サイゾーpremium  > 特集  > 現代経営論のカリスマもビックリ!? 理論...

──「ヤクザの2人に1人は山口組」といわれるほど、全国的に強い勢力を誇っている山口組。その強さの秘密には、単なる暴力以上の、組織運営上のすぐれたシステムの存在があるのではないか? 名著『マネジメント』などで知られる経営学者ドラッカーの理論を山口組に当てはめて徹底考察してみると──。

1006_taoka_book.jpg
山口組の組織運営システムを完成させたといっても過言ではない田岡一雄三代目組長の自伝『山口組三代目 田岡一雄自伝

 2008年、暴力団対策法(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律、以下「暴対法」)の一部改正によって、傘下組員の違法行為に対する組長の使用者責任がさらに拡大されるなどし、また今年に入っても、福岡県警が県内のコンビニエンスストアに対し、ヤクザを扱う雑誌の販売中止を要請するなど(当特集の「ヤクザとメディア」記事参照)、昨今、暴力団に対する警察の締め付けと社会の風当たりは厳しくなるばかりだ。

 警察庁の統計によれば、1963年に18万4091人を数えた暴力団構成員数も、64年、69年、75年の三次にわたる暴力団の全国一斉取り締まり「頂上作戦」や、92年の暴対法の施行などを経て、95年にはピーク時の半数以下の7万9300人にまで減少。その後微増傾向にあったが、04年には再び減少に転じ、09年には8万900人(準構成員含む)まで減っている。

 そんな、ヤクザの側から見れば極めて厳しい状況にあって、全ヤクザの実に45%に当たる3万6400人、つまり「ヤクザの2人に1人」を擁するのが、日本最大のヤクザ組織、六代目山口組だ。第二勢力の住吉会(1万2800人、構成員総数の15・8%)や稲川会(9400人、同11・6%)を数の面で大きく引き離し、完全に"独り勝ち"といえる状況にある。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ