サイゾーpremium  > 連載  > ダンディ長瀬ハワイのセクハラAV問答  > 【連載】DANDY長瀬ハワイのセクハラAV問答
連載
DANDY長瀬ハワイのセクハラAV問答【16】

ダンナと一緒に痴漢プレイ!? アダルトグッズメーカーの淫乱広報が語る赤裸々過ぎる“性”活

+お気に入りに追加

──“ちょいワル”AVメーカーの社員監督が一般女性とセクハラ対談!!

今月のセクハラ問答相手

1301_dandy.jpg

アダルトグッズメーカー広報
笠原鮎美さん(29歳)
「SSIジャパン」〈http://www.ssi-japan.net/〉というアダルトグッズメーカーで広報を担当。ただ今新婚ラブラブ中。

長瀬ハワイ
愛知県のバネ工場の次男坊。“ちょいワル”AVメーカー・DANDYが誇るマニア系社員監督。

長瀬ハワイ(以下、) 今回のゲストはアダルトグッズメーカーの方なんですが、実はダンディの作品ってあんまりオモチャが出てこないんですよね。

笠原鮎美(以下、) そうなんですか。今回の作品には、鏡を使ってバイブオナニーをしているシーンがあったけど、珍しいんですね。

 やっぱり「チンポが一番だろ」って思いが強くありまして。

 それはホントにそうで、オナホールはマンコの代わりになっても、バイブはチンコには勝てないんですよ。なんだかんだいっても、ぬくもりのある男の人のあの硬さが一番だと思います。長瀬さんはプライベートでもオモチャ使ったりしますか?

 電マは使ったりしますね。でも女の子がすぐイっちゃうので、イカセないようにして楽しんだりとか。

 それは正しい! 電マって刺激が強すぎるから、慣れるとマンコの感度がバカになっちゃう(笑)。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年12月号

"異能作家"たちが語る「文学、新宿、朗読」論