サイゾーpremium  > インタビュー  > 【SKE48×傭兵】『重鉄騎』で学ぶサバイバル術
インタビュー
【特別企画】SKE48にじゃんけん選抜で勝ち抜くコツを伝授!?

“ホンモノ”の傭兵・高部正樹がレクチャー! SKE48が『重鉄騎』で学んだアイドルとして生き残る方法とは!?

+お気に入りに追加
(写真/三浦太輔 go relax E more)

 今年6月21日に発売されたXbox 360・Kinect専用ソフト『重鉄騎』(カプコン)。「世界中のコンピューターが通称“シリコンカビ”というバクテリアによって停止し、インフラが機能しなくなった近い未来。やがて、世界情勢は大きく変わっていく。人々は荒廃していく世界でどう生き残るのか──」。うーん、ゲームの設定とはいえ、なんだか絵空事とは思えない!? そこで、ゲームが大好き! なSKE48・二次元同好会の中西優香ちゃんと平松可奈子ちゃんが“いくつかの戦場”を想定し、元“ホンモノ”の傭兵・高部正樹氏に生き残る方法を指導してもらうべく出動。『重鉄騎』では、戦場では、AKB48のシングルの選抜入りをかけたじゃんけん大会では! どう戦えばいいのか!?

──元傭兵と現役アイドルって異色の組み合わせですが、実は共通点もあって、SKE48(以下、SKE)のお2人と同じく高部さんも愛知県ご出身なんですよね。

高部正樹(以下、) そうなんですよ。今も1年のうち、半分くらいは愛知で過ごしているので、SKEさんのテレビ番組はよく拝見しています。『SKE48の世界征服女子』(中京テレビ)は毎週録画していますし、お2人がレギュラー出演されていた『ぶっつけ!!』(東海テレビ/放送は11年で終了)も好きでした。

平松可奈子(以下、) えー!『ぶっつけ!!』にレギュラー出演していたのなんて、もう2年くらい前のことなのに……。

中西優香(以下、) そんな前からご存じでいてくださったとは。うれしいです。ありがとうございます!

──さて、そんな高部さんと共に、6月21日に発売されたXbox 360・Kinect専用ソフト『重鉄騎』(カプコン)を先ほどプレイしていただきましたが、いかがでしたか?

 まず、私は家庭用の体感型ゲームというものを今までやったことがなかったので、Kinectの操作性にビックリしました。「今のゲームは、こんなに進化しているのか!」って(笑)。

 すごいですよね。鉄騎【編註:ゲーム中の架空の戦闘用二足歩行兵器のこと。戦車がベースになっている】を操縦するために起動レバーを動かしたり、敵を砲撃するためにペリスコープを覗いたり……と、一連の操作をコントローラーだけでなく体も使って行うことで、より臨場感が味わえるようになっている。僕も感動しました。

──戦闘中に同乗している仲間が錯乱して逃げ出そうとしたら、手で制止する動作をして、さらに正気に戻すために殴る動作をするという、体感型ならではのちょっとしたお楽しみも満載でしたね。中西さんなんて、ボッコボコにしてましたし。

 本当は殴るより撫で回してみたかったんですけど、あのシーンでは殴ることしかできなかったので、つい……。そしたら逆上した相手に殴り返されました(笑)。可奈ちゃんはプレイしてみてどうだった?

 パイロットとしてのプレッシャーが半端なかった(笑)。ほかのアクションゲームでは、ちょっと敵に撃たれても「やばーい」で済むけど、これは……。撃たれるたびにコックピットのガラスがどんどん割れていって、最終的には前方がまったく見えなくなって、そうなったら「ああ、もうダメだ」ってあきらめるしかないじゃん。

 確かに、攻撃を受けるたびにつらくなる気持ちはよくわかる。ふと横を見たら、同乗している仲間が血を流してケガしてたりするんだもん。

──従来のアクションゲームとは違い、ヒットポイントを示すゲージがないので、鉄騎の損傷具合や仲間の状態から判断するしかないんですよね。その辺もリアリティがあります。

 攻撃されている時に仲間たちが焦りだす感じも妙にリアルだから、つられて可奈もパニック起こして、どうしたらいいのかわからなくなっちゃいました。それで思ったんですけど、世の女子たちは好きな人ができたら、彼に『重鉄騎』をプレイさせてみるといいかもしれない。

 それ、いいかも!ゲームとはいえリアルな極限状態が体験できるから、彼の本質が垣間見られそうだよね。“いざという時に冷静でいられるか”とか。

 それは斬新な使い方ですね(笑)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』