サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > 【アニメ誌】が絶対に書かないオタク業界の闇
第1特集
不祥事も隠蔽!? オタク業界のタブー大全【1】

不祥事で人気声優が移籍!? アニメ誌が絶対書かない、隠されたオタク業界の”闇”

+お気に入りに追加

――日本を代表する文化であるアニメ、ゲームといった“オタク”文化だが、これらオタク業界のゴシップやタブーといった話題がメディアの俎上に上ることはそう多くない。業界内で封殺されることも多いというオタク界隈のタブーを、関係各所に聞いて集めてみた――。

1210_otaku.jpg
シリーズ初のMMO(大人数同時参加型オンライン)RPGとして、今夏発売された『ドラゴンクエストX』。"ダイス賭博"といった微妙な問題も取り沙汰されたが、業界内外では評判も高い。

 アニメ、声優、ゲームといったオタク文化が、日本を代表する文化と呼ばれるようになって久しい。

 テレビアニメ『けいおん!!』の主題歌CDが2010年8月16日付のオリコン週間ランキング2位を獲得するなど、アニメや声優のCDがチャート上位を席巻することは、もはや珍しくない。『NHK紅白歌合戦』にも3回連続出場している人気声優・水樹奈々は、10年に声優として史上初のオリコンシングルチャート1位を獲得。さらに11年末、東京ドームで2日間にわたるコンサートを成功させた。

 その勢いは映画業界にも及んでいる。現在公開中のアニメ映画『おおかみこどもの雨と雪』は公開1カ月で興行収入30億円を突破。12年の映画の年間興行成績ランキングでトップ10入りするのはほぼ確実視されている。さらに、ハリウッドでは『メタルギアソリッド』『ワンダと巨像』など、国産ゲームを題材とした実写映画が続々と製作決定している状況だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年11月号