サイゾーpremium  > 特集  > もはや月9にキムタクは不要!? ドラマ評...

前編はこちら

──最近のジャニーズと言えば嵐が注目されていますが、1年前に古崎さんに話を伺った時は「二宮和也と松本潤が突出している」との話でした。

1010_hanadan_ill.jpg
月9で大成功をおさめ、確固たる地位を築いたキムタクと、『花より男子』でブレイクし、これからの活躍に注目が集まる松潤の両者だが新作では……。

古崎 松潤は『夏の恋は虹色に輝く』【10】で嵐のメンバー初となる月9主演を果たしましたけど、数字があまり良くないですね。我々ドラマファンから見ると、さまざまな文脈が読み込めて面白いのですが。

成馬 大きく飛躍したのは大野君ですよね。作品にもめぐまれたけど、特に『怪物くん』【11】はよかった。前段階として『銭ゲバ』【12】があったと思うのですが、マンガ的なキャラクターを、今の日本の風景の中に置くことで、面白い映像を生みだしていました。ドラキュラとかフランケンの格好した奴が現代の日本に普通に溶け込んでいる姿は結構、ショッキングで、現実と虚構が混ざり合ったような、現実を異界化するような表現にキャラクタードラマの可能性があるんじゃないかと思います。

宇野 櫻井君と大野君ら、近年は嵐の躍進が目立ったけど、彼ら以外では錦戸亮が注目です。僕は錦戸君のね、なんかこう「所在のなさ」みたいな部分が好きなんですよ。『てるてる家族』【13】で初めて錦戸君を意識したのですが、一生懸命やってるけど、所在がないところが可愛くて、それが『ラスト・フレンズ』【14】の及川宗佑役につながっている。あの、捨て犬のようなさびしそうな目に狂気が宿る瞬間が素晴らしい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和
    • 平和を願った【ジャニー喜多川】の戦後史
    • 【スピルバーグ映画】が訴える戦争
    • アメリカの【アトミック・カルチャー】
    • 【PTSDになった日本兵】の悲しき境遇
    • 【BTSDアメリカ兵】を描いた傑作映画
    • 米軍では反発も…【LGBT自衛隊員】の憂鬱
    • 戦争を金に!【トランプ】の魂胆
    • ドラッグ、殺人【米ラッパー】の司法戦争
    • アイドルが歌う【反戦歌】と音楽業界
    • 【激戦地区】の異文化と気候の地政学
    • 【映画監督・塚本晋也】ベトナム戦争映画のトラウマの意義
    • 【映画監督・想田和弘】GoProで撮影された映画で観客が失神
    • 【映画監督・宮崎大祐】戦争の記憶を掘り起こす異常な暴力映像
    • 【ラッパー・Kダブシャイン】禁断のアメリカ史を描いたフィルムメーカー
    • 【イスラーム映画祭主宰・藤本高之】中東紛争に肉薄した3作品
    • 卍とハーケンクロイツ【ナチスと仏教】の結びつき
    • 国防としての【サイバーセキュリティ】

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

NEWS SOURCE

    • 【関ジャニ錦戸】退所報道の舞台裏
    • 【ソニー】音楽ビジネス大改革の裏側
    • 【秋元司・内閣府副大臣】の疑惑とは

インタビュー

    • 【上原実矩】──"年金"で女優業に目覚める !?
    • 【田川隼嗣】──18歳が月9の現場で武者震い
    • 【釈迦坊主】──元ホストラッパーの光と闇

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』