サイゾーpremium  > 連載  > キングオブコメディ・高橋健一とアイドルライター・小明の「卑屈の国の格言録」  > 【連載】顔がヤバイ"小明でも大きい声を出してニコニコしていればうまくいく…のか?
連載
キングオブコメディ・高橋健一とアイドルライター・小明の「卑屈の国の格言録」第11回

"顔がヤバイ"小明でも大きい声を出してニコニコしていればうまくいく…のか?

+お気に入りに追加

どんなに立派なお言葉も、決して素直に受け取らない卑屈家が2人。そのこじれた思考に、偉人たちの格言を浴びせてみると……?

今月の格言

大きい声を出していつも元気にニコニコしていれば、大抵のことはうまくいく。

樋口廣太郎(ひぐち・ひろたろう)
1926年、京都府生まれ。実業家。アサヒビール元社長。大ヒット商品「アサヒスーパードライ」を生んだ、同社の中興の祖。12年没。

 パーケンさん! ごきげんよう(ニタッ)!! 今回は「大きい声を出していつも元気にニコニコしていれば、大抵のことはうまくいく」という格言ですよ(ニタッ)!!

 ……なるほど。ニコニコすんの得意?

 なんですか、その低いテンション。ニコニコなんて、どんだけ気合い入れてももって30分、今なんて10秒でしたよ。

 でも、仕事柄「笑ってください」とかあるでしょ? 腐ってもグラビアアイドルですよ?

 うまくできなかったから腐ったんじゃないですか。自分ではかわいく笑ってるつもりが、なんか違う、怖い、みたいな。パーケンさんも写真になると見事に笑顔がひきつってますよね。

 私もなるべくがんばって笑ってるつもりなんですけど……。普段は結構笑うほうなのに、いざ写真とかで「笑ってください」って言われると「笑顔が固い」「顔がヤバイ」とかダメ出しされる。「あれ? 俺いつもどうやって笑ってたっけ?」ってなっちゃう。尾崎ならシェリーに問いかけるとこだよ。

 いつもニコニコなベッキーやザキヤマさんは、本当にえらいなぁ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年6月号