サイゾーpremium  > 特集  > 古書専門店「まんだらけ」が推薦! "封印...
第1特集
知られざる封印マンガの市場と価値【3】

古書専門店「まんだらけ」が推薦! "封印"ビンテージマンガ高額5冊

+お気に入りに追加

──意外に価値がつかない封印マンガだが、もちろん高額で取引されているものもある。そこで、まんだらけスタッフに「現在店頭に置かれている作品」で高額をつけた封印マンガを5作選んでもらった。

※データは、作家の人気などから測った「需要度」、商品の希少性から見た「レア度」、作品の封印理由から測った「過激度」から算出しています。

「週刊プレイボーイ」が見送った菊タブー作

1104_hangouhou.jpg

『資料・反合法出版物噫』
1万8900円(73年発売/頒布価格550円)/作者:内田栄一/出版社:烏書房
1973年3月20日号の「週刊プレイボーイ」から連載開始された「噫日本共産党50年伝」の全19回と、お蔵入りとなった20回を収録した一冊。昭和天皇をマンガに登場させるだけでもまずいと思われるが、その上にベッドシーンがシルエットで描かれている。当然ながら「週プレ」では墨で塗り潰す処理をして連載終了となり、それに抗議をする意味で著者が制作した同人誌という体裁を取った自主制作。余談であるが、内田は若い頃に安部公房に師事した劇作家である。レア度、過激度は文句なしにトップクラスだが、手塚治虫や藤子不二雄に比べると人気需要という点で劣る。

[需要度]★★☆☆☆
[レア度]★★★★★ 
[過激度]★★★★★


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【河合優実】「森永 in ゼリー」CMで話題の若手女優
    • 【ACE COOL】「本当の己」と「ラッパーである己」を見極める
    • 【BALLISTIK BOYZ】EXILE TRIBEの末っ子、世界への跳躍

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』