サイゾーpremium  > インタビュー  > 【大橋仁】──売れっ子カメラマンが見たかった「300人の交尾」
インタビュー
汗、精液──肉、汗、汁。

【大橋仁】「これを撮らないと次に行けない」。写真家が見たかった、男女300人の"交尾"

+お気に入りに追加

――齢40の売れっ子写真家が、「都内で小さめの家が買えるくらい」の貯金をはたいてまでして撮りたかった"モノ"とはなんだったのか──。

1303_ohashi1.jpg
(写真/大橋 仁)

 物語は、さして美人でもない女たちのポートレイトから始まる。次に、男が現れる。彼は素っ裸で、暗闇を走っている。次第にその人数が増える。女たちも現れ、群れとなる。そしてある時、彼らはまぐわい始める。獣のように交尾しあう裸身の群れ。そこかしこで汗と精液が飛び散る。肉、汗、汁。それはまるで、巨大な肉の塊のようにも見える。荒々しくも、静謐──。

 これは、乱交モノAVを追ったドキュメンタリーなどではない。

 20歳でキヤノン写真新世紀公募展にて最優秀賞を受賞、継父の自殺未遂を撮影して話題を呼んだ『目のまえのつづき』、10人の出産の瞬間をとらえた『いま』といった異彩を放つ写真集を発表してきた写真家、大橋仁の新作写真集『そこにすわろうとおもう』。それは、150人ずつ、計300人の男女が絡み合う姿を撮影した、常識外れの作品なのだ。

「アイディアを思いついたのは、5~6年前。たいまつを持った人間たちがザーッと並んでいて、その先頭に立っているガリガリに痩せた男が僕の顔を覗き込んでいるという光景が思い浮かんだんです。男の後ろには人の列があって、奥の小屋に入るとぎゅうぎゅう詰めになった人たちがセックスしてる。そのイメージが頭から出ていかなくなっちゃった」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

インタビュー

連載