サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > iPhone4が絶好調でもソフトバンクが...
ニュース
すべてはアップルの気分次第!?

iPhone4が絶好調でもソフトバンクが儲からない理由

+お気に入りに追加
1008_ns_iphone.jpg
絶好調のiPhone4(アップル公式HPより)。

 日本ではソフトバンクが独占的販売を行い、大ヒットとなっている、アップルのiPadとiPhone 4。iPadは世界中で300万台、iPhone 4も6月24日の発売から3日間で170万台の販売台数を記録した。しかしこの2つの機種をめぐっては、発売前の日本ではちょっとした悶着があった。既報の通り、要因となったのはiPadのSIMロックだ。発売直前まではSIMロックが解除され、ソフトバンク以外のキャリアでも使用できる見通しとなっていたが、土壇場でソフトバンク専用のSIMロックがかかることが発表されたのだ。

「大きな痛手を負ったのはドコモでしょう。ここ1~2年はiPhone目当てにソフトバンクへ乗り換えるユーザー数が増え、なんとか対策を打とうとしていた矢先、iPadまでもSIMロックがかかってしまった」(ケータイジャーナリスト・石川温氏)

 世界中で販売されているiPhoneだが、国内で1社のキャリアが独占販売をしているというのは、日本以外ではアメリカなどごく一部。そしてiPadについては、キャリアを限定するSIMロックがかかっているのは世界でも日本だけ。少なくともiPadがSIMロックフリーとなっていれば、複数の通信キャリアが参入し、ユーザーは通信費を含めた価格やサービスなど、選択の幅が広がるはずだった。そのため「ほかのキャリアからだけでなく、ソフトバンク以外のユーザーの間でも、iPadにSIMロックをかけたことについて非難の声が少なからず上がった」(同)という。では、なぜiPad発売の直前になってSIMロックがかけられるようになったのだろうか?

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』