サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > iPhone4が絶好調でもソフトバンクが...
ニュース
すべてはアップルの気分次第!?

iPhone4が絶好調でもソフトバンクが儲からない理由

+お気に入りに追加
1008_ns_iphone.jpg
絶好調のiPhone4(アップル公式HPより)。

 日本ではソフトバンクが独占的販売を行い、大ヒットとなっている、アップルのiPadとiPhone 4。iPadは世界中で300万台、iPhone 4も6月24日の発売から3日間で170万台の販売台数を記録した。しかしこの2つの機種をめぐっては、発売前の日本ではちょっとした悶着があった。既報の通り、要因となったのはiPadのSIMロックだ。発売直前まではSIMロックが解除され、ソフトバンク以外のキャリアでも使用できる見通しとなっていたが、土壇場でソフトバンク専用のSIMロックがかかることが発表されたのだ。

「大きな痛手を負ったのはドコモでしょう。ここ1~2年はiPhone目当てにソフトバンクへ乗り換えるユーザー数が増え、なんとか対策を打とうとしていた矢先、iPadまでもSIMロックがかかってしまった」(ケータイジャーナリスト・石川温氏)

 世界中で販売されているiPhoneだが、国内で1社のキャリアが独占販売をしているというのは、日本以外ではアメリカなどごく一部。そしてiPadについては、キャリアを限定するSIMロックがかかっているのは世界でも日本だけ。少なくともiPadがSIMロックフリーとなっていれば、複数の通信キャリアが参入し、ユーザーは通信費を含めた価格やサービスなど、選択の幅が広がるはずだった。そのため「ほかのキャリアからだけでなく、ソフトバンク以外のユーザーの間でも、iPadにSIMロックをかけたことについて非難の声が少なからず上がった」(同)という。では、なぜiPad発売の直前になってSIMロックがかけられるようになったのだろうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の