サイゾーpremium  > 特集  > 乙女小説にエロ表現を用いたタブー破りのレ...
第1特集
エロすぎる"女性向け官能小説"【1】

乙女小説にエロ表現を用いたタブー破りのレーベル「ティアラ文庫」が売れる理由

+お気に入りに追加

──少女マンガコーナーの一角に並べられる"少女小説"。これまで"少女が憧れる"さわやかなストーリーを描くことが常だったが、昨年誕生した「ティアラ文庫」には、これまでタブーとされていた"性描写"が積極的に取り入れられ、多くの女性に支持されているという。その理由とは一体?

1008_cover_otome.jpg
ティアラ文庫の公式HP。

 未成年の女性を読者に想定した、文芸の一分野「少女小説」。80年代後半に「集英社文庫コバルトシリーズ(現コバルト文庫)」や「講談社X文庫ティーンズハート(06年に刊行終了)」などのレーベルが巻き起こした"少女小説ブーム"の中、男女のプラトニックな恋物語が楽しめるライトノベルとして、人気を博していた分野だ。ところが、90年代初頭になると、女性向けに男性同士の恋愛を描く「ボーイズラブ(以下、BL)小説」が普及し、ブームはあえなく終焉。近年では"純粋系"少女小説は鳴りを潜めてしまった感が否めない。

 しかし、そんな少女小説業界に新風を吹かせたのが、フランス書院発売、プランタン出版発行により、昨年6月に創刊されたレーベル「ティアラ文庫」だ。「キスだけじゃ終わらない。新・乙女系ノベル」をコンセプトに、性描写のある少女小説を月に2~3冊のペースで刊行。出版物の取次販売会社・大阪屋発表の文庫本週間売り上げランキングにおいて、「少女小説は2週続けてランクインすれば及第点」といわれる中、ほぼすべての作品が2~3週にわたるランクインを果たす人気ぶりだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年6月号

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ