サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 【原辰徳】の息子も火遊び好き?

 読売巨人軍監督・原辰徳の悩みの種は尽きない。

51u98lVNJjL._SL500_AA300_.jpg
「リーダー原辰徳84の言葉」(東邦出版)。

 周知のように"巨人愛"を注いできた球団は、首領・ナベツネと清武前球団代表との内紛が泥沼化。さらに今年は、甥っ子に当たる東海大学の菅野智之投手がドラフトの目玉選手として注目を集めたが、指名権を獲得したのは北海道日本ハムファイターズ。原監督同様に"巨人愛"を公言してきた菅野投手であるが、このままいけば江川卓や元木大介と同様に浪人生活を選択することになりそうだ。

 目下、原監督が頭を悩ませているのは、巨人の内紛でも、甥っ子・菅野の進路でもないようだ。

「"不肖の息子"の行状ですよ。原の長男は2010年12月に高級ワインを輸入する会社を立ち上げたことが報じられましたが、とにかくデキが悪い。立ち上げた事業にしても、取り巻きに利用されているだけともっぱらです」(スポーツ紙デスク)

 残念ながら長男には野球の才能はなかったようで早々に見切りをつけており、現在は明子夫人の母校でもある慶應義塾大学に通う大学3年生。幼稚舎からそのまま進学したようだが……。

「茶髪にロン毛のイマドキの若者で、スポーツ紙の番記者たちが夜討ち朝駆けで原の自宅前で待っていると、フラリとこの長男が出てくるんですが、挨拶してもガン無視。記者の間では"チャラさん"と呼ばれています(笑)」(スポーツ紙記者)

 もちろんこの程度であれば、有名人の子息にはありがちな話。だが実はこの長男、高校生の頃から「父親は自分の友だちに会う度に数万円を渡す癖がある」「父親に酒を飲まされて泥酔した」と、ミクシィに書き込み週刊誌に報じられたこともある"問題児"でもあるのだ。

MEMO赤西軍団
ご存知、KAT-TUNの元メンバー・赤西仁を中心とした芸能人仲間の総称。関ジャニ∞の錦戸亮や俳優の城田優、同じくKAT-TUNの田中聖らが中心人物とされ、六本木を中心に目撃談が多い。

「昔から酒好きだったようで、父親名義のプラチナカードをチラつかせながら豪遊しており、自慢は父親に買ってもらった800万円の高級外車。クラブに顔を出すと、店にいる全員に酒を振舞ったり、タレントやグラドルをはべらせて毎晩夜遊び三昧だった。フジテレビで『キャンパスナイトフジ』が放映されていた頃は、よくキャンパスナイターズをはべらしていましたね」(六本木関係者)

 今ではいっぱしの遊び人として、夜の六本木・西麻布界隈ではちょっとした有名人となっており、海老蔵事件でも話題になったクラブ「L」でも"主役的存在"なのだという。

「この店に出入りしている赤西軍団とも親しくて、赤西仁、錦戸亮、城田優といった有名タレントの友人も多い。店で有名人と知り合うと、高級焼酎の森伊蔵を配ったりして親しくなるんです。もちろん遊ぶ金は全部、親からもらった小遣いです」

 原監督自身は、東海大魂について記した本で教育論を展開したこともあるのだが、どうやら現実の子育てはうまくはいかなかったようである。

「周囲には、『親のコネでフジテレビの内定がもらえる』と吹聴していましたが、会社を設立したことからもその話は頓挫した模様。そもそも大学も、原の出身校ではなく慶應だし、読売傘下の日テレではなくフジテレビ……というところから、東海大愛、ジャイアンツ愛は皆無(笑)。さりとて、今のままでは妙なトラブルに巻き込まれかねません。この長男ではなく菅野投手が実の息子だったら、美しい物語になったんですけどね」(前出・スポーツ紙記者)

 周囲からは、「根は優しい息子なので、評判は悪くない」という声もあるが、原監督も"身内の悩み"に頭を抱える日は続きそうだ。
(岩木昌久)

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ