サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 【社会】読モを食い物にした鬼畜ギャルサー代表の淫行

――去る7月12日から13日にかけて、複数のメディアが、ギャルサークル主催の男が少女へのわいせつ容疑で逮捕されたと報じた。その中のひとつ、7月13日の毎日新聞朝刊東京版では、事件についてこう報じている。

1209_fukui.jpg
2012.7.12 逮捕されるや、福井の画像はあらゆるネットメディアに転載された。その鬼畜なヤリクチに批判が集まったが……。

〈「雑誌に出られる」と誘い女子中学生にわいせつな行為をさせたとして、警視庁少年育成課は12日、女子中高生サークル「ハローDJフクイプロジェクト」(通称ハロフク)主催、福井雅啓容疑者(43)を児童福祉法違反容疑で逮捕したと発表した。(中略)少年育成課によると、福井容疑者は同3月、ブログの写真を見て女子生徒を気に入り、偽名を使って「ハロフクに入りませんか」と勧誘。撮影会に参加させた後、「俺が気に入った子は雑誌のモデルになれる」と話してホテルに誘っていた。〉

 容疑の内容は大方このようなもので、よくある淫行事件にも見えるが、特筆すべきはその「ハロフク」の規模であろう。ハロフクは、全国に23支部ある「渋谷系ギャル」のサークルで、福井容疑者が99年に結成。登録者は約8500人に上り、少女たちはピラミッド型に格付けされていたという。さらに、「週刊文春」(文藝春秋/8月2日号)では、「コンドームもつけずに打たれ(ヤラれ)た。暴力団の名前を出したり、『雑誌に出さないぞ』『別れるならカネを払え』と言われた」という被害者の少女の声を掲載している。

MEMOギャルサー
主に10代のギャルによって組成されるサークル。2000年頃から渋谷を中心に多く見られ、大手サークルの活動は「Popteen」(角川春樹事務所)、「egg」(大洋図書)などのギャル系雑誌に紹介され、中高生の間で話題となる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』