サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 武田真治&森下悠里もゾッコン! 『今日...
0910_takeda_re.jpg
映画『今日からヒットマン』で、名コンビぶりを披露した武田真治と森下悠里。(撮影/有高唯之)↑画像をクリックすると拡大します

 平凡なサラリーマンが、日頃鍛えた営業トークを武器に凄腕ヒットマンとして活躍、しかも相棒はピチピチギャル。毎日満員電車に揺られる会社員たちの"夢と冒険の世界"を描いた人気コミック『今日からヒットマン』が映画化された。主人公の十吉を、『ラブデス』でクレイジーなガンプレイを見せた武田真治、相棒・ちなつを"セクシークイーン"森下悠里が演じている。

森下 営業マンだった兄が読んでいて、『今日からヒットマン』は実家にあったので、私も読んでました。原作では毎回のように裸になるちなつを私が演じると知って、兄は『お前、ついに脱ぐのか?』と大騒ぎしてました(笑)。

武田 悠里ちゃんは家庭からユニークだったんだ。確かに日本のサラリーマンへのアンセム(応援歌)的な内容だよね。原作の十吉は、銃の引き金を引くかどうか悩むけど、相手が妻の名前を出して脅してきた瞬間、迷わず引いてしまう。そういう家族への想いが、闇の世界へ踏み込む動機としてきちんと描かれるよう、脚本段階からお願いしました。

森下 家族を命懸けで守る十吉は、新時代のヒーロー。サラリーマンのバイブルです。2つの顔を持つ十吉を演じ分けた武田さんも素敵。私の兄、武田さんの髪形を真似してたんですよ!

武田 悠里ちゃん、話に困るとお兄ちゃんを出してない? ちなつ役は、服を脱ぐ前から女のきわどさを感じさせる女優として選考されているはずだから、表現者として名誉なことでは?

森下 そうですね。でも私、グラビアで脱ぎ慣れているから、もっと露出してよかったのに!

武田 現場でも脱ぎたがってたよね。冬で寒いのにねぇ。今日の髪型といい、オレたちバカップルっぽいね(笑)。

 演技だけでなく、トークでも息の合ったところを見せた2人。悠里ちゃんのさらなる露出も見たいので、シリーズ化を希望します! 

(長野辰次)

たけだ・しんじ
1972年、北海道生まれ。ボクシングジムでのトレーニング経験を生かし、『子猫の涙』では見事なファイトシーンを披露。本作ではテーマ曲『THE HITMAN』の作曲・編曲・演奏も手掛けている。ドラマ、バラエティなどでタレントとして活動するほか、サックス奏者としても活躍中。

もりした・ゆうり
1985年、東京都生まれ。グラビアアイドルとして人気を集める一方、映画『秘密潜入捜査官ハニー&バニー』『平凡ポンチ』『ギララの逆襲』などに出演。9月19日から主演舞台『MEN&MAN 男たちの想い』が始まる。

0910_hitman_bamen.jpg

映画『今日からヒットマン』
営業マンの十吉は接待帰りの夜、伝説のヒットマン・二丁と遭遇。瀕死の彼は、相棒ちなつの救出を託して絶命。妻への危害を恐れた十吉は即席ヒットマンに……。監督/横井健司 出演/武田真治、星野真里、森下悠里ほか 公開/9月26日より銀座シネパトスほかロードショー。 公式サイト
© 2009「今日からヒットマン」フィルムパートナーズ


0910_hitman_comic.jpg
コミック『今日からヒットマン』 原作コミック。累計150万部のベストセラーの人気作。9月28日には第14巻が発売予定。 作/むとうひろし 発行/日本文芸社 価格/各580円(税込)

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』