サイゾーpremium  > インタビュー  > 【はやぶさ】──イケメン演歌歌手3人組が白スーツで"朝立ち"!?
インタビュー
今年はムード歌謡系イケメンがクル!?

【はやぶさ】白スーツで“朝立ち”!? ムード歌謡×カワイイ振り付けの3人組がマジすぎる!

+お気に入りに追加

──氷川きよしらが所属する大手芸能プロから、歌って踊れる若手イケメングループがデビューしたって、ホントですか!?

1305_hayabusa_01.jpg
(写真/黒瀬康之)

 真っ白なスーツに、メンバーカラーのボタンとネクタイ。両手両足を斜めに広げてはやぶさポーズ! 彼らの名は、はやぶさ。リードボーカルを務めるヒカルは26歳、コーラス担当のヤマトとショウヤはなんとまだ19歳。山川豊、田川寿美、水森かおり、氷川きよしらが所属する大手芸能事務所・長良グループ所属の末っ子3人組である。

 2012年2月に、シングル「ヨコハマ横恋慕」でデビュー。そして今年1月には「再び横浜にご縁をいただいて」(ヒカル)セカンドシングル「ちょっと待ってよヨコハマ」をリリースした。「ちょっとちょっと(ちょっと!)、ちょ~っと~(ちょっと!)、待ってよヨコ~ハマ~/あなたが好きです 年~上の人~♪」……と、曲だけ聴くと昭和の香り漂う正統派のムード歌謡。が、YouTubeでPVを再生した瞬間、そんな古きよきイメージは一気に吹っ飛ぶ。銭湯掃除をしたり遊園地のメリーゴーランドに乗ったり、戦うレスラーたちをバックにしてリングに立ったり(しかもレスラーのジャンプの振動で3人は揺れている)しながら、アイドルのようなカワイイ振り付きで堂々たる歌唱を見せつけるのだ。なんとも異様な光景に、思わず衝撃が走る。なんなんだ、この子たちは!?

「“新世代歌謡グループ”というキャッチフレーズで、光栄なことに斬新な試みをさせていただいております。ただ、振り付けは簡単な動きなのに、ダンスなどが未経験の僕たちには難しくて」(ヒカル)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』