サイゾーpremium  > サイゾーレコメンド  > 近未来戦とはいかがなものか? 元傭兵・高部正樹が選出
あの有名人&識者が選ぶ「サイゾー」レコメンド!

戦場で無人機が飛び、ネットに機密情報が……元傭兵・高部正樹が選ぶ"近未来の戦い"がわかる記事

+お気に入りに追加

1301takabe_p.jpeg
高部正樹氏。(写真/三浦太輔 go relax
E more)

――1999年の創刊以来、芸能界から政財界、ヤクザにIT業界まで、各業界のウラ側を見てきた「サイゾー」。巷間騒がれる小誌の魅力をもっと多くの人に知ってもらいたい! そんな思いから、「サイゾー」を愛読している物好きな(失敬!)有名人からおなじみの識者の方々に、「サイゾー」でしか読めないオススメ記事を選んでもらいました!! 今回のキュレーターは、"ホンモノ"の元傭兵・高部正樹さん。今年の9月号にも出演いただき、戦場の厳しさを教えてくれた高部さんが選ぶ、“近未来の戦い”を知るための記事とは?

【近未来の戦いを妄想したいあなたのための記事3選】

『Windowsで、潜水艦を操縦!? NEC、東芝、日立までもが加担する"軍事産業とIT"の蜜月事情』
(2011年10月号「IT業界禁断のウラ側」【軍事技術とIT事情の最前線】より)

 私が軍人に憧れたのは小学生の時。まだ「運動中に水を飲むな」と言われている、そんなレトロな時代だったなぁ。部活でしごかれながら「自由に水が飲みたい」なんて思っていた。あれから数十年……キャメルバッグを背にした米海兵隊員を初めて目にした時の衝撃。あれは凄まじかった。夢が現実になってんじゃん! そう、今や無人機が飛び、ロボットが活躍する。そんな時代なんです。あの頃はまだSFの中の話だった夢の技術が、もう手の届く所にあるんですよ。

『軍事ジャーナリストが明かすスパイとITの切っても切れない関係──グーグルは諜報機関の御用達!?』
(2011年10月号「IT業界禁断のウラ側」【軍事技術とIT事情の最前線】より)

 必要な情報の95%がネット上にある。現代はそんな時代らしい。誰でも簡単に出入りできる仮想空間の中にとんでもない情報が紛れ込んでいるかもしれないなんて、ちょっと興奮しないですか! いかがわしいサイトをサーフィンしていたら、機密情報に偶然出会ったりして……(笑)。ちなみにこの記事に出ている黒井文太郎さんとは、現役時代に東南アジアで数日間行動を共にした事があります! 頑張っているようで何よりです!

『“ホンモノ”の傭兵・高部正樹がレクチャー! SKE48が『重鉄騎』で学んだアイドルとして生き残る方法とは!?』
(2012年9月号「インタビュー」より)

 たかがゲームとバカにしてはいけない。最近のゲームに使われているCPUは最新兵器に応用できる程スペックが高い。家庭用ゲームのコントローラーでロボットを操作し、ゲームセンターのようなコックピットで無人機を操縦する。近未来の戦争は、きっと限りなくゲームに近づくんじゃないかな! それにしてもSKE48のふたりは本当に可愛いかったです。地元愛知LOVEの私としては、愛知の誇るスーパーアイドルSKE48、しかも推しメンの平松可奈子さんは絶対外せないので、この記事を選ばせてもらいました(笑)。

高部正樹(たかべ・まさき)
1964年、愛知県生まれ。高校卒業と同時に航空学生として航空自衛隊に入隊。しかし、訓練中に負ったケガにより、自ら除隊。その後、歩兵になることを決意し、88年より、当時ソビエト連邦の侵攻を受けていたアフガニスタンに単身乗り込む。90年代にはカレン民族解放軍に加わり、当時のビルマ(現・ミャンマー)からの独立闘争にも参加した。近著に、『戦友 名もなき勇者たち』(並木書房)、『実録!!傭兵物語~WAR DOGS~』(双葉社)、『傭兵が教える危機管理の心得』(文芸社文庫)など。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論