サイゾーpremium  > 特集  > 特別対談 元「週刊現代」編集長×J-CA...

──依然、苦しい状況が続くと思われる出版業界。そこで、iPadという黒船が来日し、にわかに活気づいたかのように見えるが、週刊誌とITメディアの立ち上げに携わった2人の"編集者"は、現在の状況をどう見るのだろうか?

1007_motoki_ninagawa.jpg
忌憚ない意見を交わす元木昌彦氏(右)と蜷川真夫氏(左)。(写真/早船ケン)

 5月、日本ABC協会が発表した雑誌販売部数によると、2009年下半期(7月~12月)の主要な雑誌148誌の総販売部数は前期比1・90%減、前年同期比6・33%減という結果であった。だが、男性総合週刊誌を見てみると、前期比、前年同期比で、軒並み部数を伸ばしている。特に「週刊現代」は、前期比42・85%と大幅な部数アップを記録、総合週刊誌の復調が見て取れる格好だ。とはいえ、決して楽観視できない状況の中、雑誌というメディアは、出版の電子化が進む中、どのように生き残るべきなのだろうか? かつて「週刊現代」の指揮を執り、「Web現代」を立ち上げた元木昌彦氏と、朝日新聞社時代には「週刊朝日」副編集長、「AERA」編集長を歴任し、ニュースサイト「J-CASTニュース」を運営する株式会社ジェイ・キャストの蜷川真夫社長に、雑誌のIT化について話を聞いた──。

──ABCの発表によれば、「週刊誌の発行部数が下げ止まった」という見方です。

元木昌彦 「週刊現代」が昨年下半期、約10万部増という大変な伸びを記録しています。「週刊文春」など、他誌も部数を戻しつつあり、雑誌、特に週刊誌の発行部数はとりあえず下げ止まったとみていいと思う。しかし、「現代」が伸びたのは「若者や女性にも読まれる雑誌」という路線を修正し、50代以上の男性に再びターゲットを絞ったのが大きく、「雑誌全般が復活した」とは言い難い。特に一般男性週刊誌の購買層は限られており、これからもそのパイを食い合い先細りになっていくでしょう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年7月号

ヤバい本150冊

ヤバい本150冊
    • どうなる【出版業界】の諸問題
    • 【クラウドファンディング】ヤバい本
    • 【ネットの自由】を啓発する思想本
    • 【A-THUG×BES】の獄中読書
    • 識者が推す【ラップ】現代史選書
    • 【橘ケンチ×手塚マキ】読書の愉楽
    • 【椿原愛】Fカップ読書グラビア
    • ベストセラーを生む【書籍広告】
    • 【アジア移民文学】に見る差別の現実
    • 【世界の移民】たちが叫ぶ幸福論
    • 増加する【脱北者】文学
    • 【朝の読書】のイビツな思惑
    • ポリコレNGな【童話】の世界
    • 米国で【禁書】扱いされる童話
    • 【人間革命】本としての評価

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」
    • 【斉藤優里】卒業記念写真集

インタビュー

連載

    • カバーガール/平嶋夏海
    • 【高崎かなみ】期待の新人モデル水着撮
    • 【川栄】ベイビー
    • 【Wi-Fi】の電波が人を安心させるサービスに
    • 【更科功】化石人類から見える人間の根源(後)
    • 高須基仁/後藤新平と大谷翔平の2大「平」が時代を切り開く
    • 罵声飛び交う【三社祭】の醍醐味
    • 過酷な中国受験戦争【教育アプリ】の進化
    • 【ゲーム・オブ・スローンズ】とヒップホップ党
    • 町山智浩/【ロング・ショット】ロマコメの最新系主人公
    • 【官邸】への権限集中が招く弊害と行く末
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/トランプと接待バカ一代
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『家族はつらいよ』後期高齢者向けポルノの戯論
    • 【処方薬でキマる】アメリカ薬物事情
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊藤文學/三島由紀夫に美輪明宏、薔薇族を彩った著名人
    • 幽霊、卑しき自己啓発本サロン商売。
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」