サイゾーpremium  > 連載  > 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」  > 【町山智浩】奴隷制犠牲者の復讐劇
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第65回

黒人の人権派が大激怒!? 奴隷制犠牲者の復讐劇

+お気に入りに追加

雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズイズイッと見えてくる、超大国の真の姿をお届け。

『ジャンゴ 繋がれざる者』

1303_machiyama.jpg

元歯科医の賞金稼ぎキング・シュルツ(クリストフ・ヴァルツ)に助けられた奴隷ジャンゴ(ジェイミー・フォックス)は、キャンディ(レオナルド・ディカプリオ)に買われた妻を取り戻すため、賞金稼ぎとして白人を殺しまくる。

監督・脚本/クエンティン・タランティーノ 出演/ジェイミー・フォックス、クリストフ・ヴァルツ、レオナルド・ディカプリオほか 日本では3月1日より全国公開予定。


 クエンティン・タランティーノ監督の新作映画『ジャンゴ 繋がれざる者』は、南北戦争前の南部を舞台に、黒人奴隷のジャンゴがガンマンとなって、残酷な奴隷所有者キャンディと対決する「西部劇」ならぬ「南部劇」だ。

 これはタランティーノが愛してやまない映画『マンディンゴ』からヒントを得ている。『マンディンゴ』は、白人が黒人奴隷の女性に産ませた自分の子どもを奴隷として売って商売する奴隷牧場の実態を暴いている。奴隷所有者は気まぐれに奴隷を殺すが、なんの罪にもならない。黒人は人間と思われていなかったからだ!

『マンディンゴ』は100年以上になるハリウッドの歴史のなかで唯一、奴隷制の実態を描いた映画だ。それ以外に奴隷が登場する映画は、残酷な実態を砂糖で甘くくるんだ『風と共に去りぬ』のようなものばかりだった。しかし、アメリカ人の見たくないものを突きつけた『マンディンゴ』は巨匠リチャード・フライシャー監督作にもかかわらずマスコミから「ゲテモノ映画」と総攻撃され、映画会社もフィルムを処分。DVDも最近まで発売されなかった、まさに「呪われた映画」だった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』