サイゾーpremium  > 特集  > 元グラドル・川村ひかるが語る「ほしのあき...

――ダイエットといえば、1年中水着撮影が仕事のグラビアアイドルたちは、どのように体形を維持しているのだろうか? 元グラビアアイドルであり、現在は健康管理士として数々のグラビア仲間から相談を受けるという川村ひかるさんに、現役時代に見た、グラビア界の過酷なダイエット事情を聞いた。

1108_kawamura.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。(写真/田中まこと)

──川村さんはタレント業の傍ら、健康管理士や野菜ソムリエなどの資格を取得し、現在は食とダイエットに関するセミナー活動などを行われているそうですね。食生活に対する関心が高まったのは、やはり体形が重要視されるグラビアのお仕事をされていたことがきっかけで?

川村ひかる(以下、) そうですね。グラビアアイドルは、とにかく"水着になった時の映え方"が大事で、胸とウエストとお尻のバランスが取れていれば、多少ぽっちゃりしていても問題はないんですよ。いくら細くても、胸がなかったら水着は映えませんから。ただ、グラビアアイドルの中心世代ともいえる10代後半から20歳前後にかけては、やっぱり食欲も旺盛だし、お仕事をしていると食事をコントロールすることが難しくなってしまう。朝は撮影現場で用意されていたコンビニのおにぎりを食べて、昼も用意されたお弁当を食べて……というように、食事の内容を自分で選べないんです。

──食事制限をしようにも、その状況ではなかなかできませんよね。

 そうなんですよ。しかも、野菜があまり入っていないお弁当ばかり食べていると、必然的にビタミンやミネラルが不足してしまうので、当時は肌も荒れやすかったし、毎日疲れがたまっていました。今より10歳くらい若かったのに(笑)。それで「なんでだろう?」と思って調べてみた結果、自分が栄養不足であることがわかり、食について勉強するようになったんです。食べ物に関する知識があれば、たとえ食事の内容は選べなかったとしても、「3日後にグラビアの撮影があるから、おなかが出ないようにしなきゃ。じゃあ、糖質が含まれている白米は半分残そう」とか、いろいろと工夫ができるじゃないですか。それに「脂肪は女性ホルモンの構成成分のひとつなので、脂質を排除するダイエット法だと体付きがグラマーじゃなくなってしまうな」とか、"やってはいけないこと"もわかるようになってくる。雛形あきこさんが提唱されていた"唐揚げダイエット"【編註:脂肪とタンパク質を摂ってオッパイを減らさずに痩せる方法として実践していた、好きな唐揚げばかりを食べるダイエット】は、実は栄養学的にも理にかなっているんですよ。

──なるほど。周りのグラビアアイドルの方々も、同じように食生活には気を配っていたのでしょうか?

 今はどうかわかりませんが、私がグラビアのお仕事をしていた当時は、そこまで気を配っている子はいなかった気がします。「ご飯を食べる時は、腹八分目を守る」とか、その程度のことなら実践していた子はたくさんいましたけど。中には、ご飯は食べずにお菓子だけをずーっと食べているような、偏食の激しい子もいました。

──南明奈さんも、そのタイプだそうですね。好き嫌いが激しくて、大好きなお菓子は毎日食べているけど、野菜はもやしとキャベツしか食べられないとか。それでよくあの細い体形を維持できているものだと、感心しちゃいますが。

 たぶん、彼女は体の筋肉量が少ないため、糖分を摂っても太りにくい体質なんじゃないでしょうか。逆に私のような筋肉質なタイプは、糖分ばかりを摂っていると、筋肉が緩んで太りやすくなってしまうので、お菓子は控えて食事をきちんと摂ったほうがいいんです。細胞や体質は人それぞれ違うものなので、同じ食べ物を摂り続けていても、体に同じ変化が表れるとは限らないんですよ。「バナナダイエットで痩せようと思ったのに、逆に太っちゃった」という人がいるのは、そのためです。

──そういうカラクリだったんですね……。ところで、お知り合いのグラビアアイドルの中には、過激なダイエットを実行されていた方もいらっしゃいましたか? 例えば、"食べた後に吐く"とか。

1108_hoshinoaki.jpg
いや、嘘だと思うんですよ!  ほしのあきちゃんが肋骨抜いてるなんて! ちなみに、同じ噂が山咲千里さんにもあるそうです。真相やいかに。

 いましたよ。吐いてる子って、本人はうまく隠し通せているつもりでも、周囲にはバレバレなんですよね。いかにもおなかにたまりそうなガッツリした料理を完食した直後、トイレに行ったまま戻ってこなくなったりするので。あと、これは過激とはいえないかもしれませんが、"前日の夜から食事を抜いて、グラビア撮影に臨む"ということを実践していた子は大勢いました。これをやると確かにおなかは引っ込みますが、食事を長時間抜くことによって、体が飢餓状態になってしまうんです。そのため、反動でドカ食いしやすくなる上、食べた分の栄養素を体がスポンジみたいにどんどん吸収してしまうので、結果的に太ってしまうことが多いんですよ。そういうダイエットが一番よくない。リバウンドしてしまっては、意味がありませんから。

──おっしゃる通りだと思います。最後に、もうひとつだけお伺いしても……? 川村さんのご友人でもあるほしのあきさんについて、 「ウエストを細くするために肋骨を抜いた」との噂がまことしやかに囁かれているのですが、どう思われますか?

 そんな噂が流れてるんですか?事実無根だと思いますけど……。あきちゃんに「肋骨抜いたの?」って、聞いておきます(笑)。

川村ひかる(かわむら・ひかる)
1979年、東京都生まれ。タレントとして活動を続ける傍ら、健康管理士やアロマコーディネーターとしても活躍中。グラビア時代は巨乳ブームの仕掛人・野田義治会長率いる株式会社サンズエンタテインメントに所属。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年6・7月号

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論

目指すはK-POP? ジャニーズ進化論
    • 音楽業界からの【賛辞と批判】
    • 【芸能プロ】的戦略が抱える2つの“矛盾”
    • 令和の【ジャニーズ・シングル】20選
    • 20年代のジャニーズ【ミュージックビデオ】

移ろいゆくウクライナ避難者

移ろいゆくウクライナ避難者
    • 移ろいゆく【ウクライナ】避難者

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

サイゾーパブリシティ