サイゾーpremium  > 特集  > 電通・みずほ・トヨタ・ANA.........

──言わずもがな、マスコミ最大のタブーは、広告という「飯のタネ」を提供してくれる数々の大手企業のスキャンダルだ。特に就職先としても人気の高い優良企業は、膨大な広告費を持つゆえ、いいイメージばかりが流布される。「裏の顔」があることは誰もがわかっているのに......では、そんな虚飾に満ちた企業の実態を知るに最適な本はないものか?

bs_ninki_02.jpg
(正木 猛/写真)

そこで、"企業に最も嫌われている評論家"として、忌憚ない企業批判を展開してきた佐高信氏の元を訪ねた----。

佐高(以下、) そもそも、いまだに若者には、企業、特に日本を代表するような大企業は素晴らしいものだという誤解があるよね。でも、企業は、封建制で成り立っているもの。江戸時代の藩と一緒なんだよ。トヨタ藩であり、松下藩である。だから社長は世襲が多いし、従業員には言論の自由もないから、企業にとって不都合な情報は表に出にくい。そんな中で、企業の実態を知るために読むべきなのが、経済小説だね。

──でも、小説ということは、フィクションですよね?

 いや。経済小説は、基本的に実在する企業や人物をモチーフにしているし、ノンフィクションより緻密な取材をしている。売れっ子作家は、取材費もそれなりにかけられるから、情報も濃い。一方、ルポやノンフィクションの場合は、広報部を通して企業内部を取材をすることがほとんどだ。そのほうが楽だし、訴訟などのトラブルも避けられる。雑誌を持つ大手出版社は、広告的な付き合いもあるしね。でも、それじゃ、企業側に都合の悪いことは書けっこない。

──小説のほうが、ノンフィクションより真実に近いという、ねじれ現象が起きていると。

 そう。小説なら、企業名や人名を変えることで、ギリギリのことが書ける。特に故・城山三郎さん、清水一行さんという作家は、周辺取材だけで、作品に登場する人物のモデルには会わないんだよね。会わないからこそ、遠慮なく事実に迫ることができる。もちろん、脚色された部分はあるけど、本質的な部分は、事実とそう異ならない。だから、結局は名誉毀損で訴えられたり、抗議を受けるのも、小説のほうが多いんだよ。かつては、故・梶山季之の『生贄』(徳間書店)という本があった。日本のインドネシア賠償に絡んだ汚職をモチーフにしたものだけど、インドネシアへの"生贄"として、日本人女性が大統領に嫁ぐんだ。モデルはもちろん、デヴィ夫人だけど、その後、彼女に訴えられて絶版になった。高杉良さんの『濁流』【1】では、ある政界フィクサーをモデルにしてるけど、「週刊朝日」(朝日新聞出版)連載中にモデル本人から内容証明郵便が山ほど届き、連載中に主人公の名前を変更したことがある。だけど、どちらも、すごく面白い。

──経済小説は、ジャーナリズムでもあると。

 その側面は強いね。日本の小説というのは、明治以来、私小説の類ばかりで、サラリーマンからすれば、そんな青っちょろい話は読めないでしょ。病気になった奥さんの下着を洗うような話とか。そこで、ジャーナリスティックな書き手による経済小説が生まれた。企業というのは日々、権力争いやら不正やらが行われているドラマの宝庫だからね。しかも、そうした闇を表に出すことは、社会的に意味があるわけだから。

──なるほど。ちなみに、リクルートの就職人気企業ランキング(08年度)のトップは、みずほフィナンシャルグループで、2位が全日空、3位に三菱東京UFJ銀行です。これらの企業に関する経済小説で、お勧めの作品はありますか?

 銀行が1位と3位? 驚きだね。銀行なんて、封建社会の最たるもの。こんなところに入りたいバカがいるかっていう話だよ。いかに、銀行の実態が知られていないかがわかるね。経済小説の舞台でいちばん多いのは、銀行なんだ。なぜなら、いちばん腐っているから(笑)。でも、銀行はイメージ産業だから、その腐敗ぶりを隠そうとする。そこにつけ込むのが、総会屋。結局、銀行内で権力を握る者は、闇社会との付き合いも必然的に生まれる。こうした企業と闇社会との話が、経済小説の大きな流れのひとつだな。城山さんの出世作は、総会屋を描いた『総会屋錦城』【2】。清水さんの出世作『虚業集団』【3】のモデルは、芳賀龍臥。芳賀といえば、のちに西武の利益供与事件で逮捕される総会屋だよね。みずほに触れた作品の代表格である、高杉良さんの『金融腐蝕列島』(角川文庫)も、みずほの前身・第一勧業銀行をモデルに、銀行と総会屋など闇の勢力とのつながりを描いている。同行は、第一銀行系と勧業銀行系が、たすきがけで人事を決めていた。そこに総会屋がつけ入るスキができたわけ。それを教訓に、次の合併では、第一勧銀と富士銀行と日本興業銀行の3行合併をした。3行なら、たすきがけができないからね。それでも、頭取をどこが出すかでモメて、ATMの主導権争いでトラブルも起こした。こうした経緯は、高杉さんの『銀行大統合』【4】に詳しいよ。

──ランキング2位の全日空は?

 これも信じがたい。日本航空よりはマシということか(笑)。航空会社というのは、ポリティカル・カンパニーなんだよ。つまり、政治に首根っこ押さえられているのね。日航には政官界工作のため、族議員に100枚綴りの無料航空券を配り歩く部隊があったし、全日空にはロッキード事件があった。そこでは、右翼の黒幕・児玉誉士夫とのつながりまでがあったわけだ。こうした舞台裏は、本所次郎さんの『金色の翼』【5】に書かれている。

信じるに足る経済小説の選び方

──さらに、4位はトヨタ、日立が5位、6位が電通です。

 日立でいえば、三好徹の『白昼の迷路』【6】というのがある。IBM産業スパイ事件の話なんだけど、この話を書くキッカケは、三好さんの友人の息子さんの自殺なんだよ。日立に入った彼は、新入社員の時に政治的な意識もなく、労働組合の大会をふと覗いた。するとその後、会社側から、社員寮で私物検査をやられる。「おかしいじゃないか」と抗議をしたら、問題社員のレッテルをはられ、さんざん追及された。挙げ句に精神に変調を来して、自殺をするという悲劇を生んだんだ。そこで、義憤に駆られた三好さんが、日立の問題を書くことになった。

──そのほかの2社、トヨタは広告出稿量が日本一の企業、電通はその広告を分配する元締め。まさに、マスコミの2大タブー企業ですね。

 この2社は、出版社からしたら小説としても扱いづらいようで、お勧めできるのは、大下英治の『小説電通』【7】くらいかな。まさに電通が広告という飴を使って、メディアをコントロールしているさまを描いている。あとは、小説ではなく、手前味噌になるけど、(佐高氏が発行人を務める)「週刊金曜日」(金曜日)でのルポをまとめた『トヨタの正体』【8】と『電通の正体』【9】は読んでほしいね。巨大化と合理化によってさまざまな弊害を生み出すトヨタと、広告に汚染された現代社会で隠然たる力を持つ電通の実態に迫っているから。いずれにせよ、就活中の学生には、会社案内やリクルート本だけじゃなくて、経済小説も読んでもらいたいな。もちろん、社会人にとっても最低限の常識だよ。

──経済小説を読むことの意味はわかりました。しかし、読んでみると、ちょうちん小説だったりすることも多いんです。いい経済小説を選ぶ基準ってありますか?

 作家で選ぶのは、重要だよね。城山、清水、高杉。売れっ子の中でいちばんダメなのは、江上剛(苦笑)。

──江上さんは元第一勧銀マンですが、佐高さんもかつて推薦していませんでしたっけ?

 最初は、オレと高杉さんは推したんだけど、そのあと、木村剛が創設した日本振興銀行の社外取締役に就任したんだ。表向きは、まったく関係がないように見せているけどね。この前、朝日新聞の城山三郎さん追悼記事に、江上がコメントを寄せていてびっくりしたよ。彼は城山さんが、いちばん嫌うタイプだよ。そのときの朝日の記事は、ひどかった。江上のほかに、牛尾治朗ウシオ電機会長や、平岩外四元経団連会長に、城山作品を語らせている。牛尾は、リクルート事件で失脚していた人。平岩は、城山さんの作品の中で、『粗にして野だが卑ではない』(文春文庫)を推しているんだけど、この作品は勲章を拒否した実業家・石田礼助の話だよ。それを、勲章を喜々としてもらった平岩が推薦してどうする? 朝日の経済部も、もう少し経済小説を読んだほうがいいわな。

(和田キヨシ/文)
[07年6月号所収]

bs_ninki_11.jpg

【1】『濁流 企業社会・悪の連鎖』(上・下巻)
高杉良/角川文庫(02年)/各680円
経済誌のオーナー・杉野は、新興宗教にハマる大物フィクサー。大企業や財界人の弱みにつけ込んでは、広告料などの名目で巨額のカネを集める杉野に、政官財界は翻弄され続ける。


bs_ninki_07.jpg

【2】『総会屋錦城』
城山三郎/新潮文庫(63年)/620円
「どの大企業にも、数匹、数十匹のダニがついている。用といえば、年に二回の総会ですごんだ声をかけるだけ」。株主総会やその裏で暗躍する総会屋のボスを描く直木賞受賞作品。


bs_ninki_03.jpg

【3】『虚業集団』
清水一行/集英社文庫(77年)/377円
戦後の混乱期に戸籍を消された上条健策は、独特の手口で手形の回った企業をそっくり食い続ける知能ギャング。モデルは、後に西武総会屋利益供与事件で逮捕される芳賀龍臥。


bs_ninki_08.jpg

【4】『銀行大統合』
高杉 良/講談社文庫(04年)/770円
第一勧業銀行、富士銀行、日本興業銀行の各トップは、金融界の大再編に着手した||。トップ同士の調整や会談など、メガバンク誕生の真相に迫る。


bs_ninki_14.jpg

【5】『金色の翼 暴かれた航空機商戦』(上・下巻)
本所次郎/読売新聞社(97年)/各1470円
運輸行政の裏で、米国の航空機メーカーからのリベートに群がる政官財の大物たち。ロッキード事件をモチーフに、元総理逮捕へと拡大する航空会社を舞台にした汚職を描く。


bs_ninki_05.jpg

【6】『白昼の迷路』
三好 徹/文藝春秋(86年)/1050円
1982年に起こった、IBMの機密を盗んだとして、日立製作所の社員が逮捕された産業スパイ事件がモチーフ。スパイ事件で明らかになった、企業と社員の冷酷なる関係を描く。


bs_ninki_04.jpg

【7】『小説電通』
大下英治/ぶんか社(03年)/1575円
メディアへの影響力を駆使して、ほかの代理店をメインにすえる企業をクライアントとして奪う、巨大広告代理店の実態を描く。四半世紀前の小説だが、業界構造は今も変わらず。


bs_ninki_12.jpg

【8】『トヨタの正体 マスコミ最大のパトロン』
横田一ほか/金曜日(06年)/1050円
〈プリウスは環境に優しくない〉〈最高級車レクサスと、100万円以上も安いマークXの構造は同じ〉〈格差が歴然とした労働環境〉......暴走する"世界のトヨタ"を徹底批判。


bs_ninki_10.jpg

【9】『電通の正体 マスコミ最大のタブー』
週刊金曜日取材班/金曜日(06年)/1260円
テレビや新聞、雑誌といったマスメディアのみならず、五輪や万博、そして、選挙や政局までも動かす力を持つまでに成長した電通の知られざるバックグラウンドをレポート。


経済小説は赤裸々に語る!
巨大企業の「不都合な真実」

闇社会との結びつき、派閥抗争、天下りの実態......経済小説が教えてくれる、巨大企業が抱える「闇」と「病理」の実態とは?

■自民党への服従ぶり
モデル〈日立製作所〉
『わが社のつむじ風』
浅川 純/新潮文庫(95年)/571円

bs_ninki_17.jpg

日出製作所の社員である主人公が命じられたのは、「選挙実行部隊長」として、タレント候補である山京照子を当選させること。社宅に住む妻からの「どうして?」という問いに、主人公は「自民党からの割り当てだ」。「そんなの民主的じゃないわ」との妻の非難には、「会社は、もともと民主的じゃない」と答えて、選挙で初めて自民党候補に投票する。選挙の結果は、トヨタ自販グループが推した候補の260万票には及ばなかったものの、山京も125万票を獲得して当選。「こんなに大量得票するなら、あんなにしゃかりきになるんじゃなかったな」と、主人公は自嘲する──。


■闇社会との交わり
モデル〈みずほ銀行(旧第一勧銀)〉
『金融腐蝕列島』(上・下巻)
高杉 良/講談社文庫(02年)/各650円

bs_ninki_15.jpg

大手都銀副支店長の主人公は、総会屋対策のポストに異動を命じられる。そこで、頭取の娘が、広域暴力団とも関係の深い青年実業家と不倫しているという情報を入手。この実業家は地元の支店ではすでに融資をストップさせられていたが、銀行側に融資を要求。娘からも懇願された頭取からの指示で、主人公は不正融資に応じてしまうが、実業家からの要求はさらに続く。主人公は問題を解決する仲介役として大物総会屋に接触。銀行側と総会屋の連絡係として問題解決にあたるが、怪文書も飛び交い、さまざまなトラブルに巻き込まれることになる──。


■天下りと入札の裏
モデル〈大林組〉
『告発』
鬼島紘一/徳間書店(00年)/1785円

bs_ninki_16.jpg

旧国鉄用地の入札を独占したゼネコン大手の難波組。その手口は、入札を実施する鉄道用地管理公社の役員を天下りに招くというもの。それまでも国鉄OBを受け入れてきたが、大規模な入札を控え、土地処分に辣腕をふるってきた同公社の元理事を招きいれることに成功。汐留A街区の入札では、移動情報通信事業のMMCが本社建設を計画しており、なんとしても入札したい難波組は、有名な不動産鑑定事務所に汐留の鑑定評価を依頼し、落札価格を予想。そのうえで元理事の影響力を利用して、競争相手の入札価格を入手し、A街区の落札に見事成功する。


■派閥抗争の冷酷さ
モデル〈全日空〉
『三人の賢者』
清水一行/徳間文庫(01年)/580円

bs_ninki_18.jpg

エアライン・日空で、名誉会長、会長、社長が揃って辞任するというお家騒動が起きた。30年にわたって君臨してきた天下りの名誉会長は、アメリカの航空機メーカー・ロック社が日本への旅客機の売り込みに絡み、時の首相まで逮捕されたロック社事件にかかわり有罪判決を受けている。表面的には、生え抜き社長が、老害化した名誉会長、会長を追放するために、社を思い"無理心中"を図ったようにみられたが......実際は、社長も自らの体制作りに傾倒し、出世欲に固まった役員らを巻き込んだ、後継社長人事をめぐる、暗闘の末のクーデター的な辞任劇だった──。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ