サイゾーpremium  > 特集  > 東野圭吾は、鬱病の危険性あり!? 心理カ...
第1特集
ベストセラーの登場人物から、作家の精神状態までカウンセリング!【1】

東野圭吾は、鬱病の危険性あり!? 心理カウンセラー匿名座談会

+お気に入りに追加

──何げない行動から心理状態を読み解く"心理のプロ"から見ると、小説の登場人物の異常な固執や突発的な行動は、どのように分析されるのか?読書好き心理カウンセラーが、今年のベストセラーを検証、登場人物たちの行動や、それを書いた著者の心理を徹底分析する。

[座談会出席者]

A スクールカウンセラー。好きな作家は伊坂幸太郎。
B 産業カウンセラー。既婚。好きな作家は井上荒野。
C 産業カウンセラー。好きな作家は江國香織。

※文中には、若干のネタばれがあります。

A じゃあ昨年末に発売されて、今年に入って売り上げの良かった『ガリレオの苦悩』【1】からいきましょうか。著者の東野圭吾といえば、今やエンタメ小説界のトップなんでしょ? でも主人公の湯川学ってアスペルガー症候群[※1]っぽいところありますよね。証拠や原因を突き詰めて整理する能力に優れている半面、コミュニケーション方法には余裕がない。妙に形式ばっていて不自然なんですよ。

pcyzo201001higashino.jpg
映画もヒット!
ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ