サイゾーpremium  > 特集2  > 電通マンまで登場! 家族を捨て、歌に生き...
第2特集
どうなった!? 08年の重大芸能ゴシップ【3】

電通マンまで登場! 家族を捨て、歌に生きる泰葉を支える謎の男たち

+お気に入りに追加

[事件の概要───3]

07年11月に離婚した泰葉と春風亭小朝。折を見て小朝批判を繰り返してきた泰葉だが、9月頃から自身のブログで小朝を「金髪豚野郎」と呼ぶなど、ますますエスカレート。その後、泰葉は、小朝に脅迫メール数百通を送りつけていたことや母親に勘当してもらったことを自ら明かす一方、歌手活動に精力的に取り組み始めている。

 今年後半の芸能ニュースの顔となった泰葉。春風亭小朝との騒動は一段落を見せ、その後の彼女は、仕事も増え、CDデビューも決まり、災い転じて福となすといった感じだが、この一連の騒動を陰で操っていたとされる男たちが、ここにきて明らかになっている。

「泰葉は22年ぶりとなる新曲『お陽様よほほえんで』をリリースしたんですが、発売元であるつばさレコーズが、今回の騒動の"仕掛け人"ではないか、といわれているんです。新曲を売るためのプロモーションだった、との声も一部で出ていますね」(スポーツ紙芸能記者)

 特に、泰葉と小朝の関係が泥沼状態になったことは事実だが、それをメディア受けするように、告白会見を開かせたり、寒空の下、日比谷で野外ライブを開かせたりした背景には、つばさレコーズの意向が働いているというのだ。

 つばさレコーズは、女性歌手・川嶋あいらが所属するレコード会社。しかも、一部では、「あまりに密なので、同社の若手幹部が泰葉の新恋人ではないか、なんて噂が出ました」(音楽関係者)

 一度閉鎖した自身のブログを、11月半ばから携帯サイト「モバゲータウン」で再開した裏側にも、泰葉の歌を若年層に訴求していきたいというレコード会社の思惑があるようだ。さらに、このブログで泰葉は、エージェントと契約したことを報告。このエージェントもつばさレコーズの関連会社で、彼女の歌手活動も、全面バックアップしていくようだ。そのためか、過激発言が売りのはずのブログも、歌手活動への意気込みを書いたものばかり。エージェントとの契約で、「金髪豚野郎」といった過激発言を今後は一切行わないという条項も入っているという。

 さらに、泰葉の背後には電通の社員の存在も。この電通マン、野外ライブでは泰葉に寄り添い、マスコミを仕切るなど、彼女から絶大な信頼を得ている模様。

「今後は彼にCMやテレビのブッキングを頼むのではないか、と見られていますね」(テレビ関係者)

 メディアを熟知したこうした取り巻きに囲まれて、泰葉は今度もメディアに話題を提供していくことになるだろう。そのひとつとして、大晦日に行われるプロレス「ハッスル」に泰葉を出場させようと画策する動きも出てきたわけだ。

 しかし、その一方で、海老名家の崩壊は止められそうもなく、結果的にそれを誘因した泰葉の言動が批判を浴びることになるかもしれない。取り巻きにとっては、それがいちばん怖いことだ。落語関係者が明かす。

「小朝を擁護した母・香葉子さんに勘当してもらっただけではなく、正蔵、いっ平との関係も切れてしまっているようだ。特に正蔵は、小朝との仲介役に入り奔走したが、泰葉はこれを一蹴。顔を潰された正蔵は、その後、泰葉と連絡を取っていないようですよ」

 また、いっ平も泰葉に呆れ果てているとされる。女性誌デスクが語る。

「いっ平は来年の3月に小朝のプロデュースで『林家三平』の襲名披露を控えている。泰葉はいっ平に『あまり小朝に傾倒しすぎるな』といっているという話ですが、彼からすると、『いい加減にしてほしい』と、さすがに激怒していると聞いていますよ」

 現在、泰葉を支えるスタッフたちも、いつまでこの「風雲児」についていけるだろうか?
(編集部)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』