サイゾーpremium  > 特集2  > 日韓で活躍する女優・笛木優子が選ぶ「週2...

【選者】
笛木優子[女優]

 まだ日本に韓流ブームが訪れる前から、私はユミン(유민)という名前で、韓国でも女優として活動しています。20歳過ぎの頃、韓国専門チャンネルの放送を友人に録画してもらって観るうちに、自分が好きなタイプの映画やドラマが多いことに気づき、一念発起して韓国へ短期留学をしたことがそのきっかけでした。

1109_fueki_bamen.jpg
『愛の選択の』主演は、『人魚姫』『妻の誘惑』などで話題をさらったチャン・ソヒ!!/(C)SBS

 韓国ドラマの現場というのは、監督の力が非常に強く、キャスティングの権利も演出も、「PD」(プロデューサーディレクター)として監督が持っています。役者は完全実力主義で、本当にサバイバルみたいな感じですよ。

 亡くなったパク・ヨンハさんが出演なさっている『オンエアー』【1】は、そんな韓国ドラマの裏側を描いています。脚本家、演出家、事務所の社長、女優の4人が織り成す物語で、「こういう人現場にいる!」って感じ。ちょっと大げさな演出もありますが(笑)。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年4月号

マニアックすぎる業界(裏)マンガ

マニアックすぎる業界(裏)マンガ
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【田中圭一】SNS時代のマンガ編集者へ
    • 【中西やすひろ】お色気コメディマンガの今
    • 【西島大介】がサイゾーマンガ特集を解説
    • 【浦田カズヒロ】連載したのに単行本が出ない!
    • 【大橋裕之】ウマくてヤバい「グルメ 川崎」
    • 【見ル野栄司】スナックに現れるヤバい怪人
    • 【熊田プウ助】ゲイのハッテン場リアル放浪記

インタビュー

連載