サイゾーpremium  > 特集  > 中森明菜、浜崎あゆみ、そして蒼井優......
第1特集
いちばん強いのは"ギャップ熟女"!?

中森明菜、浜崎あゆみ、そして蒼井優......ジャニタレとデキちゃった女たち【1】

+お気に入りに追加

----女性タレントと相対した時、ジャニタレははたして"アゲチン"なのか"サゲチン"なのか? 女性タレントたちのメディア発言をもとに、パターン別症例分析を勝手に敢行!!

0909_inohara.jpg
瀬戸朝香との結婚を、無事ジャニーさんに許された(?)、V6井ノ原快彦

 時代は変わった。一昔前なら、アイドル同士のできちゃった結婚など想像もできなかったものだが、今や結婚発表時に妊娠数カ月であっても驚くことはない。その風潮は、我らがジャニーズ事務所様にも及んでいるようだ。これまで長きにわたり、大手メディアがジャニタレのゴシップ報道を自粛してきたことはあまりにも有名。しかし最近では、熱愛スキャンダルに限っては、昵懇の雑誌やスポーツ新聞でさえ、彼らの熱愛スキャンダルを大々的に報じている。その裏側には、ジャニーズ事務所のマスコミ戦略の方向転換がある。

「かつてSMAPやKinKi Kidsが一世を風靡した時代には、カレンダーの版権などを盾に、大手出版社に対しては一切のスキャンダル報道をシャットアウトし、よく言えば"女性ファンの夢"を守ってきたジャニーズですが、現在は、飛躍的な成長を遂げた嵐を筆頭に、NEWS、KAT-TUN、関ジャニ∞、Hey! Say! JUMPなど小粒なユニットが乱立している状態。ジャニーズ以外のいわゆる"若手イケメン俳優"も台頭してきていますし、芸能界のイケメン枠は、もはやジャニーズタレントの独壇場ではない。ですから、宣伝に利用できるネタならば、熱愛報道でも利用しようという考えなんです」(週刊誌記者)

 その上、SMAPやTOKIO、V6、KinKi Kidsなどジャニーズの黄金時代を支えてきたメンバーももう三十路。ファンもタレントと共に高齢化して主婦層が増加したことで、山口達也や井ノ原快彦の結婚をついに解禁。中川翔子似女性との5年間にわたる同棲生活をスクープされた松岡昌宏や、一般女性との半同棲が報じられた国分太一など、"事実婚"に近い生活を送っているとされるメンバーがいることも周知の事実となってきた。

「事務所からの寵愛を最も強く受けて育ったといわれる近藤真彦は、1980年代後半の絶頂期に中森明菜との結婚話が浮上しましたが実現せず、人気が落ち着いた頃に資産家令嬢と結婚しました。山口や井ノ原も、人気絶頂とは言い難いポジションですから結婚が認められたのでしょう。逆に、頂点を極めていた2000年にキムタクが工藤静香とのデキ婚で強行突破したことは、いまだに異例といわれています。ただ、父親になってからもキムタクの仕事はそれなりに順調ですし、アイドルが結婚すれば同時に人気も下降すると信じられていた時代は、もう終わったのかもしれませんね」(同)

 長瀬智也×相武紗季、岡田准一×蒼井優のように、ジャニーズ事務所が「大人なので、プライベートは本人に任せています」と"公認"の姿勢を見せるカップルも少なくない。とはいえ、幸せ全開のカップルばかりではなく、過去にジャニタレと交際してボロボロになっていった女性タレントも数えきれない。次ページからは、そんなジャニタレとの甘い恋に身を焦がした女性たちを、4パターンに分けて分析してみた。初恋に浮かれるウキウキの若手女優もいれば、恋の敗者として輝きを失ってしまう往年のアイドルも……恋は弱肉強食だ。かの作家・スタンダールもこう残している。

「恋は熱病のようなものである。 それは意思とは関係なく生まれ、そして滅びる」と──。

【2】
【3】


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号

禁断のSEX論

禁断のSEX論
    • 若者の42%が【チェリー】なSEX事情
    • ポルノ動画サイトの【奇妙なタグ】
    • ヤバい【動画タグ】10選
    • フェイクポルノ天国【中国】の技術力
    • 最先端の【AIモザイク除去】に驚愕
    • AV女優【ハダカの値段】は変わったか
    • 80年代人気AV女優は【風俗】へ?
    • 性的コンテンツにされる【貧困女子ネタ】
    • 【貧困】というコンテンツの課題
    • なぜ【第七世代】は童貞を表明するのか
    • 子どもに【性】を教える奥深き絵本
    • タブーを破る【新宿二丁目MCバトル】
    • 【MC漢】が語るオネエスタイルダンジョン
    • 【現役肉食JD】赤裸々SEX座談会
    • 堕胎産業が普及を阻む日本の【ピル】事情
    • 【ピル】の程普及率とマタハラ
    • 女性が描き読む【マンガのペニス】
    • 大島薫【BLのペニス】レビュー
    • 【ペドフィリア】のキワどい治療
    • 【ミーガン法】の成り立ちと欠点

とももともも初エロス

とももともも初エロス
    • 現役上智大生【とももともも】の美体

NEWS SOURCE

    • 台風で露呈した【安倍政権】の緩み
    • 音楽業界【アーティスト収入格差】
    • 【かんぽ不適切販売】の余波

インタビュー

    • 【甲斐まりか】英語も独語も操る人気モデル
    • 【葵揚】『いだてん』で輝くイケメン坊主
    • 【owls】煙たいグルーヴの重厚ヒップホップ
    • 【CHAI】NEOかわいいで世界を狙う

連載

    • 表紙/大間乃トーコ「ワンピースのボタンが飛んじゃうんです」
    • 【清水綾乃】健康美グラドル
    • 【KEIKO】とマナブ
    • モバイル研究家に聞いた【5G】への期待と不安
    • 【萱野稔人】人間の本性としての暴力と協力
    • 未知の可能性を秘めた【奥東京】
    • 【m-flo】多様性を体現する3人の帰還
    • 町山智浩/【ジョン・デロリアン】開発者と隣人がたどる数奇な運命
    • 【アマゾン大火災】と日本企業の関係
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/あるいは大腸菌でいっぱいの海
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【生理ちゃん】が男性にもたらした功績
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 麦芽ではなく【麹】で作るビールの美味
    • 更科修一郎/幽霊、精神的福祉国家の眠れる奴隷。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』