サイゾーpremium  > 特集  > 政権交代で業界健全化なるか!? 保育予算...
第1特集
既得権益が暴かれた保育園ビジネスの展望

政権交代で業界健全化なるか!? 保育予算という"聖域"に入ったメス【前編】

+お気に入りに追加

──昨年11月、「新規参入は断固阻止!! 保育園業界に巣くう利権の闇」と銘打たれた記事が「週刊ダイヤモンド」に掲載され、一部で話題を呼んだ。内容は、東京都内の認可保育園とその背後の業界団体が既得権益を守るべく、株式会社やNPOによる新規参入を阻んでいる、というものだった。これまで触れられなかった闇とおぼしき構造が報じられた後、業界にはどんな反応があったのだろうか?

1002_cov_hoikuen_p79.jpg
ニュース記事としてヤフーのトップページに掲載されたことで、一気に注目を集めた「週刊ダイヤモンド」の記事。

「D週刊誌の記事は確かに過激だが、100%嘘を書いているかというと、残念ながらそうではない。東京の認可保育所で、乳児一人当たりにつき運営費が月に私立で30万円、公立で50万円かかっているというのは、ほぼ正確な数字だと思う」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号