サイゾーpremium  > 特集  > 倒産を乗り越えたアスコム社長が語る料理本...
第1特集
元気な中小出版社社長に聞く「これが我が社のヒット作!!」【2】

倒産を乗り越えたアスコム社長が語る料理本のヒット作

+お気に入りに追加

倒産を乗り越え、辻ちゃん料理本などがヒット 話題になって売れる"商品"を作っていく

高橋克佳 社長[アスコム]

1001_takahashi.jpg
高橋克佳社長(写真/田附愛美・田中まこと)

 2008年2月に業務を停止し、翌3月に民事再生手続きを開始したアスコム。出版不況の嵐が吹き荒れる中、倒産を余儀なくされる出版社は少なくないが、同社はなんと、異例の1年2カ月で同手続きを終了、業界を驚かせた。高橋克佳社長は、この復活劇をどう捉えているのか?

──事業停止に至った理由を教えてください。

高橋克佳(以下、) さまざまな要因があって一言で言うのは難しいのですが、結果的に売れない出版物が増えていったことが大きかった。事業停止するまでの数年間は、ヒット作がありながら、経営は徐々に悪化していましたからね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ