サイゾーpremium  > 特集2  > 【電通】に軽視される雑誌メディア クライアント主義の弊害
第2特集
電通と芸能界の癒着【6】

「全然クリエイティブじゃない!」横暴な電通のクライアント第一主義の弊害

+お気に入りに追加
1301_hotpepper.jpg
リクルート社の「ホットペッパー」CM。芸能人も使わず、毎回電通のクリエイティブの高さを感じさせられてます!

 電通を介して広告を発注する……その先には当然、掲載媒体の存在がある。電通の仕事と一言に言っても、テレビCMに限らず、ラジオ、インターネット、雑誌、イベント会場などなど、その取り扱いメディアは多岐にわたる。その中で今、最も手荒な扱いを受けているのが小誌を含む、雑誌メディアだ。

「ご存知のとおり、電通本体の営業マンはクライアント第一主義。お金をもらって広告を掲載する我々メディアサイドには、発言権なんてないに等しいんですよ。その上、電通はクライアントと芸能事務所、メディアの真ん中に立って威張っているだけで、相当な制作費を抜いていきますからね。実はウチの雑誌では、たまに『あえて電通は噛ませずにタイアップしましょう』と、企業と直接やり取りすることがあるんです。というのも、電通を噛ませるのと噛ませないのとで、差し引かれる分を考えると2~3倍は費用が変わることもあるんです」(某雑誌編集者・D氏)

 クライアントから"広告宣伝費"と割当てられた費用に関して、その配分は電通による裁量が大きい。となると、メディア側にしてみれば、その広告収入を電通の担当営業に左右されているようなもの。当然、立場は弱い。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』