サイゾーpremium  > 連載  > 鮫肌文殊と山名宏和の「だから直接聞いてみた」  > 市販のDVDケースって、なんでみんな長方...
連載
鮫肌文殊と山名宏和の「だから直接聞いてみた」第46回

市販のDVDケースって、なんでみんな長方形なんですか?

+お気に入りに追加

――知ってトクもしなければ、自慢もできない、だけど気になって眠れない、世にはびこる難問奇問を人気放送作家が直撃解決!

0911samehada_1.jpg
photo by Asim Bijarani from flickr

今回の回答者 松竹DVDカスタマーセンター 様

 2009年9月9日の午前0時キッカリより発売解禁となった『ザ・ビートルズBOX』。なんせ、音の世界遺産と呼んでも過言ではない名盤の数々が、やっとこさオフィシャルな形で最新リマスターが施され、文字通りお色直しされたってんだから。私のような40代以上の「とりあえずビートルズとストーンズは全部聴いて青春時代を過ごしてきました」オールドロックファンにとっては、大事件である。

 行ってきましたともさ、渋谷のタワーレコード。頭頂部のハゲあがったオヤジたちが、まるで少年のような目をしてレジに並んで。ステレオBOXとモノBOXの両方を手にして、まさにオトナ買いならぬオヤジ買い。皆、上気した顔で鼻息荒く。2つとも買うと、ほぼ吉原の高級ソープ1回分ですからね(何に換算してんねん!)、そりゃコーフンもするわさ。

 知り合いのプロデューサー(41歳バツイチ)が今回のリマスター盤を購入して、ありえない感想を述べていた。

「いや~、ビートルズって本当に天才ですよね!初めて聴きました」

 初めて~~!?んな、アホな。ビートルズナンバーは、それこそひなびたシャッター商店街のスピーカーから流れるインストの「ゲット・バック」とか、日常のあちこちでBGMとして必ず耳にしているハズ!てか、ビートルズの全アルバムも聴いていない輩がテレビのプロデューサーなんて仕事やってていいのか!?その感想を聞いた私が、そのPを大説教したのは、言うまでもナイ!

 でもなあ。そのうちCDも消えるっていうし。「ビートルズなんて知らない」世代が今後出てくるのかも。音楽配信じゃ、曲単位でしか聴かんしな。同じく、動画がPCでもっとサクサクとダウンロードして見られるようになれば、DVDやブルーレイ・ディスクも早晩消えゆく運命か!?そんな悲しいことになる前に片付けておきたかったのが、今回のギモン。だから直接、松竹DVDカスタマーセンターに聞いてみた。

『市販のDVDのケースって、なんでみんな揃いも揃って長方形なんですか?』

担当者 えーっとですね、弊社としてはそういった情報はございませんので、はい。ちょっと弊社が一番初めにこちらのケースを作ったわけではないので、おそらくなんらかの規格があるのかと……。

 これではまったく答えになっていません。だから今回、ワーナー・ホーム・ビデオにも東宝ビデオにも東映ビデオにもギャガ・コミュニケーションズにも聞いてみたが、「他社もそうしているので」「個人的に思うんですが、中にブックレットが入るためかも……」と、あやふやにもほどがある回答ばかり!ならば、と各社のDVDのケースを作っている専門メーカー茂木製作所に直接聞いてみたところ……。

担当者 一番最初、大手さんが(長方形の)それを出すと、みんな同じタイプの形を出し始めるんですよね。例えば、ワーナーさんが角張ったケースを作ると、今度はみんながワーナータイプっていう同じような大きさで作り始めるんですよね。初めにメジャーさんが出すと、だいたいそれに合わせていくという。

 つまり、今日日本中で販売されている長方形のDVDケースは「他社もその形なんで、なんとなく合わせました」という、まことに薄ぼんやりとした根拠で作られているのである!そんなユルユルでいーのか、DVD業界!?この調子じゃダウンロードが主流となる時代の流れに負け、やっぱり消えていく気が……。今回の回答の結果に、薄ぼんやりとそう考える私なのでありました。

[松竹株式会社]
1895年、創業者の大谷竹次郎が京都新京極阪井座の興行主となり、創業。1920年に、松竹キネマ合名会社を創立し、映画の製作や配給に着手。24年には、東京・大阪の両株式取引所に上場し、現在でも興行界の老舗として君臨する。ちなみに、50年に発足したプロ野球チーム「松竹ロビンス」は、初代セ・リーグ優勝チームである。

さめはだ もんぢゅ
1965年、神戸にて誕生。放送作家。『ぐるぐるナインティナイン』(日テレ系)、『さんまのスーパーからくりTV』(TBS系)などを手がける。9月の声を聞いてダメ虎が猛虎に大復活! 10月の最終戦までクライマックス・シリーズに向けて、我がタイガース追っかけの日々で仕事が手につきません。この号が出る頃にはCS進出大決定!!(......の予定)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』