サイゾーpremium  > 特集  > 「ハッカージャパン」──ガンブラーが猛威...
第1特集
各専門誌編集長に聞く超極地的スキャンダル【2】

「ハッカージャパン」──ガンブラーが猛威を振るい続け、フィッシング詐欺犯罪も激増!

+お気に入りに追加
1004_it_hp.jpg
老舗アンチ・ウイルス業者も緊急警告を出したほど。

 私たちは、コンピューターやネットワークについて深い知識を持つのが「ハッカー」、ITへの造詣を悪用して犯罪をはたらくのが「クラッカー」と定義しています。ここではクラッカー関連の事件をお話ししますが、最近はなんといっても「Gumblar(ガンブラー)」が話題ですね。これは、企業のサイトを改ざんし、閲覧したユーザーのパソコンに感染するウイルス。これによって昨年12月、今年2月と、2度もJR東日本のサイトが書き換えられたことで、メディアでも広く報道されました。が、それはあくまで氷山の一角にすぎない。アンチウイルスメーカーによれば、日本では3000以上の企業サイトがすでに、被害に遭っているといいます。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年6月号

“新型コロナ報道”の正しい読み方

“新型コロナ報道”の正しい読み方

緊急鼎談“感染文学”のススメ

緊急鼎談“感染文学”のススメ
    • 【石丸元章×海猫沢めろん×吉川浩満】“感染文学”のススメ

NEWS SOURCE

インタビュー

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ