サイゾーpremium  > その他  > マンガ編集者の〇〇な関係とは? これから...
話題の中心独り締め! 時事ネタ知数レベルアップ案内

マンガ編集者の〇〇な関係とは? これからマンガ雑誌は生き残れるのか!?

+お気に入りに追加

premium_comic.jpg

──「日刊サイゾー」で話題のあの記事をただ読む以上に、さらなる知識を知りたいそんなアナタのために、話が100倍(当社比)膨らむ" プレミアム"な記事をサイゾー目線で厳選レビュー!

 近年、マンガ家による、出版社の待遇や編集者への不満に対する暴露が続いています。2009年2月末、『海猿』(小学館)や『ブラックジャックによろしく』(講談社)などで知られるマンガ家・佐藤秀峰が、自身の公式サイトにその半生を紹介する Webマンガを掲載。そこには、デビューに至る経緯やアシスタント時代の想い出に加え、編集部との軋轢や、少なすぎる原稿料への不満も描かれていたのです。人気作家にもかかわらず、週刊連載の原稿料では、アシスタントの人件費すら払えないことに読者は衝撃を受けたのではないでしょうか。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ