サイゾーpremium  > 特集  > ジャニタレにいちばんモテるのは誰だ!? ...
第1特集
中森明菜、浜崎あゆみ、そして蒼井優......ジャニタレとデキちゃった女たち【2】

ジャニタレにいちばんモテるのは誰だ!? "ジャニーズの女たち"パターン分析

+お気に入りに追加

世の男性を魅了する女性タレントたちがジャニーズタレントに魅了されちゃった時、そこに待っているのは、幸福か、それとも絶望か──? 愛のポエム付きで、勝手に徹底分析!!

「ジャニはアゲチン?」な食べ頃若手女優たち

0909_ageage_ill.jpg

アゲアゲ絶好調タイプ

 今ノリに乗っている旬の若手女優の多くが、売れっ子ジャニタレの恋人。その代表格が、V6の岡田准一と交際中の蒼井優だ。映画『花とアリス』(04年)公開時の鈴木杏との対談では、「そんなんだから彼氏ができないんだよ!」と年下の彼女に一喝されるほど恋愛にはウブだった優ちゃん。それが今や「恋愛の過程なんて、本当はすごくかっこ悪いし、とても人に見せられるようなものじゃない」(「ピクトアップ」/ピクトアップ/08年2月号)と語る大人の女に!岡田クンとの恋愛が彼女を成熟させたことは間違いない。

 このタイプの若手女優たちは、デビュー後、若くしてジャニタレとのイチャイチャ交際に発展している傾向があり、ポイ捨て→ジリ貧女優へ……という軌道を描きかねないという心配も。たとえ別れても、ズ太くはい上がり、次なる獲物を獲得する力を身につけてほしい。

0909_ageage.jpg

不意に見せるギャップが熟女のウデの見せどころ

0909_shitataka_ill.jpg

したたかクイーンタイプ

 まずは、静香がキムタクを籠絡したテクニックをさらってみよう。【1】自然体。「ふだんもファンデーションとか、つけないんですよ。(中略)シミ? あるある。黒いから目立たないだけで」(「LEE」/集英社/00年12月号) 髪の毛も自分で切ったり染めたりと、芸能界においては新鮮。【2】世話焼き。「人の面倒みたり世話したり……だから自分の愛情を何かにあげたりするのが、凄い好きな人なのね」(「音楽と人」/USEN/94年6月号) "愛情の押し売り"も、静香がやると"かいがいしい姉さん女房"に早変わり? 【3】尽くし型。「(好きな相手には)何か頼まれたりお願いされたりすると何でもしてあげちゃう」(「with」/講談社/96年7月号) これまた静香のイメージとはかけ離れた言葉。

 このタイプは外見と内面のギャップを武器に、ジャニタレを陥落させるのが非常に得意なのである。まさに小悪魔、いや魔女か。

0909_shitataka.jpg

どこまで堕ちてしまうのかハラハラ

0909_jirihin_ill.jpg

ジリ貧元アイドルタイプ

 恋愛スキャンダルは男性ファンを遠ざけ、アイドルの凋落を促す。その典型が、人気急上昇中にジャニタレとのゴシップをスッパ抜かれて痛い目に遭うパターンだ。

 たとえば鈴木亜美は、00年代初頭に一世を風靡したものの、所属事務所からの独立問題で活動休止の憂き目に遭い、さらに、タッキーとあみーゴ一家の箱根旅行がスッパ抜かれるという非常事態が勃発。「必ず自分から告白する。……っていうか、むしろ"いいたい!"くらいなイキオイなんだけど(笑)」(「セブンティーン」/集英社/00年10月15日号)と語るあみーゴを筆頭に、その積極性がアダとなったか?アゲアゲ若手女優との決定的な違いは「アイドルか否か」ではなく、「おくてか否か」なのかも。

 ちなみに最近のあみーゴは、「恋愛は刺激を求めるけど、結婚するならやっぱり安らぎかな」(「週刊プレイボーイ」/集英社/05年8月30日号)と、タッキーとの刺激的な恋愛を経て、すっかり大人になったようです。

0909_jirihin.jpg

自殺未遂も彼を愛しているがゆえ!

0909_kyoufu_ill.jpg

恐怖のヤンデレタイプ

 恋愛は人を狂わせる。かつて歌姫として君臨した中森明菜はその典型。人一倍結婚願望が強い彼女は、恋人・近藤真彦の浮気癖に思い悩み、24歳の時にマッチの部屋で左腕を切るという自殺未遂騒動を起こした。マッチに「30歳までは100%結婚はない」と宣言されたり、マンション購入資金としてためていた8000万円をマッチのレース資金に貢いだりと、もらい泣きしそうなほどの悲劇のヒロインぶり! そして"第2の中森明菜"化が懸念されていたのが、平成の歌姫・浜崎あゆみ。幼少時に両親が離婚し父親の名前も知らない、母は(夜の)仕事第一で祖母に育てられ、中学で完全ヤンキー化、上京するも高校中退……とトラウマ(?)満載のあゆは、大スターになっても「恋愛がないと生きていけない」(「FRaU」/講談社/07年4月号)と断言。しかし長瀬との結婚はなかなか認められず、鬱憤は爆発! ラスベガスやソウルなどのカジノ、ついでにパチンコ屋に出没して銀玉をジャラジャラ、おまけに新宿2丁目界隈のゲイバーに出没して毎度ヘベレケ状態になるまで酒をあおる日々。

 ヤンデレタイプの女性は孤独感が強く、恋愛に依存しがち。特に明菜やあゆほどのスターとなれば、過酷な仕事状況からも愛を求めずにはいられないのかも。ジャニタレと破局後は、淋しさに耐えきれず身近な男(=マネージャー)と付き合うなど共通項も多い。

0909_kyoufu.jpg

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド
    • SNS時代の【アメリカ】動画
    • ケガしても【拡散希望】の狂気
    • 海外ポルノ界の【全裸監督】たち
    • 本家【全裸監督】の海外での評判は?
    • 【小林直己】ネトフリで世界進出
    • 世相を反映【ディストピアSF】傑作選
    • 【A-THUG】が推すドラッグ番組
    • 下品なだけじゃない【恋愛リアリティ番組】
    • 【恋愛リアリティ番組】一挙レビュー
    • 【みうらうみ】ネトフリドラマグラビア
    • ネトフリ人気作の【エロ依存度】
    • 【人気作6作】のエロシーン検証
    • 【奈良岡にこ】再生数アップのサムネ術
    • 【スタンダップコメディ】作品のトリセツ
    • 【スタンダップコメディアン】が語るAマッソ問題
    • 【クィア・アイ】と女言葉翻訳の問題
    • 【差別語】翻訳の難しさ
    • 配信で見返す【90年代ドラマ】
    • タブーな【民法ドラマ】6選

収監直前ラッパーD.Oの告白

収監直前ラッパーD.Oの告白
    • 【ラッパーD.O】悪党の美学

NEWS SOURCE

    • 【関電スキャンダル】3つのタブー
    • 【あいちトリエンナーレ】騒動の余波
    • 【浜崎あゆみ】ドラマ化と引退疑惑の真相

インタビュー

    • 【松本妃代】──実は踊れる演技派女優
    • 【FUJI TRILL】──モッシュを起こすヒップホップDJ
    • 【Neon Nonthana & Eco Skinny】──カップルの日常ラップ

連載

    • 表紙/福井セリナ「ポッと入ったんです。」
    • 【石田桃香】紫に包まれる肢体
    • 【真帆】がいるだけで
    • 【日本】で新しいことができないワケ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(後)
    • 追悼【高須基仁】という男
    • 不要な【アレンジ】おもてなし魂
    • 【Lizzo】女性MCたちの一斉開花
    • 町山智浩/【ハスラーズ】ストリッパーの逆襲
    • 【アメリカに依存する】日本のサイバー戦争対策
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/TOKIOの晩年
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【愛がなんだ】がヒットする日本のヤバさ
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元エンジニアが作る【古代クジラ】を冠したビール
    • 更科修一郎/幽霊、TVの国でキラキラの延長戦。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』