サイゾーpremium  > 特集  > やっと声優歌手が日の目を見た──オタ歴1...
第1特集
アニソンブーム徹底検証!【3】

やっと声優歌手が日の目を見た──オタ歴15年のファンが歓喜の熱弁!

+お気に入りに追加
1011_anison3.jpg
『オタク市場の研究』

 目立って売れているとはいえ、J-POP市場からすれば、やっと認知されたかのような声優歌手たち。しかし長らく市場を支えてきたファンにとって「ついに時代がきた!」と、勝ちどきを上げんばかりの状況なのは間違いない。

 15年来の声優歌手ファンであるC氏は「今、崩壊しつつあるという音楽市場の中でも、声優歌手は安定した人気を維持している。それどころか、紅白に出場した水樹奈々をはじめとする声優の歌う楽曲が、少しずつだけど確実にJ-POPシーンの牙城を突き崩しつつある状況は、かつてメディアから『たかが声優ソング』と黙殺され、世間から"オタク文化"としてしか見られていなかった時代とは隔世の感がある」と、しみじみ語る。

 またC氏は、そんな声優ソングの魅力について「まず、声優ならではの美しい歌声は必聴です。ただ、ソレ以上に言いたいのは、老若男女問わず、みんなで歌えて、ノレる楽曲と歌詞なんです。カラオケで大盛り上がりできるんですよ。それがやっと世間にわかってもらえたんですよね!」と熱弁を振るう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年6月号

緊急鼎談“感染文学”のススメ

緊急鼎談“感染文学”のススメ
    • 【石丸元章×海猫沢めろん×吉川浩満】“感染文学”のススメ

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ