サイゾーpremium  > サイゾーレコメンド  > 放送作家・山名宏和オススメの記事3選
あの有名人&識者が選ぶ「サイゾー」レコメンド!

人気放送作家・山名宏和が選ぶ――ぼくが「サイゾー」連載から逃げるきっかけになりそうな記事3本

+お気に入りに追加

――人気放送作家の鮫肌文殊氏と山名宏和氏が、知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問を直撃解決!する連載「だから直接聞いてみた」。現在同企画は、「ビジネスジャーナル」に場所を移し、鮫肌氏・山名氏の後輩放送作家である林賢一氏も加えて連載中だ。今回は放送作家である山名氏に、テレビ業界で働きながら、テレビメディア批判を展開するサイゾーで働くヤバさについて聞いた。

【山名宏和さんが選ぶ「ぼくがサイゾー連載から逃げるきっかけになりそうな記事3本」】

『外国人も呆れる"エセチャリティ" 『24時間テレビ』 最大の過ちとは?』
(2009年9月号「ニュース」

『芸能人の「慰安番組」が跋扈する"下流メディア"テレビの瀕死ぶり コラムニストの小田嶋隆が語るこんな司会者は消えろ!』
(2008年7月号「提言!「死んだテレビ」は再生できるか」より)

『フジテレビに嫌われたヘキサゴンとファミリーたちの行く末』
(2011年11月号「ニュース」

1212_yamana_book.jpg
だから直接聞いてみた

「ウチで連載していて大丈夫ですか」
 
「サイゾー」本誌で連載をしている頃、編集者から、よくそう聞かれた。

「どういうことですか」

「まわりから何か言われませんか」

「サイゾー」には僕が構成として参加している番組や、番組出演者に関するきわどい記事がしばしば載る。その情報源が僕ではないかと、現場で疑われていないか心配してくれていたのだ。

 幸いにして、なにか言われたことは一度もない。かといって、みんなが「サイゾー」を読んでいないわけではない。「サイゾー」はテレビ業界でも、愛読者の多い雑誌のひとつである。現に「連載読んでます」と言われたことは何度もある。連載は連載、記事は記事とみんな割り切ってくれているのか、あまり深く考えていないのかのどちらかだろう。

 ただ編集者が心配してくれた気持ちもよくわかる。

「サイゾー」は、芸能界やテレビ番組について、かなり踏み込んだ記事が多い。あまたある雑誌の中でも、毎回ここまで踏み込む雑誌はない。

 今回、選んだ3本の記事は、数ある踏み込んだ記事の中から、中辛なものを選んでみた。もちろん、もっと激辛の記事もある。だが、それは後で読む時のお楽しみにとっておこう。

 それにしても、毎回よく取材しているものである。

 だいたい、記事中に出てくる「番組関係者」や「放送作家」っていったい、誰なんだ。

 一応言っておくが、僕ではない。実は何度か、「山名さんだとバレないようにしますので」と情報提供を求められたことがある。「大丈夫ですか」と心配してくれる一方で、危ない橋を渡らせようとする、まるでヤ○ザのようなやり方、さすが掟破りな雑誌を作る編集者である。だが、僕ももう少し放送作家として仕事を続けていきたいので、その依頼だけは断ってきた。

 話を戻す。

 だから、誰なんだ「番組関係者」って。時には、現役と思しきマネージャーの証言も出てくる。どうやって彼らに近づき、情報を引き出しているのか。かつて、某週刊誌が絶好調の頃、使える使えないは別にして、情報を提供してくれたら一律○万円やると番組関係者に声をかけて回っていたという話を聞いたことがあるが、『サイゾー』にそこまでの金があるとは思えない。じゃあ、どうしてるんだ? 枕取材か。「サイゾー」に、そんな美人編集者がいるとも思えない。あの取材力は、謎である。

 それにしても、踏み込んだ記事の数々は、どこまで真実なのだろうか。

 放送作家にもいろいろなタイプがおり、テレビ局の人間関係に詳しい奴がいたり、芸能人や芸能プロダクションと親しい奴がいたりするが、僕はどちらでもない。業界事情に疎いほうだ。そんな僕でも二十年近く、放送作家をしていれば、伝え聞く裏事情がある。それと『サイゾー』の記事が合致することはある。だから、真実はある。真実の割合が100%なのか10%なのかはわからないけれど。

「ウチで連載していて大丈夫ですか」

 今後も、そう心配され続けたい。記事を読んで、「これさすがにヤバくないか」と驚きたい。そして、本当に自分の放送作家生命が脅かされそうになった時は、すかさず逃げる。現在、「ビジネス・ジャーナル」に連載中の『だから直接聞いてみた』から僕がいなくなった時は、つまりそういうことです。

山名宏和(やまな ひろかず)
1967年、東京にて誕生。放送作家。『行列のできる法律相談所』『ザ!鉄腕!DASH!!』(共に日テレ系)などを手がける。12月から『100KAIDAN』をYouTubeではじめました。多彩な出演者が、小さな怖い話を語ります。お暇な時に、ぜひ探してみてください。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年2月号

日本のタブー

日本のタブー
    • 【芸能界】権力構造とパワハラの闇
    • 【女性の社会進出】で浮き彫りになった問題
    • 【ヤフーニュース】という怖い権力
    • 【ヤフトピ】が抱える懸念点
    • 【GREEN KIDS】が紡ぐ移民の歌
    • 【共産圏】らで禁忌化するラップ
    • 風水が後押しする【タッキー】社長就任
    • 【豊川稲荷とメリー喜多川】の共鳴
    • 不正入試で揺れる【医学部】の闇
    • 米国の【大麻解禁】と処方薬汚染
    • 【処方薬】の犠牲になったポップスター
    • 塗り替えられた【五輪ユニフォーム】
    • 【原発と精神病院】そして戦後日本
    • 慰めとしての百田尚樹【日本国記】
    • 【ストロング系チューハイ】レビュー
    • ストロングゼロが霞む【米国】ヤバい酒

小阪有花、危険なエロス

小阪有花、危険なエロス
    • 元祖タブーグラドル【小阪有花】

NEWS SOURCE

    • ヤリ手社長の徹底管理!【米津玄師】の実態
    • 【官邸ポリス】と警察官僚内紛の点と線
    • 【ネットフリックス】でテレビ業界崩壊?

インタビュー

    • 【宮下かな子】姉御肌女優の管理術
    • 【舐達磨】シーンをかき回す熊谷のラッパー
    • 【金属バット】劇場出禁!? 異端漫才師の生き様

連載

    • 【長澤茉里奈】ストロング系なんです。
    • 【犬童美乃梨】筋トレ女子、秘密の習慣
    • いとしの【戸田恵梨香】
    • 自由な【インターネット】は終わった
    • 一茂、良純【中年ジュニア】の時代が到来
    • 知られざる【北島三郎】まつり話
    • 【スタバ】を襲う謎のコーヒー起業家
    • 【Zapp】ロボット声の魔力
    • 町山智浩『運び屋』
    • 【ゴーン前会長逮捕】から考える社会の劣化
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/憎みきれないハゲダルマ
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【ちびまる子ちゃん】がその他大勢に与えた救済
    • 【スヌープドッグ】のローライダーを塗った男
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 不死鳥のごとく蘇った【天才ブルワー】
    • 【ゲイメディア史】群雄割拠時代の幕開け
    • 幽霊、呪われた平成と世直しの幻想。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』