サイゾーpremium  > 特集  > 生存率ナンバー1はフジテレビ!! 財務か...

トップを独走する視聴率で、事業を操る

1201_fuji_ill.jpg
極端な制作費削減のしわ寄せは、外注先にきている場合があり、ブラック企業化させているかも?

■生存度第1位
フジテレビ

【企業データ】
[正式名称]株式会社フジ・メディア・ホールディングス
[本社所在地]東京都港区台場2-4-8
[代表者]代表取締役社長 豊田皓
[設立]1957年11月18日(2008年10月1日持株会社化)
[従業員数]5883人
(平成23年3月31日現在。子会社を含めた数)
[売上高営業利益率]4.5%(平成23年3月期)
[総資産経常利益率]4.0%(平成23年3月期)
[自己資本比率]63.1%(平成23年3月期)


1201_fuji_g.jpg

【事業構成】
放送事業(テレビとラジオ)、制作事業(放送番組の企画制作など)、映像音楽事業(オーディオ・ビデオソフトなどの製造販売、音楽著作権管理など)、生活情報事業(通信販売、新聞発行など)、広告事業など


1201_fuji.jpg

■放送事業で利益を得つつ、放送外収入も順調に伸びる
ゴールデン、プライム、全日の3枠で7期連続視聴率トップとなったフジテレビ。放送事業による売上は前期比-0.2%と引き続き減少しているが、制作費が前期を下回り(前期比3.0%)、経費削減により利益は前年同期比0.3%の増加となった。さらに総資産経常利益4.0%と、堅調な放送事業のソフト力を使い、映像・音楽事業やイベント事業など多角的に展開する放送外事業も順調に利益を出している様子。なかでも、サンケイリビングやディノスなどの生活情報事業は売上高で放送事業に次ぐ全体の19.4%を占め、1266億5千9百万円を売り上げる。一番安定した局だといえる。

※単位:百万円(以降同)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』