サイゾーpremium  > 連載  > 徳光正行と岩井志麻子の「愛のズルむけい地」  > どうなる、のりピー!? 勝手に復帰計画!...
連載
正行&志麻子の「愛のズルむけい地」第26回

どうなる、のりピー!? 勝手に復帰計画!!

+お気に入りに追加
0910_zurumuke.jpg

正行 相変わらず芸能界は、のりピーと押尾学のWクスリ騒動で大騒ぎですね。しかし、押尾が保釈された時の姿、めちゃくちゃカッコ良かったなぁ。あの映像が、最初で最後の代表作になりそうですね(笑)。

志麻子 でも、押尾自体は小物じゃないですか。その裏にすごい闇が広がっているわけで……。

正行 政権交代もなったし、自民党議員に守られていた奴が、あと何人かはあぶり出されてほしいですよね。しかし僕、のりピーがどうして"清純派"として祀り上げられてたのか、いまだにわからないんですよ。10年くらい前に会ったことがあるんですが、無愛想というか、表情がまったくなくてガッカリした印象で。思わず「のりピーって感じ悪いね」って親父(徳光和夫)に愚痴ってしまいました。第一、"お坊ちゃまなのに無職"なあのダンナを選んだところで、「う~ん……」って感じですね。

志麻子 キムタクだって、工藤静香と結婚した時点で「あー、やっぱりヤンキーだったんだ」ってわかっちゃいましたもんね。

正行 その点、SMAPの中居くんと倖田來未の熱愛報道は、全国民が納得しましたよね。「お似合いじゃん!」って。

志麻子 ジャージ上下の2人が並んでパチスロしてる姿、どこかで見たことがあるような気がするのよ。くわえタバコで、キティちゃんのサンダル履いて。

正行 すごい既視感です(笑)。全部ドンキで揃えたんだろうなって、妄想も膨らみますよね。

志麻子 そういう意味では、のりピーはそこらのチンピラとは格が違いますからね。ある意味セレブですよ。父も弟も本物の暴力団員なんだから。でも、亭主は無職、子どもは育ち盛りとなると、これからも彼女が働かなくちゃいけないですよね。

正行 僕と再婚するってのはどうでしょう?

志麻子 世界一の処女、スーザン・ボイルはどうするの!?

正行 うーん、そっちのほうがウケますよね……。じゃあ、せめてのりピー復帰計画を勝手に考えてみたいと思います。

志麻子 小向美奈子に倣って、復帰はやっぱりストリップかしら?あとはAVか。でもMUTEKIは全然ダメだからSODね。

正行 ストリップには、"ストリップ界ののりピー"影山莉菜って人がいたんですよ。本物が出ちゃうのも面白いですよね。

志麻子 あとは、今はやりの農業に転身とか?

正行 裏の畑で違うハッパを栽培しちゃうからダメでしょう。

志麻子 そうね、じゃあ「瀬戸内シャブ聴」として京都あたりに庵を結ぶのはどう?

正行 それは斬新ですね。スキンヘッドフェチも大喜びでしょう。

志麻子 逃亡中に出家してればねぇ。中瀬ゆかりちゃん(「週刊新潮」編集部長)も言ってたけど、剃っちゃえば髪からは薬物反応が出なかったのに。

正行 のりピーはアイドル時代にフジの『月曜ドラマランド』で『一休さん』を演ったことがあるから十分いけますよ。 出所後にあえて、麻薬・覚醒剤乱用防止キャンペーンの『ダメ。ゼッタイ。』のポスターに登場するのはどうでしょう?僕ね、あれは麻薬で逮捕経験がある人を起用するべきだと思うんですよ。「クスリのせいで、私はここまで堕ちてしまいました」って、説得力あるじゃないですか。

志麻子 それはリアルですね。でもまたやっちゃうんだろうなぁ。ヤク中がクスリを断つのは、我々がオナニーをやめるのと同じくらいつらそうだし。いっそのこと、のりピーは全アジアで人気があるから、北朝鮮に渡って覚醒剤のキャンペーンガールをやるといいかも。シャブはあの国挙げての一大産業だから、国民的アイドルになれると思うんだけど!?

正行 のりピーwith喜び組で、万景峰号でクルージングコンサートとかいいですね~。

イメージと実像の乖離がタレントを殺す!?

正行 僕ね、暴論を承知で言いますけど、作家とか俳優とか、作品づくりの段階でイマジネーションを必要とする職業の人には、多少のことは許してやれよって思うんですよ。もちろん体を壊したり、暴力団の資金源になることは止めなきゃいけないですが……。まぁ岩井さんみたいに、人を殺してなくてもドロドロした猟奇殺人の小説を書いてしまうような、天賦の才の持ち主には不要なんでしょうけど。そういう意味では、プライドだけであの高揚感を保っている松田聖子は、本当にすごいですよね。もしかしたらクスリに頼る奴は見下してるかも。「私は、もっとすごい快感を知ってるのよ」って。

志麻子 私も同じですね、この宇宙に私のオナニー以上の快感があることを認めませんから。

正行 それは僕も譲れませんよ(怒)。

志麻子 もし私がシャブセックスのほうが気持ちいいと感じてしまったら、私は覚醒剤を殲滅しますよ。私のオナニーより気持ちいいものがあるなんて許さないから!

正行 クスリを使うって、負けた感じがしますよね。電マよりも指で潮吹かせる奴のほうが偉いでしょう。

志麻子 山を登るのも、車を使っては"登山"にならないですからね。

正行 そういえば、のりピーのタレントショップも富士山にありましたよね。今、のりピーグッズ出せば売れると思うんだけどなぁ。

志麻子 サンリオからキャラクターデザイナーとしてデビューってのはどう?幻覚の中で見た、いろんなキャラクターを商品化するの。

正行 おどろおどろしくて、子どもが泣きだしそうですよ。僕は絶対欲しいですけど。

志麻子 ファッションブランドも持ってたから、ピーチジョンで下着デザイナーもいいかも。しかし、野口美佳社長はいい面構えですよね。

正行 ワコールのバカ2代目を丸め込んで自社を子会社化、なんて本当にやり手ですよね。『官僚たちの夏』(TBS)どころじゃなく、もっと黒くて深いところをドラマ化してほしいです。

志麻子 だとしたら、野口社長役は誰が演るのかしら?

正行 強欲そうですからね。自分の役を演る大竹しのぶにダメ出しした福田和子みたいに、鈴木京香クラスが演ってもダメ出ししそう。

志麻子 あのね、私がいまひとつメジャーになれないのは、橋田壽賀子みたいに「私の役を演れるのは安田成美さんしかいない」とか言い切っちゃう"幻想力"が足りないからなんだって、最近気づいたんですよ。「私の役は、沢尻エリカしかいないわ!」とか、股、いえ口が裂けても言えないですもん。でもこういうのって、男の人に多いですよね?

正行 男のほうが、思い込み力が強いんですよ。さだまさしだって映画で藤木直人に自分の役演らせてるし、森三中・大島のダンナで放送作家の鈴木おさむ役もドラマでは稲垣吾郎でしたからね。

志麻子 鈴木おさむって「こんな、モデルと付き合うようなイケてる男がブスと結婚してウケるでしょ?」って立ち位置だけど、どう見てもソックリ夫婦ですよね。私ね、性同一性障害ならぬ「顔面同一性障害」ってのもあると思うんです。のりピーなんてもっとブサイクで、薄暗い世界にいたらそれなりに幸せな一生を送れただろうに……。

正行 銅線盗んで捕まった元EE JUMPのユウキもそうですよね。

志麻子 あんな可愛いアイドル顔してるのに、中身はチンピラですもん。亀田の次男は本当はユウキの顔が欲しかったはずよ。あんなチンピラ顔なのに、内面は歌やイラストを愛するナイーブな子なんだから。しかし、今回のクスリ騒動のせいなのかしら? 空港の税関チェックが厳しくて。先日もシンガポール帰りに、「陳皮梅」っていうお菓子について、職員から質問攻めに遭ったんですよ。「『チン皮、美味ぇ』みたい♪」って、ウケ狙いだけで買ったのに、X線までかけられちゃって……。

正行 善良な市民まで迷惑を被るわけです。ヤク中芸能人には、責任を感じてほしいですね。


<今月の業人間♂>

研音移籍も昔のオンナ(財前直見)の力だった!?
押尾学
俳優、LIVヴォーカル。1978年、東京都出身。幼少時をアメリカで過ごし、帰国後、暴走族のヘッド(自称)などを経て芸能界入り。奥■恵らアイドルたちと浮き名を流しまくり有名に。06年、女優・矢田亜希子と結婚し芸能界から干されるが、ビッグな発言を集めた「押尾語録」がネットで人気に。08年エイベックスに移籍し、返り咲きを狙っていたが、09年8月2日、MDMAを使用した罪で逮捕。

<今月の業人間♀>

嵐・大野(大麻疑惑あり)ファンなのは偶然!?
酒井法子
1971年、福岡県出身。歌手・女優。85年、オーディションをきっかけに芸能界入り。86年にドラマ、87年にはレコードデビューを果たす。「のりピー語」でトップアイドルに上り詰め、その人気はアジアにも広がるほど。93年のドラマ『ひとつ屋根の下』(フジ)からは女優としても活躍。98年、高相被告と結婚。長男出産後はママドルとしても活躍していたが、09年8月、覚醒剤取締法違反で逮捕。

<プロフィール>
とくみつ・まさゆき
1971年、神奈川県生まれ。タレント。徳光和夫の二男。『5時に夢中!』(東京MXテレビ)でカルト的人気を得、現在は土曜日『スペチャ!』(スペースシャワーTV)、月曜〜金曜日『ザ・ゴールデンアワー』(東京MXテレビ)のメインMCなどで活躍中。「まさゆキズム」〈http://www.sato-kikaku.co.jp/tokumitsu/〉

いわい・しまこ
1964年、岡山県生まれ。少女小説家を経て、99年、『ぼっけえ、きょうてえ』で、日本ホラー小説大賞を受賞し再デビュー。媒体を股にかけ、エロと恐怖を本音で語る最凶オバハンキャラとして活躍中。『5時に夢中!』の木曜レギュラー。代表作は『タルドンネ 月の町』(講談社)、『べっぴんぢごく』(新潮社)。〈http://www.shimakoteikoku.com/〉


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年9月号

戦争と平和

戦争と平和

竹内渉、究極の"美尻"撮

竹内渉、究極の
    • 【竹内渉】が魅せた色香と素顔

インタビュー

連載

    • 【RaMu】二郎デビューしたんです。
    • 【川上愛】スパイに間違えられたモデル
    • 【菜々子】が一番大事
    • 【動画メディア】の未来と情報発信のあり方
    • 【萱野稔人】人間は"教育"によって生かされている(後)
    • 高須基仁の/【テレビ】はもう終わった
    • 盆踊りに【使徒】襲来
    • 中国大富豪たちの【ポッドキャスト】
    • 【RIZE】逮捕で考える薬物とロック
    • 町山智浩/【おしえて!ドクター・ルース】90歳のセックス・セラピスト
    • ポピュリズム政策【MMT】は日本経済の救世主か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/帝国の翳り
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/マンガ『1122』ソリューションとしての不倫
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 伊賀の里でビールを仕込む【忍者ブルワー】見参!
    • 幽霊、新しい大衆はもう猿を見ない。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』