サイゾーpremium  > 特集  > 法律までもうまくすり抜けた宝島社「ひとり...
第1特集
もはや"付録"のための"おまけ雑誌"作り?

法律までもうまくすり抜けた宝島社「ひとり勝ち戦略」の功罪

+お気に入りに追加

──休刊が相次ぎ、広告収入も激減!……と嘆く他誌を尻目に、本年の女性誌部門の実売部数BEST3独占となった「宝島社」。しかし、同社が十八番とする、ブランドムックはじめ"付録付き"本には批判的な声も絶えないが──。はたしてその正当性やいかに?

pcyzo1001takarajima.jpg
HPもなんだかオシャレ!

 出版不況といわれる中、宝島社のブランドムックが爆発的なヒットを飛ばしている。8月発売の『Cher 09-10 AUTUMN/WINTER COLLECTION』は、発売から1カ月で初版の70万部がほぼ完売。Cherのプレス担当者にその効果を聞くと、「HPへのアクセス数も2倍以上に増え、客層も広がったと思います」と、コラボの手応えを感じているようだ。また、その勢いか、11月発売のロゴ刺繍トートバッグ付き『唯一無二の革新的コスメティック イヴ・サンローラン』は、初版100万部刷りの勝負に出たという。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年9月号

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

Zeebraが語る自戒と課題と未来への鍵

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

「神部美咲」“擬似里帰り”グラビア

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ