サイゾーpremium  > 連載  > ジョニーの小部屋  > 涙もろい嵐の"おバカ担当"「相葉雅紀」
連載
「ジョニーの小部屋」 第22回

涙もろい嵐の"おバカ担当"「相葉雅紀」

+お気に入りに追加
0911_aiba2.jpg

──泣く子も黙る芸能界のドンであるジョニーさん(77)に大好きな男のコのコト、いろいろ聞いちゃいました!

【今月のジャニタレさん】
相葉雅紀(26)
1982年12月24日生まれ。千葉県出身。AB型。嵐のメンバー。天真爛漫で涙もろく、ハイテンションな「おバカキャラ」として周囲から愛されている。別名「笑顔の宝石箱」。小型船舶5級の資格あり。

──今回は、嵐の相葉くんについて語っていただきます。10月から主演ドラマ『マイガール』がスタートしましたが、意外にも連ドラの主演は初だとか。

ジョニー そう! 満を持しての登場♪ って感じだよネ。

──はぁ……。そうですね。

ジョニー 何? その気のない返事! どうせ相葉は大根だとか言いたいんでしょ!

──いえ……。ただ、相葉くんはバラエティイメージが強いので、どんなドラマになるのかなと。

ジョニー そうだよネ。もともとバラエティ志向だったけど『天才! 志村どうぶつ園』に出演してから、ますます芸人っぽくなってる気がするヨ。トラに抱きつかれたりカンガルーにひっかかれたりペリカンに腕ごとかみつかれたり……あそこまで体張るとはネ。さすが、動物好きはひと味違うヨ♪

──実際、相葉くんの家族は全員動物好きらしいですね。

ジョニー うん。これまでに犬、猫、リス、オウム、亀を飼ってきたらしいヨ。相葉も幼稚園の頃おたまじゃくしを育てた時は、かわいくて仕方なくて一日10回も餌をやってたんだって。でもカエルになるって知らなくて、ある日足が出てきたからビックリしたみたい。

──かわいいですね~。

ジョニー 小さい頃から天然だったんだよネ。なにせ、「SMAPとバスケができる!」って勘違いしてジャニーズJr.のオーディションに来たぐらいだもん。会場に来て「ジャニーズって踊らなきゃいけないんだ」って気づいたみたいでサ、面接でも「特技はありません」って言ってたからネ。何しに来たんだ? って感じだったヨ。

──それでも、無事合格できてよかったです!

ジョニー まあネ。でもサ、相葉って、実は知らない場所だとおとなしいタイプなんだヨ。Jr.になってすぐにハワイに連れてった時も、みんなが海で遊んでるのに、相葉は現地で買ったスター・ウォーズのライトセーバーでひとり遊びしてるからさぁ。ほっとけなくて、ついつい一緒に遊んじゃったヨ。

──13~14歳の子とスター・ウォーズごっこをする60過ぎのおじさん……結構シュールな図ですね。

ジョニー 違う! ボクが言いたいのは、相葉はおおらかそうに見えて、実は繊細だってことなの!

──す、すみません。

ジョニー 02年に肺気胸で入院した時、周囲に迷惑がかかることをすごく気に病んでたんだよネ。今でもそのことを思い出すと涙が出ちゃうみたい。コンサートでも、始まった瞬間から感動して涙ぐんでることもあるしネ。

0911_hitorigoto.jpg

──そういえば、山野ゆりとのニャンニャン写真【註1】がスクープされた時も、コンサートでファンに「裏切り者」っていうウチワを掲げられて泣いてましたね。

ジョニー イイ話してる時に、変なこと思い出させないでヨ!

──スミマセン。

ジョニー 相葉は嵐への愛が強いからサ。今でも酔うと「嵐でよかった」って泣いちゃうんだって。

──なんだか……大人のくせにしょっちゅう泣いてるんですね。

ジョニー 現代っコには珍しい、熱いハートの持ち主ってことなの! その半面、「反抗期って何?」って聞いてくるぐらいピースフルなんだヨ。

──それって、単にものを知らないだけでは……。

ジョニー ちょっと! いくら相葉がバカだからって、バカにしないでヨ! さて、今日はこれから相葉の手料理をご馳走になるんだ♪ 最近レパートリーが増えてるみたいでサ、お父さんもシェフだし血筋なのかもネ。いずれは、料理アイドルとして売り出していこうかな♪

※本文の内容は、あくまでもフィクションです。ジャニーさん、許してね!!

【註1】03年に「FLASH」で雑誌モデル・山野ゆりとの熱愛プリクラがスクープ。「けっこんしました」という文字が入ったツーショットで、その後「BUBKA」には2人が裸でキスをする衝撃ショットも掲載された。


[相葉雅紀 略歴]

96年8月 SMAPとバスケットボールがしたくて履歴書を送り、ジャニーズ入り
97年7月 舞台『Stand By Me』に二宮和也、松本潤、生田斗真らと主演
98年 映画『新宿少年探偵団』に松本潤、横山裕らと主演
99年9月 嵐結成。11月3日に「A・RA ・SHI」でCDデビュー
01年4~6月 ドラマ『ムコ殿』(フジテレビ)で連ドラレギュラー出演
02年 肺気胸で入院。3月のハワイファンツアーで復帰
02年10月 映画『ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY』出演。メインキャスト・嵐の中でも主演というポジションだった
03年10~12月 ドラマ『ヤンキー母校に帰る』(TBS)出演
04年4月~ 『天才! 志村どうぶつ園』(日本テレビ)にレギュラー出演中。飼育係として修業するコーナーが好評
05年9月 舞台『燕のいる駅』で初の座長を務める
09年10~12月 ドラマ『マイガール』(テレビ朝日)で初主演

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年2月号

新しいニッポンのタブー

新しいニッポンのタブー
    • 暴力団だけじゃない【反社】の定義
    • 【山口組分裂】報道の最前線
    • 【嵐】休止後の芸能界にタブーはあるか?
    • 本当の【氷川きよし】論
    • 【社会学者】きーちゃんを苦しめる疑惑フォーマット
    • 【湯山玲子】ミサンドリー時代に合った戦略
    • 【音楽学者】芸能の性別越境を回復する存在に
    • 【丸屋九兵衛】ヒップホップときよしの交差点
    • 【ANARCHY】初期衝動を落とし込んだ映画
    • 【SEEDA】ラッパーの禁忌な生き様を描く
    • 世界の過激な【保守派リーダー】
    • 【元芸人】が政治の世界に進出するワケ
    • 【アナ雪】ステマ問題ほんとの戦犯
    • 時代を先取りする【新・麻薬王】の肖像
    • 【医療観察法】の知られざる実態

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。

川瀬もえ、エロくてキュートで清らかに。
    • 小悪魔【川瀬もえ】が脱ぐ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/華村あすか「イオンで十分なんです」
    • 【桜田茉央】ミスマガ受賞者の箱入り娘
    • 【AV界】期待の新人セクシー下着
    • 【鈴木ふみ奈】タレントと企業のカンケイ
    • 【増田と鷲見】のラブゲーム
    • 【AI】がインターネットを根底から揺さぶる
    • 【五所純子】「ドラッグ・フェミニズム」
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 機構影響を受けぬ【雪まつり】
    • 【丸屋九兵衛】キアヌ・リーブスを語る
    • 【町山智浩】「リチャード・ジュエル」FBIとマスコミの欺瞞
    • 【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/ゴーンの大脱出
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「アナと雪の女王」にモヤる理由
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 大手ビールメーカー出身者が【ブルーパブ】を開業
    • 更科修一郎/幽霊、闘争で情念を語る少年マンガ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』