時にも使われた実績がある。

ブクマコメント
●すごい! せっかくなのでもっと大きな写真で、できれば映像でも見たい!
●三時間で問題なく作業完遂するまでにどれほどの準備が要っただろう。
●この工事、見た目が派手な「撤去区間」ばかり報道されて、技術的に最も難しかったであろう「降下区間」の映像が全然ないのが悲しい。
●秀吉の墨俣築城を連想した。とんでもない技術力と組織力、そしてサービス要求水準の高さ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』