サイゾーpremium  > インタビュー  > 【はやぶさ】──イケメン演歌歌手3人組が白スーツで"朝立ち"!?
インタビュー
今年はムード歌謡系イケメンがクル!?

【はやぶさ】白スーツで“朝立ち”!? ムード歌謡×カワイイ振り付けの3人組がマジすぎる!

+お気に入りに追加

──氷川きよしらが所属する大手芸能プロから、歌って踊れる若手イケメングループがデビューしたって、ホントですか!?

1305_hayabusa_01.jpg
(写真/黒瀬康之)

 真っ白なスーツに、メンバーカラーのボタンとネクタイ。両手両足を斜めに広げてはやぶさポーズ! 彼らの名は、はやぶさ。リードボーカルを務めるヒカルは26歳、コーラス担当のヤマトとショウヤはなんとまだ19歳。山川豊、田川寿美、水森かおり、氷川きよしらが所属する大手芸能事務所・長良グループ所属の末っ子3人組である。

 2012年2月に、シングル「ヨコハマ横恋慕」でデビュー。そして今年1月には「再び横浜にご縁をいただいて」(ヒカル)セカンドシングル「ちょっと待ってよヨコハマ」をリリースした。「ちょっとちょっと(ちょっと!)、ちょ~っと~(ちょっと!)、待ってよヨコ~ハマ~/あなたが好きです 年~上の人~♪」……と、曲だけ聴くと昭和の香り漂う正統派のムード歌謡。が、YouTubeでPVを再生した瞬間、そんな古きよきイメージは一気に吹っ飛ぶ。銭湯掃除をしたり遊園地のメリーゴーランドに乗ったり、戦うレスラーたちをバックにしてリングに立ったり(しかもレスラーのジャンプの振動で3人は揺れている)しながら、アイドルのようなカワイイ振り付きで堂々たる歌唱を見せつけるのだ。なんとも異様な光景に、思わず衝撃が走る。なんなんだ、この子たちは!?

「“新世代歌謡グループ”というキャッチフレーズで、光栄なことに斬新な試みをさせていただいております。ただ、振り付けは簡単な動きなのに、ダンスなどが未経験の僕たちには難しくて」(ヒカル)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』