サイゾーpremium  > 特集  > エンタメ  > 【アイドル映画】"ドキュメント"化の悲劇
第1特集
悲しみのアイドル映画20年史【1】

アイドル映画の20年史 アイドルたちが"ドキュメンタリー"となった悲しき地獄

+お気に入りに追加

──古きよきアイドル映画の時代は、とうの昔に終わりを告げていた。それでは、現在のアイドル映画はどのようなものなのか? 97年の『20世紀ノスタルジア』から峯岸みなみの「ボウズ映像」まで、すべてを飲み込んでいくアイドル映画の欲望を「ドキュメンタリー」という視点から徹底分析を加える!

1303_idol_2.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
「ドキュメンタリー」で見る悲しみのアイドル映画20年史
安倍なつみの息切れから、あっちゃんの過呼吸へ─。

 アイドル映画はアイドルを映す鏡である。それは悲しいまでにアイドルのあり方を映し出す。ならばアイドル映画の歴史を追ってみよう。そこには、アイドルの歴史が刻まれているはずだ。

 第1次アイドル黄金期である80年代、『セーラー服と機関銃』【1】(薬師丸ひろ子、81年)や『時をかける少女』(原田知世、83年)などの角川映画から『おニャン子ザ・ムービー 危機イッパツ!』(おニャン子クラブ、86年)まで、数多くのアイドル映画が製作された。それらをいま鑑賞すると、どこか牧歌的な印象さえ受ける。アイドルがまだ偶像であり得た時代。そこではアイドルは、絶対的なフィクションでいられた。

 その構造に裂け目を生じさせる巨星が現れる。その名は広末涼子。90年代以降のアイドルの礎をつくった女だ。

 90年代のアイドル冬の時代、駆け出しのアイドルを使ってサブカル系映画監督たちが映画を撮る、という流れの中で、『20世紀ノスタルジア』【2】(97年)という作品が生まれる。70年代に『初国知所之天皇』などの前衛的作品を生み出したことで知られるシネフィル映画監督・原将人の手による同作は、広末にビデオカメラを持たせ独白させるなどの手法を駆使し、彼女を1人の少女としてスクリーンの中に立ち上がらせる。その生っぽさ、ドキュメント性。ここに、「“独白”する“リアル”な少女」(「メタフィクショナリズムとドキュメンタリズム)を構成要件とする、現代アイドル映画が誕生する。

 一方で90年代後半に入ると、アイドルブームは再び盛り上がりの機運を見せ始める。安室奈美恵、MAX、SPEED、そして何より時代の革命児となったのは、97年に結成されたモーニング娘。(以下、モー娘。)だ。彼女たちへと国民を熱狂させたのは、『ASAYAN』(テレビ東京系)が断片的に発信する舞台裏の悲劇であった。視聴者は、切り取られた少女たちの生の声を自らの手でつなぎ合わせ、物語を作り上げていく。そこには、言葉の正しい意味における「ドキュメンタリー」があった。

 モー娘。のデビューは、『20世紀ノスタルジア』公開翌年の98年。この年には、SPEED主演の『アンドロメディア』で島袋寛子がアイドルを演じ、『モーニング刑事。』ではモーニング娘。が実名で登場。このメタ的ともいえる自己言及は、同じくモー娘。が主演を務めた00年の『ピンチランナー』【3】に引き継がれる。

『ピンチランナー』は、マラソンをテーマに少女たちの友情を描いた作品だが、注目すべきは、モー娘。をはじめとする出演者たちが劇中で実際に「ひたちなか全国少女駅伝大会」に参加している点だ。その裏側は当然ドキュメンタリーとして『ASAYAN』にて放送され、後藤真希という新エースの登場によるストレスから見事に太ってしまった安倍なつみが苦悶の表情を浮かべながら走る姿が映し出される。ファンはそのドキュメント性に涙し、多くの物語を紡いでいくこととなる。

 しかし、アイドル映画ドキュメンタリー化の嚆矢となったモー娘。擁するハロー!プロジェクト(以下、ハロプロ)勢はこの後、時代と逆行するように古きよきアイドル映画路線へと身を沈めていく。“ももち”こと嗣永桃子(当時9歳)が主演を務めた『仔犬ダンの物語』(02年)、石川梨華と藤本美貴がW主演した『17歳~旅立ちのふたり~』(03年)の監督・澤井信一郎は、奇しくも『野菊の墓』(松田聖子、81年)などを手掛けた古きよきアイドル映画の巨匠であった。

 この後、AKB48(以下、AKB)が牽引する「アイドル戦国時代」が到来するまで、芸能界は一時的に再びアイドル冬の時代を迎える。その間隙を埋めるかのように映画界では、シネフィル映画監督たちが、宮﨑あおい、蒼井優、長澤まさみなど多くの若手女優を輩出していく。彼女たちは映画界のアイドルではあったが、アイドルそのものではなかった。そのため、モー娘。が先鞭をつけたアイドル映画ドキュメンタリー化の流れは、しばらく停滞することとなる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』